プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

発売中

「虚ろな暗殺者と究極の世界人形」(ファミ通文庫)は
昨日、6月30日に発売になりました。

ちなみに。
「暗殺者」は「アサシン」と読みます。
「うつろなあさしんときゅうきょくのせかいにんぎょう」
です。

書影02

人と人形が共に暮らす世界で、
究極の人形を探し求めるパルミラ王女の野望に
巻き込まれた、凄腕だけど空っぽな若き暗殺者、
ユグノー・ユゥラシカと彼が従える双子人形、
レイとレミの物語……です。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

見本誌

編集部から見本誌が届いたので、
とりあえず写真を撮ってみる。

書影01

少し暗かった。
晴れた日に撮り直すか。
それはさておき。

「虚ろな暗殺者(アサシン)と究極の世界人形」

は、30日(金)に発売になります。
よろしくお願いします。

今月30日に

ファミ通文庫さんから新作が出ます。

タイトルは、

「虚ろな暗殺者と究極の世界人形」

です。
「暗殺者」は「アサシン」と読みます。
ファミ通文庫さんのサイトで特集記事など
作っていただきました。

特集記事

あと、店舗購入特典もあります。

購入特典店舗

そこにもあるように、とらさん、メイトさん、メロンさんは
それぞれSSが付きます。
三つとも書き下ろしです。

できれば予約などしていただけると嬉しいです。


よろしくお願いします。

発売中

うっかりしてました。
ファンタジア文庫の新刊、昨日が発売日だったのに。
なんかファンタジア文庫の発売日は20日って頭があるから、
前倒しになってる月は、それを忘れがちになる。

ということで「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」2巻は
昨日、18日に発売になったのでした。
北海道でも並んでるかはわかりませんが。

東京廃区の戦女三師団2


それはさておき。
今日は東京から来た作家さんとスープカレーを食べてきました。
明日からは一緒にスキーに行くのです。
結局、板だけでなくブーツまで買う羽目になったから、
その分、滑ってくる覚悟完了。

戻ったら、写真などアップします(たぶん)。

24年が経った

わたしのデビュー作、「プリンセス・ミネルバ」が発売されたのが
1992年の12月10日(だったらしい)。らしいと書くのは、
もうレーベルがなくて確認できないからだけど、
手元の資料を見る限り、たぶん12月10日。

ということで、今日がデビュー24周年。
よくも続けてこられたものだと、我ながら感心してしまう。
とはいえ、そんなに長期間やってきたという実感は
まったくなかったりするのだけど。

とりあえず、読者さんや編集さんや、いろんな人の世話になって
ここまでやってこられたというのが正直なところ。

真城の叔父さんじゃないけど、どんな担当さんに当たるかは
運でしかないわけでね。

さて、明日からは25年目に突入だ。
果たしてどこまで続けられるかわからないけど、
もう少し頑張ってみようと思う、24年目の今日。