プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

今季絶望ってこと?

ムサエフ選手が調子を上げてくれれば、と書いたとたん、
同選手が大けがで半年間離脱することが判明!
おいおい、マジかよ。
半年間の離脱って、もうほとんど今季絶望ってことじゃん!?
アダイウトン選手に続いて主力が二人も長期離脱って、
磐田、やばくない?

今日の静岡ダービーも不安だなぁ。
と思っていたら、スコアレスのドローか。
チャンスもあったようだけど、ピンチもあったみたいで、
まぁ、妥当な勝ち点1か?
しかし、今年の清水はけっこう手強そうだな。

そして名古屋に完勝した札幌に抜かれた……。
スポンサーサイト

勝った

J1第5節  磐田 2-1 浦和

早々にPKを献上して先制されたときは
どうなるかと思いましたが、見事な逆転勝ち
これで勝ち点7。
5節を終えての勝ち点7だから、
残留ラインは超えたわけで、一安心。

アダイウトン選手が長期離脱になってしまって、
攻撃陣が不安だったけど、川又選手が2得点。
やはりエースが点を取ってくれんとね。
中村俊輔選手も戻ってきたし。
あとはムサエフ選手が調子を上げてきてくれれば。

それにしても、17位が浦和で18位がG大阪とは、
予想外の序盤戦。
まぁ札幌は安定の15位ですが……。

同じく4

J1第4節

広島 0-0 磐田
札幌 2-1 長崎

これで磐田は4試合を戦って、3試合で無得点。
2得点はリーグ最少得点タイ。
この攻撃力のなさは、正直、不安を感じる。

一方、札幌は今季初勝利。
しかも追加時間での劇的な勝ち越し弾。
1点目はチャナティップ選手 → ジェイ選手で、
2点目がその逆、ジェイ選手 → チャナティップ選手というのも
面白かったが、リーグで最小の部類に入るチャナティップ選手が
ヘディングシュートを決めたというのが、これまたなんとも面白い。

とはいえ、札幌も磐田も、まだ勝ち点4。
ようやく残留のボーダーラインに乗っただけという事実。
このシビアな戦いは今年一年、続くのだろうな。

勝った

磐田、勝ったぁ。

J1第3節  磐田 2-0 東京

ようやく点が取れて、ようやく勝てた。
3試合で勝ち点3なら、ギリセーフのライン。
やれやれだわ。

だがしかし。
札幌は負けた。
3試合で勝ち点1しか取れてない。
今年もギリギリの戦いが続きそうだな。

かなりヤバイ

J1第2節を終えて、磐田は勝ち点0で最下位。
最下位もヤバイけど、無得点はもっとヤバイ。
っていうか、18チーム中、得点0なの、磐田だけじゃん。

最初の5試合を終えて勝ち点5以上を取れないチームは
たいがい降格すると言うし(数少ない例外は札幌らしいww)。
もし磐田が次の試合にも負けるようだと、本気でヤバイ。

去年は枕を高くして見ていられたけど、
今年はまたハラハラ冷や冷やの一年になるのか?
なってほしくはないんだけどな。