プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

ようやく復旧

停電の復旧まで、長かったぁ。

なんて思ったけど、冷静に考えると
丸二日もかかっていないんだよな。
でも、感覚的には一週間くらい
電気のない生活をしていたような。
マンションだと、電気が止まるとポンプが止まるので、
自動的に水も止まる。
通じているのはガスだけになるから、
ホントに不便で不便で。

近所のコンビニは、棚から商品が消えるどころか、
営業すらしてないし。

夜になると、手回し式懐中電灯で部屋を照らし、
電池の残りを気にしながらタブレットで
NHKニュースを見ることしかできずないからね。

昔の人が、夜になったら寝て、日の出と共に起きる
なんて生活をしていたのが、よ~く理解できました。
ホント、寝るしかないのよ、もう。
夜になっても部屋が明るいって、なんて素晴らしい。

まぁ、電気は戻ってもコンビニやスーパーの棚に
商品が戻ってこないと通常運転とはいかないんですが、
電気(と水道)が戻って、とりあえず不便だけは解消されました。
やれやれだわ。

スポンサーサイト

花火大会

今日は、北海道新聞主催の花火大会が、
豊平川の河川敷であったんだけど。

この花火大会に関しては、ウチの部屋、
まさに特等席。
一時間に亘って、夜空に光の大輪が咲く誇る様を
堪能させてもらいましたわ~。

しかし、今日の札幌、かなり暑かったから
(何せ16時でも30度を超えていた)、
河原で場所取りしてた人たち、大変だったろうな。

ラーメンショー

大通公園で開かれている「札幌ラーメンショー」に
行ってきました。が。

20180522 005

20180522 007

ふだんは食べられない各地のラーメンを食べられるという
コンセプトはいいんですが、待ち時間長すぎ。
ラーメン出来上がるまで、20分も30分も並んで待つとか、
ないわ~。
だったら、注文取りに来てくれて、椅子に座って出来上がりを待つ
いつものラーメン屋のいつものラーメンのほうがいいなぁ。

爽やかな季節

札幌は日が長くなりました。
そして今日は快晴。
暑くもなく寒くもなく、湿度も低めで、じつに爽やか。
ということで、夕方、近所の公園まで散歩。

緑が濃くて、花とか咲いていて、なかなかいい感じ。

KIMG0009リサイズ

KIMG0010リサイズ

KIMG0011リサイズ


札幌は、今時期から6月くらいが一年でいちばんいい季節かも。
何しろ梅雨がないからねぇ。

遅いけど早い桜

今ごろ桜の話をすると、関東以西の人に「なに言ってんの?」って
言われるかもしれないけど、札幌では、毎年、GW頃に咲くんですよ、桜は。
この、東京近辺と桜の開花時期が一か月以上も違う、という季節感には
まだ慣れません……いや、そろそろ慣れてきたのかな。

それはさておき。
ということで、ちょっと桜を見に行ってきました。

20180207 034

20180207 035

いつもならそろそろ満開に……って頃なのに、もう散り始めてた。
若葉も出てきてたし、なるほど今年は例年より早いみたいだね。