プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

「早乙女選手、ひたかくす④」

「早乙女選手、ひたかくす ④」(水口尚樹/小学館)

いや~、腹筋割れてる系女子、いいよね。
とくにボクシングみたいな競技は限界まで体を絞るから、
女子でも体脂肪率一桁とか?
格好いいです。
「ダンベル何キロ持てる?」でも腹筋割れ女子の
上原彩也香が好きだしww
それはさておき。
「早乙女選手」の折り込みチラシに載ってた
「筋欲のカノジョ」を思わずポチってしまった。
筋トレコメディだってww
どんだけ好きなんだよ、俺(笑)。
スポンサーサイト

「うちのメイドがウザすぎる! ④」

「うちのメイドがウザすぎる!」のアニメ、
秋の新作アニメの中ではいちばん好きかもしれない。

これ、なんとなく1巻を買ってみたら、予想外の
大当たりだった漫画だけど、今となっては
どうして1巻を買ったのか、その理由が思い出せない。
面白そうだと思ったから買ったんだろうけど、
どこが面白そうだとあのときのわたしは思ったのか。
まぁ、面白かったからいいんだけど。

というより、あのときのわたしの直感を褒めてやりたい。
こういう出会いこそ、小説や漫画を買う醍醐味の一つだよね。

それはさておき。
4巻でついに、ミーシャとヤスヒロの、
よくわからなかった関係の謎が氷解した。
そういうことだったのか。
ミーシャ、どう見てもハーフじゃないものな。

「はじめての虐殺 01」

「はじめての虐殺 01」(稲光伸二/モーニングKC・講談社)

これはヤバイ。
そうとうにヤバイ。
戦慄的にヤバイ。
身に覚えのある世の中のロ〇コンたちが
震え上がるヤバさ。
大丈夫なのか? いろいろと。

といったところで、「今週の『週刊少年ジャンプ』」である。
「トリガー」復活! めでたい!
でも、なんか淡々と復活したなぁ。
すっごく久しぶりなのに。
もっと賑々しく再開を祝ってもいいんじゃないかな。
まぁ、12月には『ジャンプスクエア』に引っ越しちゃうから、
大々的な復活祝いとか、できんのかもね。
月刊誌だと待つ時間が長いなぁ。
12月発売のコミックスを買って、既刊を読み直すか。

「バーナード嬢曰く。」③&④

今回は「バーナード嬢曰く。」(施川ユウキ/REXコミックス・一迅社)
の③巻と④巻。

ド嬢の読書家化が凄い勢いで進行してる気がするんだけど。
いや、まぁ、最初の頃より、こっちのド嬢のほうが好きだけど。

そして神林は、相変わらず信じられないほど本を読んでいるな。
というか、高校生の読書量じゃねえだろ。

神林といえば。
表情が豊かで面白い。
こんな簡略化された顔絵なのに、
ちょっとした感情の変化をパーツの少ない表情で
見事に表現しちゃう作者が凄い。

あと、遠藤君。
いつの間にか、すべての読書男子憧れの
図書室ハーレムをなにげに築いてるじゃないかww
羨ましい限りだぜ。

「ローカル女子の遠吠え 4」

待望の4巻が出ました。
相変わらず面白い。
んだけど、以前のような瞬発力というか、爆発力?
は薄れたかな。
まぁ、シリーズ3本も同時に描いてれば、
1シリーズ当たりに割ける労力も減りはするかも。

とはいっても、3シリーズとも面白いので、
そこはさすがと言うしかない。

今回のネタで驚いたのは、
コストコの静岡県一号店が浜松にオープンしたって話。
そうなんだ。
今の浜松は、もう俺の知っている
浜松じゃないのかもしれないな(笑)。

あと4巻を読んで強く思ったことは。

頑張れ、秋津さん。
あなたには幸せになる権利がある。