プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~10巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

著者校

「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国2」の
著者校が、なんとか終わった……かな。

明日、時間指定便で送れば、指定された木曜日に届く。
高いんだけどね、時間指定便。
まぁでも、札幌に越してきたときから
宅配便の時間と料金は覚悟の上だから。

さて。
金曜日に上京する前に、「ガブリエラ戦記6」の1稿を
なんとか上げておきたいものだが、果たして……。


スポンサーサイト

紅葉

藻岩山1029

藻岩山も紅葉してきました。

著者校

「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国2」の
著者校が、だいたい終わったかな?

ってことで、明日からは再び「ガブ戦6」の原稿に取りかかるのだ。
予定では6巻が最終巻だったんだけど……なんか微妙になってきた。



今日がじつは誕生日。
何回目かは訊かないで。

誕生日とはいえ、何か特別なことがあるわけでもなく。
朝からロイヤルホストに籠って原稿執筆。

朝の7時に入って12時過ぎまで粘ったぜ。
朝食も昼食もロイホだったぜ。
まぁ、バースデー割引使えたから、いいんだけど。


写真は、このあいだ購入した新しいノーパソ。
4時間以上使ってもバッテリーが切れない。
素晴らしい。っていうか、これが普通か?

ロイホで執筆

ヤバい

「ガブリエラ戦記6」の原稿がヤバいのである。
例によって書いても書いても終わらない状態になりつつあるのである。
1章だけですでに300枚超……と書くと、なんだってぇ!? と驚くかもしれないが、
今回は最終巻なので、特殊な章立てになっていて、1章と2章しかないのである。
にしても、目算だと1章で250~280枚くらいのはずだったのであるが、
300枚超えても、まだ1章が終わっていない。
最終的に350枚越えは必至である。
下手をすると400枚近くまでいくかもしれないのである。
困ったのである。

というわけで、今週はラストスパート週。

まぁ「ラスト」スパートになればいいケドね。

東京滞在

月曜日の夜のフライトで、初日は夜遅くにチェックインして寝るだけ。

活動は翌火曜日から。といっても、この日は午後から、
向こうにいるときによく遊んだ作家さんや漫画家さんと
旧交を温める会に終始したので、打ち合わせはナシ。
その前に、午前中は原稿を書いていたけどね。

そして三日目、水曜日から怒濤の打ち合わせラッシュ。
午前中に少し原稿を書き。
昼に一件(昼食付き)、午後に一件、夕方にもう一件(夕食付き)、打ち合わせ。
この日は神保町→飯田橋→渋谷と移動を繰り返したので、かなり疲れた。
おまけに夕方から雨が降り出すし。
夜にホテルへ戻ってバタンキュー(死語?)だ。

四日目も打ち合わせに次ぐ打ち合わせ。
午前中に少しだけ原稿を書き。
昼過ぎに一件、午後に一件、夜に一件(夕食付き)、
さらにそのあともう一件、打ち合わせ。
この日はすべてホテルの近くでの打ち合わせだったので、
移動しなくてもよかったのは助かった。
けれど夜に雨が激しくなり、風も強くなったのには閉口した。
夜遅くにホテルへ戻ってバタンキューだ。

そして五日目、金曜日。
この日も午前中に少しだけ原稿を書く。
昼過ぎにホテルを出て、えんため大賞の受賞パーティーに出る
知り合いの作家さんと近くのホテルでランチ。
その後、昔、ゲームの仕事で世話になった人と久しぶりに会う。
そのまま、えんため大賞のパーティーへ向かう。
パーティーは、ほぼ2時間立ちっぱなので、めっちゃ疲れた。
立食パーティーはツライなぁ。
終わったあと、ファミ通文庫主催の2次会へ。
こちらは席が用意されていて座れるのがありがたい。
というか、こっちも立食だったら出席しないで帰ったと思う。
ここでPS3が当たったのは昨日の日記にあるとおり。
2次会のあとは関西の姐御(笑)に連れられて3次会へ。
まぁカラオケだ。
6人で2時間歌って解散。
12時近くにホテルへ戻ってバタンキューだ。

さて、最終日。
この日はとくに予定ナシ。
札幌へ帰るだけ。
今日の午前中は原稿書きをパスして、
本を読んだり荷物をまとめたり風呂に浸かったり。
チェックアウトが12時なので、ゆっくりできたのは助かった。
チェックアウトの後、羽田空港へ向かう。
早めに着いたのでラウンジで原稿書き。
飛行機に乗って新千歳空港へ。
北海道は思ったほど寒くなかった。
というか、そもそも新千歳空港駅は地下だし、
札幌駅は高架だけど、電車下りたらすぐ建物の中に入るし、
駅からはタクシーに乗っちゃったしで、外歩く機会がなかったから、
寒さを感じる暇がなかっただけかもしれないが。

そしてようやく我が家に帰り着く。
何をすることもなく、晩飯を食べたらバタンキューだ。


そんなこんなの東京滞在であった。
疲れたけど、いろいろ充実していたのはたしかだ。
PS3もゲットしたしな(笑)。

当たった

昨日の夜、無事に東京から戻りました。
いやぁ、5日も6日もホテル暮らしが続くと
さすがに疲れるわ。

滞在中のあれこれは、また改めてレポートする(かも)として、
一言だけ言っておこう。

えんため大賞パーティーの2次会(ファミ通文庫)
くじ引きイベントで、なんとPS3が当たった!!!

      証拠写真
        ↓
PS3


明日

明日の夜便で羽田に飛びます。
戻りは土曜日。
5泊6日。長いな。

それにしても、明日の東京、
気温高めとか言ってるし。
春秋用のコートを着てくかどうかで迷ってる。
いや、こっちは朝晩、もう寒いのよ。

出張

来週は東京出張。
なので今日、荷物を送ってきました。
全部で5泊するため、大きなバッグに
着替えとかいろいろ詰め込んでホテル宛に発送。

これで、行くときはノーパソと最低限の荷物を
持っていけばいいので、かなり楽になる(はず)。


ってことで、来週は月曜の夕方に東京に向かいます。
なんだか凄い勢いで打ち合わせが入っているけど、
まぁなんとかなるだろ。
あと、向こうでも原稿を書き進めなくちゃならないけど、
まぁなんとかなるだろ。

でも、東京はまだ昼間の気温が25前後もあるらしくて、
着る物に困る。
こっちだと、朝晩はもう薄手のコートがほしいくらいなのに。

お米

昔、仕事で世話になった人から、いきなりお米が送られてきた。

……なんでお米!?
しかも、20kg以上あるぞ、これ。
めっちゃ重い。運べんわ。
どうすりゃいいんだ?
一人暮らしの俺には食べ切れん。
来年までかかるぞ。

っていうか、そもそもウチには炊飯器がないわ(笑)。


まぁ炊飯器は安いの買えばいいんだけど、
とにかく量が……。
誰かにお裾分けしないと腐っちまうぜ?
いや、米はそう簡単には腐らんか。
にしても、せっかくの新米がもったいない。

まずは週末に炊飯器を買いに行くか?

風が冷たい

夜、ちょっと外を歩いたんだけど、風が冷たかった。
関東の人間の感覚だと、もう冬が間近、みたいな。
そろそろコート出さなきゃ、って思うんだけど、
地元の知り合いに言わせると、「ようやく秋になった」
だけらしい……。

冬の足音

今朝、宗谷地方の歌登では、最低気温が-1.2度まで下がったそうな。

マイナス。氷点下。

それって関東平野に暮らしてた人間にとっては、もはや冬の気温。
所沢なんか、最低気温がマイナスになるの、年に数回だったぞ。
なのに早くもマイナスとか……。

札幌の最低気温も一桁だったし、大雪山の旭岳や黒岳では
初雪が降ったと言うし、少しずつ冬の足音が聞こえてきますなぁ。

今月のうちに冬支度をしなきゃダメかも。

情けない

昨日の静岡ダービー。

磐田 0-1 清水

ホームで清水相手に完封負けとは情けない。
今年はアウエー、ホームとも負けたとは情けない。
まぁホームっていってもヤマスタではなくエコパだったようですが。
実質、中立地帯やん。
むしろ清水からのほうが近くね?
そうでもないか。

まぁ、エコパのほうが観客がたくさん入るから
仕方がないけどね。
ヤマスタだと、ダービーとか対浦和戦とか、
人気カードになると、お客さん入り切らなくて
もったいないもんね。


それはさておき。
札幌はだいぶ涼しくなってきました。
朝、ランニングに出かけるとき、ちょっと寒いくらい。
そろそろ走る時間を朝から昼間に変更するべきかなぁ。

最後の一個

今朝、ランニングを終え、朝食を買おうと近所のファミマに寄ったのですよ。

そうだ、たしかミクのクリスマスケーキの予約が始まっていたよな。
ちょっと店の人に訊いてみよう。

と思って尋ねると。

「ええ、2日から始まってます。少しお待ちください」
と言って、何やら調べている。
「あ、残り、あと一個ですね」

なんだってぇぇぇ!?
予約開始から、たった3日で残り一個だと!?

もちろん、その場で予約しましたとも。

でも、予約受付期間、11月26日までだったぞ?
いいのか、もう売り切れで?
そんな凄い勢いで売れてるのか。
それとも、この店の割当数が極端に少ないのか。

いやまぁ、確保できたからいいんですけど。
ということで、今年のクリスマスは
「天使なミク嬢」と共にケーキをいただくのだ。

ノーパソ

ノートパソコンを買ってきましたよ。

とにもかくにも、いま使っているのはもう古くてねぇ。
重いしバッテリーがへたってきて30分くらいしか保たないし。
これじゃ外で使えねえ。
おまけにハードディスクがときどき挙動不審だし。
そろそろ新しいのを導入せにゃあかんやろ。
ってわけで、駅前のビックカメラに行ってきたのだった。


どうせ文章を書くだけなので、高級機を買ってもしようがない。
マルチドライブさえ付いていればいい。
あとはメモリとHDの容量にバッテリーの駆動時間と価格を比較しつつ、
お手頃な奴を購入。

ついでに、一太郎2012承プレミアムも購入。
わたしゃワードじゃなくて一太郎派なのだ。


でもって、家に戻り、夕食後、セットアップを開始。
さっき、やっと使えるようになった。

よし、これで明日から新しいノーパソと新しい一太郎で原稿を書くのだ。

あ、その前に、デスクトップにも一太郎をインストールしなきゃ。

じつはわたし、初稿はノーパソで書いて仕上げ段階ではデスクトップを使う
というややこしいことをしているのです。
なんでそんなことをするかというと。
デスクトップはネットに繋いであるので、原稿を書いている途中で
ネットであちこちのサイトを巡り始めるという事態を防ぐため。

初稿さえできてしまえばね、多少の気分転換は大丈夫なのです。
でも、初稿執筆時は、そんなことは許されない。
ってことで、敢えてネットに繋がないノーパソで執筆するのです。


さぁて、新しいノーパソと新しい一太郎の使い勝手はどんなかな?
気が向いたらレポートします。

お休み

昨日「ナーガ」2巻の完パケ原稿を編集部に送ったので、
今日はお休みなのである。もう誰がなんと言おうと
お休みなのである。

ってことで、ちょっと軽く打ち上げしてくる(笑)。

上がっ……た

一本、上がった……気がする。
いや、いま編集部に送ったから、上がったんだろう。
たぶん。


はぁ。少し気が抜けた。
明日と明後日くらいは気が抜けた状態で過ごしても
バチは当たらないだろう。
と思いたい……思うことににする。