プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

かかった!

もう今日で11月も終わりか~。
この調子だと、あっという間に来年になりそうだな~。
などと、手帳を見てアンニュイな気分(笑)に浸っていたら。

MFの担当氏から電話がありました。

なんと。
先週発売になったばかりの「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国」の2巻、
早々と重版が決まったそうです! 
やった~~っっ!
アンニュイな気分(笑)など、どこかに吹っ飛びましたよ。

いやぁ、いつも応援してくれる読者さんのおかげです。
ありがとうございます。
これで気分よく年を越せそうだ。
スポンサーサイト

吹雪

吹雪、吹雪、氷の世界♪

そんな井上陽水の歌を口ずさみたくなるほど、
札幌は吹雪いてます。

百メートルほど先にあるマンションが、
黒いシルエットでぼんやりと浮かび上がる。
その程度の視界しかありません。
めっちゃ風も強いし、こんな日は外に出たくない。
というか、出ませんが。
会社勤めでなくてよかったと思える一日です。

こんな日でも会社に行かなくてはならない勤め人は
大変だな~、偉いな~、とも思います。

わたしも昔は勤め人だったけど、
雪の中の通勤なんて、年に一度、
あるかないかだったものね~。


今は外で雪が降ろうと風が吹こうと、
家の中でひたすら原稿を書くだけです。



今朝起きたら、うっすらと雪が積もっていた。
車の雪下ろしをして、ノーパソ持って、
近所のファミレスへ朝食に向かう。
朝食を終えたら、そのまま原稿書き。
昼近くまで粘って、ファミレス出て、
整形外科へ行ってリハビリ。

で、昼飯を食べて帰ってきた。

帰り着く頃に雨が降り出す。
気温が高めだから雪じゃなく雨。
まぁ高いっていっても、7度くらいなんだけど。
けっこう寒いです。

明日は雪になるみたいだなぁ。

広島!

最終節までもつれるだろうと思っていたら、
意外とあっさり、ラス前の今日、
広島が優勝を決めた。

仙台の相手が、勝たなければJ2降格という新潟だったのが、
優勝の行方を左右する微妙な要因だったのかもしれない。

にしても、長年広島を率いてきたペトロビッチ監督から
新人監督の森保監督に代わったばかりで優勝とは、
お見事と言うしかない。

同じ新人監督に代わった磐田としては、
だいぶ差を付けられた気がするが、
これは偏に、チームが積み重ねてきたモノの差。
ペトロビッチ監督の攻撃サッカーを上手く継承し、
そこに守備力を積み上げた森保監督の手腕を
誉めるべきだろう。

ともあれ、広島のような地方クラブが優勝したとのは、
Jリーグにとってもいいことだったのではないだろうか。

とりあえず広島の選手、スタッフ、チーム関係者、
ファンやサポーターには、おめでとうと言いたい。
あと、クラブ世界選手権、頑張ってほしい。

発売日

札幌はラノベの発売日が遅れるとか書きましたが、
どうやらわたしの勘違いだったようです。

たしかにコミックスの発売日は2~3日送れますが、
ラノベ(文庫)の場合は、発売日どおりに書店さんに
並ぶみたいです。

じっさい、昨日、駅前の紀伊國屋に寄ったら、
「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国2」が
ちゃんと置いてあった。
他のMF文庫Jの新刊と一緒に。

ってわけで、もう札幌でも買えますので、
一つよろしくお願いします(と言いたかった)。

本日発売!

「落ちてきた龍王(ナーガ)と滅びゆく魔女の国 2」は
本日、11月22日の発売でございます。

でも、もう早売り店ではとっくに売られてるみたいですけどね。
そして札幌に入荷するのはもう少し先になるんでしょうけどね。

今日、駅まで出るので、紀伊國屋か三省堂へ寄って調べてこよう。


ってことで、「ナーガ」の2巻目、よろしくお願いします。



あ、「ガブリエラ戦記6」の原稿も上がりました。
ひゃっふ~~。
そして原稿枚数450枚超。厚い本になる……。

明日発売

s-IMG_3116 トリ
いやぁ、雪ミクさんのコート姿が
映える季節になってきましたね。


それはさておき。

「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国」の2巻は明日、
22日に(一部の地域を除いて)発売となります。
「一部の地域」に札幌も入っているんだろうけどさ。


さて、写真の帯をよく見てください。
「コミカライズ決定!!」という文字が見えますか?
そうです! そうなのです!
早くも漫画化が決まったのです。
素晴らしい。
とはいえ、詳細はまだ未定。
ぜんぜんまるっきり未定。
何か新しい情報を仕入れたら、
またお知らせしますが。


とりあえず2巻は明日発売なので、
よろしくお願いします! ということで!


そして原稿は。
「ガブリエラ戦記6」のアップまで、あと一息!

あと少し

あと少しで「ガブリエラ戦記6」の原稿が上がる。
明日いっぱいあれば大丈夫だろう。
やれやれ、予定どおりの進行だぜ。

というわけで、今日、明日はラストスパート。

ちと焦った

昨日の午後から雪が降り出した札幌。
とはいえ、気温がまだ氷点下ではなかったので、
それほど積もらないだろうと思っていたのだが。

朝起きてみたら、辺りが白くなっていた。
ヤベえ。
今日、タイヤ交換&バッテリーチャージのため
車をディーラーに持っていく予定なのに、
家の前の道、雪が積もってるよ。

積雪路をノーマルタイヤで慎重に運転し、なんとか大通りまで出る。
大通りに出てしまえば、交通量が多いので雪は溶けているから安心だ。
やれやれ一安心。

バッテリーのチャージに時間がかかるので、
車はディーラーに預けてきた。

明日には戻ってくるだろう。
これで雪が降ろうが積もろうが、
もう心配ないぞ。


いよいよ雪か?

だいぶ寒くなってきましたな~。

今日は昼間でも7度くらしかなかったし。
っても、家から一歩も出てないので(笑)、
外がどのくらい寒かったのかは体感できず。
雨も降ってたから、7度でもかなり寒かったんだろうな。

そして週間天気予報にずらりと並ぶ雪マーク。
初雪が遅れに遅れていた札幌だけど、
来週からは本格的に雪のシーズン……かな。

雪が降る気配がまったくないせいで
まだタイヤ交換を済ませてなかったので、
慌ててディーラーに予約を入れたですよ。


それはさておき磐田。
おいおい、まだ降格の可能性残っちゃってるじゃん。
どんだけレベルが高いの、今シーズンの残留争い。

2周年

2年前の今日、11月16日に札幌へ入った。

所沢の自宅を引き払ったのは15日で、
札幌の新しい自宅に荷物を運び込んだのは17日。
3日かけての引っ越しだった。
だからまぁ、16日は自分の身一つで札幌に来たわけで、
この日を移住した日と言ってしまうのも微妙なんだけど、
まぁ区切りの日ってことで、今日で2周年。

新千歳までの飛行機の片道の搭乗券に
凄い違和感を感じたものだっけ。
あれからもう2年か。
早いものだね。あっという間だったな。


当時は勢いだけで転居しちゃったけど、
あとから考えると、わたしの(残りの)人生を
左右するような大きな決断だったよな。

そして、2年経った今から振り返ると、
あの決断は間違っていなかったと、
自信を持って言い切ることができる。

ホント、いいところですよ、札幌。



オマーン戦

今日の夜にアジア最終予選のオマーン戦がある。
さすがに2時間を丸々つき合う時間は取れないので、
録画しておいて、あとで早送りで確認するつもり。

今日勝てば、ブラジル大会出場にリーチがかかる(ハズ)。
というか、他国の勝ち点を考えれば、出場を決めたも同然だろう。
アウェーだけども、なんとか勝ち点3をもぎ取ってほしいものだ。

回答

前にも言いましたが、コメントに問題がある場合は
掲載できませんので、ご注意ください。

タナカヒデトシさんのコメントにも
一部、問題の箇所があるので載せられないのですが、
とりあえず質問にお答えしておきます。


「サムライガード」については、なんとかしたいと思っています。
ですが、いつどのような形でなんとかできるかはハッキリ言えません。
作者としても、気長にお待ちくださいとしか言えず……。
申し訳ないです。


「完」

「ガブリエラ戦記6」の2稿目が上がった。
今回は原稿枚数が増えたから予定より手間取った。
が、これでもう流れは確定。大きな直しはないはず。
80~85%は終わった感じかな。
やれやれと安堵の息をつく。

しかし。
「鋼鉄の白兎騎士団」→「ガブリエラ戦記」と続いて、もう17冊目だ。
ここまで長く続くとは本人も思っていなかった。
最後に「完」のクレジットを入れると、やはり感慨深いモノがあるね。
ちょっとしんみりとしたよ。

とはいえ、本編は最終巻だけど、シリーズ最終巻はまだ先。
3月に出る予定だった短編集がシリーズ最終巻に変更になるのだ。
短編は半分ほどで、残りの半分はボーナスステージともいうべき
シリーズのラストエピソードになる予定。
「半分冊」というのは、そういう意味なのだった。

さて、残りの10~15%をやっつけるため、
明日からは最終的な微調整の作業に入らなきゃ。
まだまだ気は抜けない。




炊飯器、の続き

買ってきた炊飯器で炊いたご飯の美味しさに驚いたのですが、
冷凍したご飯を解凍しても美味しいのに二度ビックリ!

昔の炊飯器で炊いたご飯は、保温しただけでパサパサになったものだけど。
今じゃ冷凍→解凍しても、こんなに美味しいんだね。
お米がいいからなのか、炊飯器のおかげなのか、よくわからないけど。
もしかしたら両方かもしれないけど。

これはお米の消費が早まるかも。

公開

そういえば。
「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国2」のカバー画像が
MF文庫Jさんのウェブサイトで公開になってました。
興味のある方は、ぜひ見てみてください。
1巻に勝るとも劣らない凄いカバーです。
いろいろと。エロエロと。

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/schedule_detail/index

炊飯器

s-s-IMG_3114.jpg

ふふふ。
ついに炊飯器を買ってきたのである。
これで美味しい白米をしばらくは食べ放題。

さっそく炊いて食してみる。

美味い!
新潟(コシヒカリ)の新米はダテじゃない。
そして新しい炊飯器の威力も大したもんだ。

これは……ご飯を食べ過ぎないように注意しないと。
でも、ガンガン食べないと減らないんだよ。
何せ30kgあるからな。

サイン会

っても、わたしのじゃありません。
ラノベ札幌組の大幹部、三浦勇雄センセーのサイン会が、
12月1日に札幌紀伊國屋書店であります。

紀伊國屋書店(札幌)の店内には
こんな手書きPOPふうの告知もありました。

TS3M0241.jpg
ブレブレなのは、手持ちの携帯で撮ったから。気にすんな。


さぁ、みんなも「聖剣の刀鍛冶」(既刊でも新刊でも可)
を札幌紀伊國屋で買って三浦センセーにサインをもらおう。

12月1日は札幌紀伊國屋で三浦センセーと握手!

1稿上がった

「ガブリエラ戦記 6(仮)」の1稿目が上がった。
ので、編集部に送った。
一山越えた感がする。
けれど、すぐ次の山が控えているので気は抜けない。

編集部から1稿が戻ってくるのは今週の後半だろうから、
それまでは○○のネタでも練っていようかな。

MFさんの授賞式

MFさんのコミックとノベル部門の新人賞授賞式に行ってきましたよ。

でも、一泊二日の日程はキツい。
もう少し余裕のある日程で行きたかったんだけど、
先月、ファミ通さんのに出たとき5泊しちゃったから、
今回は1泊が限界だった。
スケジュール的にも財布的にも(笑)。


それはさておき。
MFさんのパーティー、なかなか盛況でした。
とはいえ、わたしは式が始まる頃にはもう疲れちゃってて、
会場の隅に並んでいる椅子に腰を下ろし、ひっそりと座ってただけですが。
おかげで会場内を歩いて知っている方に挨拶をして回る……ということができず、
近くを通りかかった知り合いの作家さんや絵描きさんに挨拶するだけという体たらく。
情けないですな。


で、面白かったのは。
わたしの他に、海冬レイジさん、瑞智士記さん、田代裕彦さんという
以前、富士見書房さんのパーティーで顔を合わせていた4人が久々に揃ったこと。
MFさんのパーティーで(笑)。不思議な時の流れを感じますな~。


まぁ、そんなこんなで疲労困憊気味のわたしは、
1次会だけでホテルに戻り、早々に寝てしまったのでした。
やれやれ、年は取りたくないものですな。

帰宅

わたしは帰ってきた!

と書くほどのものでもないんだけど。
ともあれ、東京から無事に戻りました。
しかし、今回は疲れた。
今日はもう寝ます。

詳しいことは明日にでも。
気が向いたら。書きます。

上京

上京します。っても、今回は1泊2日の強行軍。
今日の昼の便に乗って、明日の夜の便で戻ります。
MF文庫Jさんの新人賞授賞式に出るための上京です。

東京もようやく涼しくなってきたようだし、
この前みたいに、札幌仕様で出かけたら
暑くて汗かいた……なんてことにはならないかな。

さて、着替えて、出かける支度をするか。



CT検査

今日、病院へ行ってCT検査をしてきた。

前回の血液検査でもCA19-9の値が高かったから
念のためってことで。

点滴受けて、造影剤入れてのCT検査。
造影剤を入れた直後って、体の内側が熱くなっていくんだよね。
造影剤が体の隅にまで浸透していくのが実感できて、ちょっと変な感じ。
直ぐにその熱さは消えちゃうんだけど。

CT検査自体はどうということはなくて。
万歳の恰好で仰向けに寝て、
ときどき呼吸を止めて、動かないようにじっとしてるだけ。
MRIのほうがイヤだね。
ごんごんとうるさい音がするし狭いし。


で、検査結果はというと、とくに異常はなし。
半年前と何か変わった点も見られない。

まぁ、ほっと一安心ではあるんだけど、
数値の高い理由は不明のままなので、
完全に安心はできないという状態が続くのだった。
なんかモニョるね。