プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

硝子体

って言われても、なんのことだか
わからない人が多いと思いますが。
そしてわたしも知りませんでしたが。

硝子体(しょうしたい)とは、眼球の中を満たす
ゼリー状の物質……なのだそうです。
年を取ると、その硝子体が液状に変化して収縮し、
網膜から剥がれることがあると。
眼科医が言うには「髪の毛が白髪になるのと同レベル」で、
とくに病気というわけではないのだけど、
「最悪、ここから網膜剥離に至る人もいないことはない」
そうだから油断はできない。

で、わたしはその「硝子体剥離」になったらしい。
その影響で飛蚊症(ひぶんしょう)の症状が現れた。
視界の一部がぼやけたり、虫、あるいはゴミのような物が
飛んでるように感じたり。
視力が落ちたわけじゃないので、まぁ問題はないらしいが、
かなり違和感がある。というか、集中力を削がれる。
「慣れればさほど問題はない」そうだが、慣れるまでは
原稿を書くのにも差し障りが出そう。
ただでさえ集中力が持続しなくなっているのに。
しばらくは執筆速度が落ちそうだなぁ。

スポンサーサイト