プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

クラリス

札幌では、こんな痛タクが走り始めたらしい。


クラリス


うわ、乗ってみてえ(笑)。

スポンサーサイト

初クーラー

といっても、点けたのは部屋のクーラーじゃなくて、車の。

今日の札幌、午前中は曇ってたんだけど、昼頃から晴れて一気に気温上昇。
そんな中、車で買い物に。
買い物のあいだ(15分くらい?)駐車場に停めておいただけで、
車内がサウナ状態に(ちと大げさか)。
買い込んだ要冷蔵の食糧とか、すぐに傷みそうな気がして、
車のエアコンを冷房にしてスイッチオン! 

でも、車内が冷える頃には家に帰り着いてるんですが。
そろそろフロントガラス用の日除けを出さないとダメかも。





火曜日だけど

昨日書けなかったので、改めて「今週の少年ジャンプ」。


新連載は高校野球漫画か~。
高野連に喧嘩売るような内容だけど(笑)。

とはいえ、主人公たちの目標が甲子園なら、
展開はスポーツ漫画の常道になるんだろうけどね。


そして、今週号では終わった作品がない!?
ああ、そうか。来週号に一本、読み切りが載るから
来週号で一本終わるのか……な?
終わるとしたら、やはり「クロス・マネジ」なのだろうか。

あと、新連載組では「SOUL CATCHER(S)」がけっこう面白い……かも。
「無刀ブラック」は設定的に先行作品を連想させるのと、
やはり設定的に制約が大きいのとで、ちょっと苦しそうだな。

先行作というのは「殺さず」で言えば「るろ剣」だし、
無刀と言えば「刀語」だし。
江戸時代ってのも平穏な時代だし、
大きな事件は起こしにくい。
たとえば「刀語」は架空の日本だし、
「蟲奉行」なんかは、別の江戸時代だし。
「るろ剣」は実際の日本だけど、
明治維新のあとの混乱期だから派手な事件も起こせたし、
歴史上の有名人とも絡ませることができた。
そういうことができそうもない「無刀ブラック」は
さて、どうするんだろ、という興味はありますな。

集まり

今日は札幌ラノベ組の集まりがありましてね、
これから出かけるのです。

いちおうやることはやったので、
後顧の憂いはない……と思うことにする。


「今週のジャンプ」はまた後ほど。

トップ絵変更

右にも書きましたが、「ガブリエラ戦記」でイラストを担当してくださった優木きら様から完結記念絵をいただきました。その絵があまりにも素晴らしい(&エロい)ので、ぜひ皆さんに公開しようと思って確認したところ、快く了承してくださいました。なので、トップ絵としてドドンと公開ですよ。

デザインしていない元の絵は、そのうち「アルバム」タグから見られるようになるハズ。

告知されました

ファミ通文庫さんのウェブサイト、FBolで、
新作の告知がされました。

こちらです。


新作紹介記事


「夜姫と亡国の六姫士」は、もう完パケ入稿済。
「ものぐさ寝猫の怠惰な探偵帖」は、四カ月分を入稿済。

キャララフはもちろん、カバー絵とかもガンガン上がってきてます。
7月をお楽しみに!

明日

ファミ通文庫さんのウェブサイト、FBolの
明日の更新分で、7月からスタートする新作2本、
新作2本!(大事なことなので二度言いました)の
告知があります。

更新されるのは午前10時頃じゃないかな?
ぜひ確認に行ってみてください。


ナビスコ

今夜はナビスコカップの予選リーグ最終戦なのか?
さすがにそれは見てられないなぁ。
というわけで、もそもそと仕事中。
あとでダイジェストを見ればいいか。

あぁでも、ACLのトーナメント一回戦、
柏と全北戦のほうが気になるな。

月曜日~

はいはい、恒例の「今週の『週刊少年ジャンプ』」の時間です~。
が。ががが。



やっぱり「キルコさん」が終わったか。
いやまぁ、予想はしていたけども。
ちょっと残念。
ってことは、来週終わるのは……「エジソン」なのか?

それはさておき。
「暗殺教室」の片岡さんの水難者救助法が正しすぎて笑った。
そう、溺れてる人には絶対に前から近づいちゃダメなのよ。
溺れてる人は藁をも掴みたいから、助けに来た人にしがみついちゃうの。
そうすると、二人揃っておだぶつになる。
だから助ける場合は、後ろから近づいて、首に手を回し、
顎を引っかけて後ろ向きに引っ張っていくのが正解。
これならしがみつけないし、何より呼吸が確保できるから。

でも、コレを知識として知っているのと、実践できるかは別問題で。
易々とこなした片岡さんも、ただの女子高生じゃないって感じだね?

4点目が酷い……

J1第12節

磐田 2-4 川崎

今さら誰が監督になっても、もう手遅れかもしれんね。

開始早々であっさり失点。
追いつくために前に出る。
後ろが薄くなって失点。
なんとか点を取って追いすがる。
でも、追いつく前に失点して突き放される。
それでも必死で追いすがる。
ディフェンスのチョンボで駄目押しされて、シ・エンド。

いろいろ酷いけど、とくに4失点めが酷いな。
こうなると、やってる選手もどうしたらいいか
わからなくなってるんだろうな。たぶん。
監督更迭という劇薬も、特効薬にはならずか。
困ったものだね。


それはさておき。
「ナーガ」の4巻目の執筆に入りました。
発売予定は8月。いや、予定というか、
次はナーガのコミックスと同月発売になるので、
絶対に遅らせられない。頑張ろう。

ツイッター

ツイッターを始めてみた。大して意味はない。
まぁ、単なる気まぐれである。
適当に呟いたり呟かなかったり呟かなかったりするだろう。
呟いたとしても、大したことは言わないと思われ。

しかし、だ。
「おまえのインターネットエクスプローラーは旧式だから
 モバイル・ツイッター・コムにしかアクセスできんよ」
って言われるてしまうのよ。
いや、わたしのIEはバージョン8のはずなんだが。
なんでや? 誰か理由を知っと~と?


意外と咲いていた

s-0514 010
札幌は、昨日、ようやく桜の開花宣言があったばかりだから、
まだ家の近所ではろくに咲いてないだろうなぁと思いつつ、
カメラを持ってぶらぶら。

そしたら、咲いていました。
意外なほど。
もっとも、これは千島桜という種類だそうで、
わたしがよく知っているソメイヨシノとは別種。
札幌の気象台が観測してるのはソメイヨシノだろうから、
こちらのほうが早く咲いた……ということかな?

s-0514 006


s-0514 002

月曜日

はいは~い、月曜日なので、
「今週の『週刊少年ジャンプ』」のコーナーで~す。


今週号から新連載が三連発らしい。
となると、何が終わるのかってぇことになるわけですが。
まず最初に(今週)終わったのが「HUNGRY JOKER」。
やっぱりか。
まぁ、そうじゃないかとは思っていたけども。
ちょっと残念。

そうなると来週終わるのは……「キルコさん」なのかなぁ?


で、肝心の新連載。
「SOUL CATCHER[S]」ですが。
割と面白かった。
音楽モノ? と思ったら、一捻りある設定で、
そこがいい味を出していたような気がする。

さて、来週の新連載は……合気道!? 時代モノ!?

転落

降格圏脱出どころか、湘南が勝ったため、17位に転落。


J1第11節  磐田 0-1 柏


点を取れば守れない。守れば点が取れない。
ここ最近は降格するチームの典型的な試合が続く。

うん、これはもうダメかもね?
そろそろ覚悟を決めるべき?

よし、覚悟した。
来シーズンは札幌ドームで磐田の試合を見るよ。
厚別かもしれないけど……。

久しぶりに

今日の午前中は、晴れて、気温も上がり、風も弱く。
でも、暑いというほどでもなく、じつにランニング日和。

ということで、久しぶりに外を走りましたよ。
ランニングというより、ジョギングという程度の走りですが。
ゴールデンウイーク中は、ずっと雨&気温低め、だったので、
外を走りたくても走れず、ちょっとうずうずしていたのです。

久しぶりに外走ったら、すぐに息が上がったケドね。
やはりランニングマシンとは勝手が違う。

エヴァと日本刀

サッポロファクトリーで「エヴァンゲリヲンと日本刀展」
という催しをやってまして、ちょいと時間が取れたので
それを見に行ってきました。

入り口に大きな垂れ幕が。
かなり派手な見た目です。
s-120920 006


会場入り口では3人娘がお出迎え。
シンジ君とか、どうでもいいので写しません。
s-120920 009


こんなふうに展示してました。
カメラはダメだと思ってたからコンデジしか持ってなかったんだけど、
会場内での撮影もOKだったので、ちゃんとした一眼レフ持っていけば
もっとちゃんとした写真が撮れたのに、と少し悔やまれる。
s-120920 015


刀だけでなく、アニメの設定資料なんかも展示してた。
s-120920 021


そして別会場では、イベントに付きものの物販が。
綾波に誘われて散財しました……。
s-120920 025


エヴァと関係ないんだけど、15分ほどのビデオに収められた日本刀を作る過程が
会場で放映されてまして、それを見るのが楽しかった。
日本刀、ほしいなぁ。
でも、ちょっといい物だと軽く百万以上するしね。
なかなか手が出せる物じゃないです。

まだ脱出は

J1第10節

FC東京 2-2 磐田

ようやく17位を脱出。
でも、まだ16位。降格圏からは脱出できない。
というか、残留ラインの15位との差が勝ち点4に……開いた?
ヤバい状況は改善されないなぁ。


それはさておき。
札幌は連敗ストップ。
まぁ、札幌はボチボチやってくれればいいよ。
野々村社長、頑張れ。
そのうちドームに観戦に行く。

解任

昨日のJ第9節。

甲府 2-1 磐田


おいおい、昇格組の甲府に負けるとか。
最下位の大分が負けたから最下位転落こそ免れたが、
これはもう降格一直線の成績。
内容はいいのに、とか、いい選手はいるのに、とかは、
落ちるチームが毎年言ってる言い訳だろ。

なんとかせにゃあかんだろうと何度も書いてきたけど、
本当に本気で死ぬ気でなんとかせにゃ手遅れになるぞ。

と思っていたら、今日になってニュースが飛び込んできた。


森下監督を解任して、ヘッドコーチが暫定監督になったようだ。


ちょっと遅かったような気がするなぁ。
というか、ヘッドコーチが暫定監督に昇格……では、
ショック療法としては弱いんじゃないか?

発売

いつもだと5日発売なんだけど、GWなので発売日が早まってました。

コミックフラッパー6月号

ってことで、「ナーガ」の連載2回目が載っている
『コミックフラッパー6月号』はすでに発売になっています。
よかったらどうぞ。そしてアンケートハガキをよろしく。

しかし。
雑誌の発売日が金曜だと、札幌の場合、週明けになるみたいだけど、
今回はどうなるのかね? まさか店頭に並ぶのが連休明け7日とか!?
くっ、地方格差を実感するっ。

1稿アップ……か?

富士見ファンタジア文庫の新作、
1稿目が上がった……ような気がする……のだけれど、
果たしてどうだろう。

まだ上手くまとめ切れていない気もするが、
とりあえず330枚(400字詰め換算)を編集部に送った。

とにもかくにも1稿目が上がると安堵する。
ここから先は修正するだけだから。
たとえ修正量が多くても1を10にするほうが
0から1を創り出すのよりも楽なのである。


原稿の話題が出たついでに、
今わたしがどういうサイクルで原稿を書いているか、
という話をしてみよう。
べつに誰も知りたがってはいないだろうけども。

以下、とくにゼロ稿を書くときの話。
つまりはゼロから1を創り出すとき。


昔は夜型だったが、今は完全に昼型(というより朝型?)に
なっているので、原稿は朝から書く。
だいたい6時に起きて、支度して家を出て、
近所のファミレスで朝食を摂る。
これが7時頃。
食べ終わって一服したら、持参のノートパソコンを広げて執筆開始。
これが8時頃。
このファミレスはノーパソ広げていても
注意されないので仕事に最適。
ソファの硬さもちょうどいいし、テーブルの高さも上手い具合に
マッチしていて、肩や首に余り負担がかからないのもグッド。
当然ドリンクバー付きだから、お茶も珈琲も好きなときに好きなだけ
飲めるのがいいネ。
11時過ぎまで書いて、混んでなければそのまま昼食を摂る。
混んでいるようなら、早々に席を空けるべく立ち上がる。
午前中使って、ざっと15枚~20枚(400字詰め換算)くらいは書ける。

このあとは、だいたい家に戻って原稿の続きを書く。
午後は少しペースが落ちて、5~10枚くらい。
夕方前には集中力が途切れるので、そこでノーパソを畳む。
合計で20枚~25枚/日、というのが今のペース。
このくらいだと体に負担がかからないので、無理なく続けられる。
昔みたいに、30枚超/日をやろうとすると、てきめん、
首や肩、右手首が痛くなるので、もう無理はできない。

で、その後、ちょいと休憩して。
メールで各所に連絡などして。
家にあるランニングマシンを走って。
休憩して。
夕食摂って。
一服して。
風呂に入って。

あとはだらだらと本を読むかテレビ(録画したアニメ)を見るか。

そんなふうにして一日は終わる。
だいたい11時には寝る。

というのが、ゼロ稿を書いているときのパターン。

コンスタントに20~25枚/日は上がるので、
2週間あれば、まぁだいたいゼロ稿は上がる。

ゼロ稿を1稿にするときも、だいたい似たようなパターンかな。
ここまでは20字詰め(縦打ち)で書くので、ノーパソ使って外でできるのである。

1稿以降、修正作業と仕上げは文庫字詰めで行うことが多いので、
ノーパソではなく、家のデスクトップ(と大きなモニタ)を使うことになる。

ちなみに、舞阪、縦打ちでないと書けない人間なので、
テキストエディタではなく、必ず一太郎を使う。

以上が、誰も気にしていないだろう、わたしの仕事の進め方だったりする。


早起きはいいよ? 午前中は仕事が捗るよ?
なんて言われなくても、中高生や社会人は
ちゃんと朝起きて、午前中からしっかり仕事(勉強)
してるんだろうけど。
問題は大学生とかフリーターさんの場合だね(笑)。
わたしも、ずっと夜型だったからわかるけど。
でも、どこかで昼型に変えたほうがいいと思う。
健康にもいいからね。