プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

完パケ版入稿

富士見ファンタジア文庫で立ち上げる新シリーズ1巻目の原稿、
なんとか完パケ版を作って先ほど編集部に入稿。
これで予定どおり9月発売は間違いない……はず。
タイトルやイラストレーターさん情報は、もう少しだけお待ちください。

だがしかし。
9月発売予定の原稿を入れたのだから楽勝の進行かと思いきや、
8月発売予定の「ナーガ4」の原稿が、まだ終わっていない。
昨日、2稿目を上げて編集部に送ったところ。
その戻りを待つ合間を縫って富士見の完パケ版をやっつけたのだった。
なんか、もう、へとへと……デス。


スポンサーサイト

今週の

さて、月曜日。
「今週の週刊少年ジャンプ」です。
原稿的にはそんな場合じゃないような気がしないでもないけど、
でも月曜だから。定例の縁起物(?)だから。

今週号では、何はなくとも「スケット・ダンス」だね。
ノーパソ置いたスイッチが「君たちを誇りに思う」って言ったとき、
そして三人が抱き合って泣いたとき、ちょっとジンと来た。


でも、これってアレだよね。
コミックスで30巻以上の長期連載だから使える技だよね。
これをコミックスの5巻、6巻辺りでやられても、
ここまで胸に迫っては来ないだろうと思う。

しかし、あっという間に2月、そして見事に大学合格、
エンディングに向けて加速したなぁ。

と思ったら、もう一波乱があることを見せつけて「続く」とは。
なんという引き。参考になるわぁ(笑)。

いろいろ

ファミ通文庫の7月新刊「夜姫と亡国の六騎士」は
著者校も終わり、図版ラフも作り、著者プロフィールと
あとがきも書いて、これで手離れかな。

FBolの連載「ものぐさ寝猫の怠惰な探偵帖」は
一回目の著者校終了。

富士見ファンタジア文庫の9月刊(予)は、
原稿が九割方終わった。
あとは最終的な仕上げをして完パケ版にするだけ。

とまぁ、いろいろ順調に来てはいるんだけど、
問題はMF文庫Jの「ナーガ4」だなぁ。
さて、どうすっかなぁ。ちょいと悩ましい。

サイン会

そういえば、まだここで告知していなかったので、書きます。

じつはMF文庫Jさんがやる「夏の学園祭」イベントの
一環として行われるサイン会にわたしも呼ばれまして。
なので、7月28日(日)に秋葉原でサイン会します。
詳しいことは下のリンク先を見ていただくとして。

夏の学園祭


お客さん来なかったらどうしよう。
というのが、いまいちばん恐いww

なので、関東地方にお住まいで、その頃はきっと暇だぞ、
という方がいらっしゃいましたら、ぜひ遊びに来てください。

著者校

「夜姫1」の著者校が終了。
編集部宛に発送。
これで残るのは、あとがきと、著者プロフィールと、図版一枚か。
まだまだ手離れとはいかんな。

そして「ナーガ4」は編集部からの初稿の戻しを待っているところ。
この時間が心臓に悪い。

「ボツ!」って言われたらどうしようとか、
いろいろ考えちゃうんですよな。

火曜日だけど

火曜日だけど、昨日書けなかったので、

今週の週刊少年ジャンプ~!

今週号でいちばん印象に残ったのは「こち亀」。
まぁ、北海道ネタだったってぇのもあるんだけど、
でも、それより活字と漫画の違いを見せつけられたというかな。

「線路が
 剥がされた跡には…」

「水が溜まって光る
 銀色の道が
 続いているのを…」

というネームが入ってる一コマの雄弁さがね、
活字には逆立ちしても真似できないと思ったわけです。

たぶん百万言を費やしても、
この一コマを見たときにいろんなモノが
胸に去来する感覚は出せない。
 
「こち亀」は、たまにこうした
ギャグとかパロティから離れた
叙情的な回があるから侮れません。 

提出

ようやく……「ナーガ4」の初稿を提出した。
予定よりも2週間くらい遅れてるよ。
むうぅ、戻ってきたら超特急で修正作業を進めなきゃ。


そして、すぐに「夜姫1」の著者校用ゲラ読みに突入したのだった。
一息つけないなぁ。

雲海?

藻岩山の写真、ごく一部に好評だったようなので、今日もアップ。


s-IMG_3366.jpg


今朝は、上空は晴れているのに山腹から山麓にかけて雲がかかっていた。
手前のビル群のすぐ上に雲があって、ちょっと不思議な光景だ。
藻岩山の山頂から見下ろすと、雲海みたいに見えたかも?
ロープーウエイの山麓駅辺りは、霧に包まれていたかも?

行った……か

さ……最後まで行った……かもしれない。

だがしかし。
300枚くらいという予想を裏切り、350枚越え。
最初のバージョンの半分くらい捨てたから、
結局500枚くらい書いてるわ。
そら、スケジュールが遅れもするわな。

さて、ここからが大変。
月曜日までに編集部へ提出できるバージョンを作らなきゃ。

苦闘中

あともう少し……のはずなんだけど。
終わりそうで終わらない。
いやでも、さすがに土日でなんとかしないと。しないと。

今日も快晴

昨日は夜(直前)の写真だったので、
今日は朝の写真を。

藻岩山です。空が青くて眩しい。

0612 moiwa


すっかり夏の景色ですねぇ。



快晴

暮れゆく空に下弦の月が。


s-IMG_3357.jpg


札幌は今日も快晴でした。

苦戦中

いろいろ苦戦中。
予定より1週間以上、いや10日以上も遅れとる。
だけど、まぁ……なんとかなるだろ。たぶん。
根拠はないけど(笑)。

それはそうと、「今週の週刊少年ジャンプ」。
なんだけど、う~ん、今週は取り立てて書くことがないな?
なんか、どの漫画も全部いいところで引いてるというか。
いや、もちろん週刊漫画って、そういうものなんだろうけど、
今週号はとくにその印象が強くて……偶然か?
それとも、こちらが追い込まれているせいで、
そんなふうに感じただけなのか。

そういう意味では、一話完結の「こち亀」が
凄く印象深かった(笑)。

平台

近くの書店に「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」
の既刊が、ででんと平積みになってました。
さすがにアニメ化作品ですね!


機巧少女平台


まだ読んでない方、これを機会にいかがですか?
激熱なバトルと展開に燃える作品ですぞ。

あと、どうでもいいんですが、
わたし、未だに「夜々(やや)」のことを
「よるよる」と読んでしまうんですよね。
もう完全に間違った名前が刷り込まれちゃいました。
そういうことって、ないですか?

出場決定

ようやく、ギリギリで、なんとかかんとか
ブラジル大会本戦への出場を決めましたな。

いやしかし、後半35分に失点とか、危なすぎる。
というか、そもそも前半の決定機を決めておかないから
こういうギリギリの試合になってしまうわけで、
相変わらず得点力の低さに問題が残る現代表である。

今のままじゃベスト16は難しいんじゃないかねぇ?

今週の~

週刊少年ジャンプ!

「ニセコイ」がアニメ化!?
マジか。
そんなに売れてた(人気あった)んだ。
う~ん、認識を改めなくちゃ。


それはさておき。
今週号では手塚賞と赤塚賞の発表があったけど。
え? 今って、受賞作を本誌掲載しないの?
ジャンプbookストアで配信って、有料かよ!
しかもスマホかタブレットでないと読めない?
パソコンからじゃ買えないのか。
ひでぇな。っていうか、コスイな。
昔は準入選なら本誌で掲載してたよね?


そして、今週号で終わった作品ナシ。
「クロス・マネジ」も「恋するエジソン」も
まだ続くのか。


それはさておき2。
いま「ナーガ4」の原稿を書いているんだけど、
300枚書いてみたけど、どうもピンと来ないので
全面的に改稿することに。
今まで、こういうことってあんまりなかったんだけどなぁ。
おそらく半分(150枚)くらいは捨てることになる。
まぁそれで面白くなるのならよしとしなくちゃだけど、
時間的に厳しくなる……。