プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

金曜だけど

「ものぐさ寝猫の怠惰な探偵帖」(ファミ通文庫)は
本日、28日に発売になりました(たぶん)。

武士の免状を停止されてしまった
凄腕だけど怠惰な夜見坂寝猫が、
弟弟子の高校生愛市一也と、
女子中学生の吉成紗綾華と、
紗綾華のメイド紫乃弥茂祢に囲まれて
ぐ~たらと探偵稼業に精を出し、
武士の免停解除を目指します。

お薦めは、弥茂祢の確信犯的なボケと焦らしです(笑)。


それはさておき。
スキー場には『ジャンプ』売ってないので、
今週号は読めないかも~、と思ってましたが、
昨日、札幌に戻ってきて書店を覗いたら、
まだ売っていたので、買いました。
「百姓貴族」の三巻も売ってたので、買いました。

なので、金曜だけど「今週の『週刊少年ジャンプ』」!

まずは新連載の「ステルス交境曲」。
成田良悟氏が原作についただけあって、
しっかりとした設定とお話。
一回目の最後に意外な引きもあって、
興味を持たせてくれます。


そして終わったのは「べるぜバブ」。
こちらはある意味、幸せな最終回パターンですな。

そして「ワールドトリガー」また休載!
骨折にインフルにと、事情が事情だから仕方がないんだろうけど、
あんまり休むな。せっかく調子いいんだから。

そして「アイアンナイト」。
もしかしてもう終わる?
スポンサーサイト

終了

三泊四日のスキー旅行は滞りなく終了。ただ今、JRの特急に乗って札幌に向かっています。やぁ楽しかった。明日からまた頑張ろうという気になった!

雪上車に乗ってスキー場の頂上まで星を見に行くツアーに参加しました。めっちゃ寒かった! けど、めっちゃ星が綺麗だった! なかなかいい経験をしました。

二日目

本日も快晴。気温はやや高め。雪質はやや残念。ゲレンデは空いてる。そんな感じの二日目でした。

快晴

スキー場で昼食中。めっちゃいい天気です。でも風が強い。

見本誌

「ものぐさ寝猫の怠惰な探偵帖」の見本誌が届きました。
hisasiさん描くカバーイラスト、
普通に服着てるのにエロい寝猫が目印です。

IMG_3464〇トリ リサb

早く暖かくなれ、という願いを込めて春ちゃんにご登場願いました。
いま気づいたけど、一也の顔が春ちゃんの髪の毛で見切れてる!
まぁ、一也はそういうポジションだからしようがない(笑)。

「ものぐさ寝猫の怠惰な探偵帖」(ファミ通文庫)は、
今月、2月28日(金)の発売です。よろしくお願いします。



それはさておき。
明日からスキー旅行に行きます。
更新が滞るかもしれません、
ご承知おきください。

除雪

昨日から今朝にかけて、札幌は久しぶりに大雪。
20センチ以上積もったらしい。
というわけで、朝から駐車場の除雪。
久しぶりに雪だるま状態の車を見たわ。
除雪車も来たのでちょうどいい。

と思ったのだが。
除雪車が除雪しているあいだ、車をどかさなくてはならず。
近くのコンビニへ行って、コーヒーと新聞買って時間つぶし。
30分くらい経って戻ってみたら、まだ除雪が終わってなかった。
というか、ちょうどダンプが来て排雪作業中。
それが終わるのをさらに20、30分待って、自分の駐車区画の雪かき。
除雪車は大きいから細かいところまでは除雪ができないんだよね。
朝の9時頃に作業を始めて、終わって部屋に戻ったのが10時半くらい。
もうへとへとだし。
結局、午前中は仕事ができなかったという雪国の朝。

更新

本日のFBolの更新で「寝猫」の特集記事が
バージョンアップされています。
  ↓
寝猫特集

ちょろっと立ち読みとかもできるみたいなので、
興味のある方はぜひ。


それはさておき。
某社の編集さんが札幌に来るので、
今日の午後、打ち合わせに出かけます。
さっきまで吹雪いてたんだけど、今は晴れてる!?
市街地なのに、山の天気のように
めまぐるしく状況が変わる……。
午後はどうなるかなぁ。

1巻目

昨日、某社の原稿の一稿めを上げたので、
とりあえず今日は休みにして、雑用をこなす。

銀行に行ったり書店に行ったり。
喫茶店で読書したり買い物したり。


それはさておき。
ここのところ『週刊少年ジャンプ』以外に漫画雑誌をあまり読んでいないので、
どの雑誌でどんな漫画が連載されているか、ほとんど知らない。
なので、今は目についたコミックスの①巻を買ってみよう運動を推進中(笑)。
①巻だけなら、ハズレてもあまり痛くないし、
面白ければ続きを買えばいいわけだし。
これなら雑誌を買わなくても面白い漫画に巡り会える……かもしれない。

最近買った①巻のタイトルと、当たり外れを記しておこう。
言うまでもないけれど、これはあくまでわたしの個人的な感想なので、
汎用性も普遍性もないし、面白さを保証するものでもないです。


ちなみに。
◎=必ず続刊を買う(最新刊まで買った)。
〇=たぶん続刊を買う。
△=気が向いたら続刊を買う。
×=買わないだろう。

「チロリン堂の夏休み」(オオカミうお)◎
「ダーウィンズゲーム」(FLIPFLOPs)◎
「デモンズ・コア」(ムサシマル)◎
「女子高生刑事 白石ひなた」(早坂ガブ)◎
「ぜつりん」(友吉)◎
「姉ログ」(田口ケンジ)〇
「アホガール」(ヒロユキ)〇
「バクバク」(斉藤いくみ)◎
「ばくおん!!」(おりもとみまな)△
「篠崎さん気をオタしかに!」(氷川翔)△
「実は私は」(増田英二)◎
「名探偵マーニー」(木々津克久)◎
「テングガール」(上山徹郎)△

ちなみにちなみに。
上記の①巻は事前情報なしに、つまりどんな漫画なのかを
何も知らずに買ったモノばかり。にしてはハズレがないのは
……わたしの眼力も大したものじゃないか(笑)。

中でも「実は私は」が大当たり。
いま読んでいていちばん楽しい漫画だ。



月曜日なので

「今週の『週刊少年ジャンプ』」なのですが。
なんかツイッター見てると、週末の大雪の影響で
あちこちで『ジャンプ』買えないところがあったみたい。

いえ、札幌は普通に朝、買えましたよ。

というわけで本題に突入。


「焼野原」が終わったのは、まぁ予想どおりなんですが。

あれれ? 「HACHI」も終わった!?
いや、こちらも近いうちに終わるだろうとは思っていたけども。
まさか今号で二本同時に終了になるとは思わなかった。

新連載はあと二本だけど……すると終わるのは、やはりあと一本?
来週じゃなくて、その次の号で?


それはさておき、新連載の「i・ショウジョ」。
うん、絵柄は割と好み。
お話は……もう何週か追いかけてみないとわからないかな、
という感じ。

あと「銀魂」のフリーダムさ、ハンパないなww



0稿

いま書いてる原稿、どうやら0稿が上がった、
ような、気が、しないでも、ない。

まだ、ようやく土台ができただけですが、
土台ができないと何も建てられないので、
0稿が終わると、とりあえず、ほっとします。

ここから1稿を作る作業が割と面倒くさいのですが、
どんな家が建つかはだいぶ見えてきているので、
それを頼りに頑張るのです。


行けなかった

本日、札幌雪まつり最終日。
せっかくだから、ちょっとだけでも覗きに行くか。

などと考えていたんですが。

朝は晴れていたのに、そのうち雪が降り出し、
昼近くになると凄い降り方になって。
結局、大通公園への遠征を断念しました。
残念。ミクの雪像を見たかったんだけど。
まぁ仕方がない。

今週の

『週刊少年ジャンプ』なわけですが。

さぁて何が終わったのかなぁ?
と雑誌を開いてみると。

あれ? 何も終わってない。

……そうか。
これまで何号かに亘って載っていた
読み切りが載ってないんだ。
その分のページで連載を始めたんだ。
ということは。
終わるのは、来週号から3本。

それはさておき。
来週号から連載が始まる「iショウジョ」の
予告カットが割と好み。なんかジャンプっぽくない。

あとは……「アイアンナイト」が
ちょっと面白くなってきたっぽい?

なげる

昨日、某ファミレスで原稿を書いているとき。

前の席に座っていた人が、店員さんに、
「これ、投げといてくれない?」って言ったんですよ。
顔を上げると、書類(コピー用紙)を掲げてて。

「ん? 投げる?」

と疑問に思うわけです、道外出身者は。
で、すぐに思い出したのです。

ああ、そういえば。
札幌(北海道)では「捨てる」ことを「投げる」と
言うって聞いたことがあったな、と。

初めて実際に使われてるのを聞いた!
あれ、都市伝説じゃなかったのか。
立派な現役(?)方言なんだ!

去年は「だべさ」も聞いたし。
あとは何があるんだ?

ああ、「なまら」はときどき聞くよ(笑)。

売り切れ

わたしの本が、じゃなくてですね。
わたしの本だったら嬉しいんですけどね。


今日、スーパーへ買い物に行ったついでに、
近所の書店を覗いたんですよ。
もうジャンプコミックスの新刊が入ってるかな~と思って。
入ってました。が。ががが。

「ワールドトリガー」の4巻が見当たらない。
店員さんに訊いたら「売り切れてます」だって。
マジかよ。
いやまぁ、売れてるのはファンとしても喜ばしいんですが。
別の書店を回る余裕もなく。
家に戻ってネット書店で注文しました。
もちろんネット書店には在庫有り。

そんなんだから、リアル書店はネット書店に負けるんだよ。
と思ったり思わなかったり。

発売日

いや、ジャンプコミックスの話なんだけど。
札幌では正式な発売日より、2~3日遅れての入荷になる。
なので、「ワールドトリガー」の4巻、まだ手に入れてないのです。
もう並んでるかな。明日、買いに行こう。

それはさておき。
ぼんち揚げを出してる会社が、
どこぞの大手食品メーカーに
買収されたとかされないとか?

それって「ワールドトリガー」とコラボするっていう
あのぼんち揚げ!?
買収されても、コラボは予定どおりに行われるんだろうな?

画像

アマゾンで「寝猫」の予約始まって画像も出てたんで、
ここの「新刊情報」にリンク張っておきました。

とはいえ、出てる画像は、まだタイトルロゴが
入っていないイラストのみのバージョンですが。

むしろhisasiさんのカバー用イラストが
まるっと見られるという意味では貴重かも。

そのうちタイトルロゴが入って帯が付いたバージョンに
差し代わっちゃうだろうからね。


それはさておき。
アマゾンの紹介ページのタイトル、間違ってまんがな。
「ものぐさ寝猫と怠惰な探偵帖」ではなく、
「ものぐさ寝猫の怠惰な探偵帖」が正しいです。

お礼

月曜だけど。
まずはお礼から。

先月発売になった「ロムニア帝国興亡記2」に
重版がかかりました! しかも、1巻と同時に。
1巻は、そこそこ快調なペースで版を重ねております。
これも偏に応援してくださってる読者様のおかげ。

ありがとうございます。



そしていつもの「今週の『週刊少年ジャンプ』」に移るわけですが。
「ワールドトリガー」無事に再開されていた。よかったよかった。

それはさておき。
来週から4週連続で新連載スタートだと!?
ということは……4本終わるってことなのか?
だとすると、アレとアレと……アレか?
もう一本は、なんだろう。
来週から4週間、何が終わるのかで目が離せないww


2月!

うわぉ。
もう2月とか。
信じられん。
早くも1年の12分の1が終わってしまった。
この調子だと、またすぐに「年末が~」とか言ってそうだな。
などと埒もないことを考えてしまう2月の1日。

それはさておき。
あと3日で立春なのに、寒いねぇ。
来週はさらに寒くなるらしいので、今から戦々恐々。
どうか来週の寒波がこの冬の寒さの底でありますように。