プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~10巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

まさかのアニメ化

いや~、「暗殺教室」がアニメ化されるとは。
さすがにこのネタ(暗殺)じゃ、アニメ化は無理なんじゃ? 
と思っていたけど、来ましたか。

まぁ『ジャンプ』って、「ハレンチ学園」とか「デスノート」とか、
以前から問題作もアニメにしてきたからな~。
それを思えば、ないこともない……んだろうけど、
「暗殺」は予想を超えてたわ。
実写ってぇのもww
殺せんせ~を実写化した時点で、お笑いにしかならんと思うのだが?

そして、今週号ではもう一つ驚きが。
「ソルキチ」がいきなりのお引っ越し!?
なんだ、それ。
どういう評価なんだ?
よくわからん。


というのはともかく。
来週から新連載3連発か。
あと終わるのはどれだ?
スポンサーサイト

結婚式

わたしのじゃないですよ?
そんなこと、言わずもがなか。

ラノベ札幌組の某作家さんの結婚式(と披露宴)に出席してきました。
こぢんまりとした暖かな式でした。お二人とも、末永くお幸せに!

式のあとは札幌組の作家さんたちと、
大通り近辺まで出てお茶しよう……としたんだけど、
土曜日の午後ということで、8人が入れるお店が見つからず、
喫茶店難民となって、暑い中、さまよったり。
最終的には某ホテルのティーラウンジに入れたので、
そこでぐだぐだと夕方までお茶して、戻ってきた。

街中の喫茶店が混雑してるときでもすんなりと入れる
ホテルのティーラウンジ、最強。
その分、値段も最強なんですけどね。

なんにせよ、久しぶりに同業者さんたちと会って話ができて楽しかった。

新刊告知

6月30日発売のファミ通文庫の新刊、
「夜姫と亡国の六姫士 4」の見本誌が届きました。
ので、写真をアップ。

IMG_3573〇トリb

今回はフランチェスカ・ルッキーニ嬢にご登場いただきました。
う~ん、これはいいぱ○つ。
じゃなくて。
「夜姫と亡国の6姫士 4」、よろしくお願いします。

一休み

週の初めに某社の原稿の第1稿を提出してあるので、
それが戻ってくるまで小休止。
ということで、昨日、今日は少しのんびり。
本を読んだり、ワールドカップ(を録画で)見たり。
新企画用のネタを考えたり、ワールドカップ(を録画で)見たり。
録り溜めしてあるアニメを見たり、ワールドカップ(を録画で)見たり。

で、今更ながら「花咲くいろは」の1回目を
見たんだけど(AT-Xで放送が始まったのである)。

これはいい。
ツボにはまった。
2回目見て、ますます気に入った。
以降の放送が待ちきれん。
ブルーレイとか買ってしまうかもしれんww

負けたか

日本 1-4 コロンビア

2点差をつけて勝つなんて無理だろうなぁとは思ってましたが。
そして、ここまでの展開がドイツ大会のときと同じとは書きましたが。
スコアまでブラジル戦と同じになるとは……笑うというか呆れるというか。

結局、これが実力だったということ。
それをわきまえず、ベスト4とか優勝とか言って舞い上がっていたことこそ
最大の敗因……なんじゃないですかねぇ。

むしろ日本戦よりも、ギリシャとコートジの最後の10分間が凄かった。
追加タイムでのあのPKはギリシャの選手の執念が呼び込んだと言いたくなった、
そんな劇的な幕切れ。
痺れましたわ。

ところで。
世間がワールドカップで浮かれているあいだに、我が磐田に大変なことが。
山田選手、ドイツの2部に移籍だと!?
おいおい、大丈夫なんか、磐田。
ちゃんと昇格できるんだろうな!?
移籍金が入るなら、補強しろよ?

落ちてた

今週の週刊少年ジャンプ、「ワールドトリガー」落ちてた!
毎週月曜日の大きな楽しみなのに……。
アニメ化決定で気を抜かずに描いていってほしい。
と言っておこう。

あと、卓球の読み切り。
わりと面白かった。
卓球バカの主人公はいい味出してたと思う。
でもヒロインの子、「罰ゲーム」で、ここまでやる気になるかなぁ?
というのが今ひとつ引っかかったところかな。
卓球バカ主人公と女の子のやり取りは、けっこう楽しくて好き。

もう一つ、「暗殺教室」。
beforr ←→ afterネタに笑った。
あの番組、けっこう好きで見てたんだよね。

うっかり

うっかりしてました!

「ロムニア帝国興亡記3」(富士見ファンタジア文庫)は、
昨日発売になりました。
いちおう特集ページなんかも更新されてたり。

ロムニア特集ページ

よろしくお願いします!

先が見えた

仕事の話ではなく。
サッカーの話ね。

日本 0-0 ギリシャ

1次リーグ突破は絶望的になったな。
最後のコロンビア、コートジボアールよりもギリシャよりも強いんだもの。

ここまでの展開を見て思い出すのは8年前(だよな)のドイツ大会。
あのときも2戦終わって勝ち点1で絶望的になったのに、
最終戦、「ブラジルに勝てば」などと馬鹿なことをいってるマスコミが多くて
笑ったものだが……。結果、1-4で惨敗。
1勝もできずにグループリーグ敗退に終わったわけだが、
今回とそっくりじゃね?

コートジやギリシャに勝てないチームが、どうやったらコロンビアに勝てるのか。
唯一の救いは、すでにコロンビアはベスト16進出を決めているので
もしかしたら控え選手を出してくるかもしれない……ということだけだな。

しかし、日本の得点力の低さは如何ともし難いものがある。
日本にはロッベンもファンペルシーもスアレスもマンジュキッチもミュラーもいない。
メッシやロナウドなど、望むべくもない。
そんな状態では、100年やってもベスト4など不可能だろう。
国際舞台で点の取れるストライカー、どうやったら育てられるんだろうねぇ(ため息)。

1日遅れで

「今週の『週刊少年ジャンプ』」のコーナー……なんだけど、その前に。

昨日は某編集部の新旧担当さん二人と打ち合わせがてら
もりもりとお肉を食べてきました。満足。
その後、3人で歌いに行ったのは言うまでもないww

さて、ジャンプ。
今週はコレに尽きるだろう。

クラピカが再登場したっっ!

いやぁ、よかった。
もしかすると、フェードアウトしたまんまなんじゃないかと
恐れていたからさ。これで一安心だ。


そしてワールドカップ。
ポルトガルがドイツに0-4とか。
スペインもオランダに1-5だったし、
イベリア半島の両強国がそろって大敗とか、
なんの呪いだ!?

打ち合わせ

今日は某社の新旧担当さんと打ち合わせ……というか、顔合わせ。
わざわざ東京から札幌まで来ていただくのは、ありがたいですね。

顔合わせなので、食事をしながら、ということになり。
もりもりと肉を食べてきますww

これから支度をして出かけるので、「今日のWJ」とか、また明日にして。

とりあえず一言。
機械によるゴール判定システム、すごいな。
フランスの2点目、あれ、このシステムがなかったら
ゴールになってなかったんじゃないか?
主審からも副審からも見えていなかっただろ、あれは。
早速、威力を発揮したなぁ。

完敗

負けましたなぁ。

1-2というスコア以上の完敗じゃなかったか?
まぁでも、冷静に考えれば、こんなものかという気がしないでもない。
おそらく世界中のサッカーファンも妥当な結果だと思っていることだろう。
1対1でことごとく勝てない選手と、信念も戦術眼もない監督。
これでベスト4なんて、夢物語……というか、妄想のレベルだわ。

たとえギリシャに勝っても、最後がコロンビアだからな~。
リーグ戦突破の可能性は5%くらいかな?

新刊見本

「ロムニア帝国興亡記3」の新刊見本が届きました。

ミク様にご登場願って書影を撮影。
IMG_3561b日記用02

「ロムニア帝国興亡記3」の発売は6月20日です。
よろしくお願いします。

これはいい予測

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本が1次リーグC組を突破できる確率は56%-。スポーツ統計学の第一人者・鳥越規央さんが11日、データ解析による予測結果を明らかにした。

 出場32カ国について前回W杯後の全対戦成績を調査。対戦のなかったカードは他の国との戦績などから比較して強さの偏差値などを算出、シミュレーションした。

 1次リーグC組では、日本が初戦で勝つ確率は45・6%で相手国コートジボワールは34・6%、引き分けは19・8%。第2戦は日本がギリシャを大きく上回り、第3戦はコロンビアが日本を大きく上回った。その結果、日本は1次リーグを1位で突破する確率が14%、2位で突破が42%となった。

 また出場国の強さの偏差値1位はブラジルで、スペイン、アルゼンチン、ドイツが続き、日本と同組のコロンビアが5位。日本は13位だった。

 鳥越さんは2012年、同様の手法でロンドン五輪女子サッカーについて1位米国、2位日本と予測し、的中した。

___________________________________________________________________________________________________________________________________________

上記の文は、日刊スポーツのウェブサイトにあるワールドカップ特集ページで見かけた記事からの引用。
読んでみて、かなり蓋然性が高い数字だなぁ、と思った。
わたしはサッカーにおける強さ、弱さを言い表すとき、10回試合して○勝×敗△引き分け、
という言い方がもっとも妥当性があると思っている人間だが、上記の文章における確率表記も
それに近いものだ。
たとえば、コートジボアール戦における日本の勝率、相手国の勝率、引き分け率は、
要するに10回試合すれば、日本が4.5勝、コートジボアールが3.5勝、引き分け2試合
ということになるわけだが、これはかなり納得のできる数字である。

予選リーグ突破の可能性も、1位、2位の場合を合わせて56%というのも、
おおむねわたしの感覚に近い数字だ。
もっとも、わたしの場合、1位突破の可能性はもっと低いと思っているんだけど。

この手の客観的な数字を元にした予想(予測)は、変な期待値や馬鹿な煽りが入っておらず、
淡々としているところがいい。
まぁ、リーグ戦突破の可能性が5割強ということは、敗退の可能性が4割以上もあるということだけど。
それが日本のサッカーの現実だと思うよ。

火曜日だけど

昨日は熊の話題に終始しちゃったので、火曜日だけど『ジャンプ』の話題でも。

と言ったものの、今週号では特筆すべきことが……。
アニメ化記念の巻頭カラーで人気投票の結果発表やってたし、
「ワールドトリガー」に触れておこうか。

「持たざるメガネ」こと三雲修が一位とは、ちょっと意外。
W主人公(?)の遊真のほうが圧倒的に格好いいんだけどね。
等身大ヒーローってことで受けているのだろうか。
あと小南桐絵が3位というのも意外。
それほど出番多くなかったのに。
強くて、でも天然で可愛いから……なのか?
玉狛支部なら、わたしは断然、「栞ちゃん」派だけどな。
特製モールモッド「やしゃまるシリーズ」とか、爆笑した。
でも、宇佐見栞、19位。みんな、見る目がないよ。

……すみません、読んでない人にはなんのことだか、さっぱりなネタで。

あとは……久しぶりの岩代さん登場。
読み切り短編、わりと好みだった。

あとは……次号予告の岡崎慎司選手の顔、似てね~よ!
誰だよ、これ!? っていうレベルで別人だわwww

札幌市内に熊が出たそうな。
しかも中央区に。
ニュースでやっていた。

200万都市の中央区に熊が出る街なんて、札幌ぐらいだろうな。
と思ってツイートしたら、知り合いのイラストレーターさんからレスがあった。

仙台にも出るんだってww
仙台は100万都市ですが。
そしておそらく中央区には出ないと思われますが。

わたしの出身地、浜松市だって、札幌や仙台と同じく政令指定都市だけど、
天竜区とかに行けば、余裕で(!?)熊が出る気がする。
何しろ「熊」っていう地名があるくらいだからwww

で、ニュースでは、熊が目撃された場所の近くに小学校があって、
先生たちが通学路に立って生徒の通学を見守っていたんだって。
札幌の小学校の先生は大変だな。
いざというときは熊と戦って生徒を守らなきゃならないなんて(違)。

難しい

日本代表 4-3 ザンビア代表

勝つには勝ったが、なんとも評価の難しい試合だ。
相変わらずあっさりと先制点を献上するのは本番では命取り。
と悲観的になるべきか。
0-2から追いつき、3-2と逆転し、3-3に追いつかれ、
終了間際に4点目を取って勝ったのは、
粘り強く戦えるようになった、得点力が上がった。
と期待すべきか。

わたしは基本的に悲観主義者なので、
やはり失点の方が気になる。
本番で当たる相手は、もっと強いんだし。

とりあえずワールドカップは、あまり肩に力を入れず、気楽に観戦しよう。
ベスト16に進めたら儲けもの、的な気持ちで……。

異常なし

今日、予約してあった病院へ行ってCT検査をしてきました。
検査の前に点滴&造影剤注入の必要があるので、
それだけでけっこうな時間を食う。
時間を食うけど昼飯は食べられないから、お腹が空く。
まぁ、それはどうでもいいんだけど。

検査結果は、やっぱり異常なし。
CA19-9がこれだけ高いのに異常がないのは異常。
というようなことを医者が言う(笑)。
まぁ異常があったら困るから、なくていいんだけどね。

終わったあとは、造影剤排出のためにペットボトル1本分(500ミリL)の水を飲む。
水をたっぷり飲んだおかげで空腹感が紛れたわww

YOSAKOI

さっきローカルニュース見てて知ったんだけど、
札幌では今日からYOSAKOIソーラン祭り。

所沢に住んでた頃は、わざわざこれを目当てに
6月の札幌に観光に来たりしたものですが、
札幌市民になったからは一度も見に行ってないな。
いつでも見に行けると思うと、逆に見に行かなくなっちゃう。
まぁ、そんなもんだよね。

あ、でも、雪祭りは何度も見に行ったな。
たぶん、雪祭り時期にミク絡みのイベントがあるから、
それに釣られるんだよなww
あと、雪のないところで育ったので、
やっぱり雪のある景色には憧れがあるのです。

あと、山もね。
育った場所は山が見えないところだったので、
山のある風景というものに憧れがあった。
今の部屋からは割と近くに藻岩山が、
遠くには手稲山とかが見えるので、それがちょっと嬉しかったり。

検査

そういえば。
今週はCT検査があるんだった。
ということをいま思い出した。

CTの検査自体はどうってことないんだけど(MRIに比べたら)
造影剤を入れるのと昼飯抜きというのが、ちと辛い。
CA19-9の値がまだ高い以上、検査をしておくに超したことはないので、
我慢しますけども。

今週の「ワールドトリガー」

来た来た来た。
アニメ化来たぁ。

いやぁ、先週号で「来週、重大発表あり」なんて意味深なアオリがついてたから、
「もしかしてアニメ化?」なんて思ったんだけど、ドンピシャだったわ。
これで楽しみが一つ増えた。
でも、アニメ化の時期は「未定」だそうだから、来年かな?

まぁアニメ化はめでたいんだけど、一つ心配なことが。
「ワールドトリガー」って、あとになるほど面白くなってくるんだよね。
最初の頃も面白くはあったけど、本当に面白くなるのは2巻の後半、
迅悠一が出てきて活躍(暗躍?)を始める頃から。
で、いま連載でやってるアフトクラトル侵攻編が最高に面白い。

仮にアニメが一期のみだったら、面白くなったところで終わってしまわないか?
「めだかボックス」のように。それが懸念材料。
どうせアニメをやるなら、いま連載でやってるところくらいまではやってほしいなぁ。
あと、まだ先の話だろうけど、声優さんのラインナップが楽しみだ。

その差、約10度

今日の所沢の最高気温、34.3度。
一方、札幌の最高気温は24.6度。

よかった~。札幌に移住してきてホントよかった~。
6月になったばかりで猛暑日一歩手前とか、死ぬわ。

今日はじっさいに猛暑日になった地点がいくつかあったらしいし。
こんな日は、自分の決断力(=札幌移住)を自分で褒めてやりたくなる。


それはさておき。
磐田、3位に転落。
内容もお寒いものみたいだし。
この調子じゃ、今シーズンの自動昇格、
難しいんじゃね?