プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

Jだったりジャンプだったり

今日の浦和×G大阪の試合は、緊迫したいい試合だった。
スコアだけ見ると、2-0でG大阪の完勝に思えるかもしれないが、
内容的には、むしろG大阪が押されていた。
それでも浦和を0に抑えて、最後の最後に決勝点を取ってしまうのは強い。
しかも、取ったのもアシストしたのも交代選手だからな。
長谷川監督の采配も見事。

それにしても。
ペトロビッチ監督、興梠選手を使っちゃダメだろ。
優勝したときは仲間と一緒にピッチに立たせてやりたいという
親心からベンチ入りさせた……というところまでは理解できる。
でも、骨折が完治しない選手を試合に起用したらいけないと思う。
たとえ選手がどう言おうと。
選手を守るのも監督の仕事のハズだ。

それはともかく。
これで最終節まで優勝争いを楽しめそうなので、
浦和のファンやサポーターには悪いけど、
この試合結果を喜んでいる。


閑話休題。
土曜日だけど、次の月曜が休日で、
今日は『週刊少年ジャンプ』の発売日。
ってことで、軽く「今週の『週刊少年ジャンプ』」を行ってみよう。

新連載の「E-ROBOT」だけど。
ダメだ、これ。
「エロボット」なのに、ちっともエロくない。
「エロが地球を救う!?」とかいうアオリが付いてるのに、
まったく全然少しもエロくない。
パンチラシーン一つない健全漫画で、
「エロが地球を救う!?」みたいな大仰なキャッチ付けるな。
矢吹健太朗先生に謝れww

あと、トップ絵、というか写真が変わったついでに一言。
「ナーガ6」のオビになんか書いてあるぞ?
スポンサーサイト