プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

気がつきゃ月曜だ

結局、先週号の『ジャンプ』について書けなかったので、
今日、まとめて書こう

先週号から始まった新連載の「左門くんはサモナー」、
わたしわりと好きですよ、こういうの。
でも、こういうのって『週刊少年ジャンプ』だと人気取りづらいんだよねぇ。
『週刊少年ジャンプ』で人気取りやすいのは、
熱血で全力で戦うで熱いキャラの熱い話なんだよね。
いま人気のある作品(ギャグものは除く)は、みんなそうでしょ?
バトルものでなくてもね。
個人的には応援したいが、今の『週刊少年ジャンプ』で
長続きするかどうかは……。


あと、今週休載してた「トリガー」についてちょっと書いとこう。

先々週号で、オサムがジンさんに「チームに入ってください」って頼んで
「続く」ってなったとき、その先の展開を考えてみた。

1)ジンさんがあっさりOKして、オサムのチームに入る。
2)ジンさんには断られるが、代わりにヒュースが入る。

このどちらかの展開になるのではないかと予想した。
先週号で「1)」は外れだとわかった。
ジンさんが「別の誰か」を推薦していたので、
「ヒュースだろ、それ!」と思ったんだが。
よく考えると、ヒュースはボーダー隊員じゃないんだよな。
ダメか? 読み過ぎか?
でも、コナミにしろレイジさんにしろカラスマにしろ、
その3人じゃ普通すぎて面白くないし。
だいいち、あの3人はもうチーム組んでるんだよな。
って思うと、ヒュースが怪しいんだがなぁ。
最近、意味もなく出番があるのも怪しいしww

ここで、「ボーダーの正隊員になれる日が年1回じゃなくて
年4回に増えた」(んだよな、たしか。違った?)というのが
伏線として生きてくるんじゃないだろうかとか、
そこまで予想したんだが、どうだろう。

あ、そうそう。
先週号で始まった将棋モノ。
これも割と好きなんだけど、どうなんかな?
コレ、将棋を知らない人が読んで面白いかなぁ?
将棋を知らない人の感想を聞いてみたいものだ。
スポンサーサイト

辛勝

今日の磐田は。

先制→追いつかれ→逆転され→追いつき→再逆転

というめまぐるしい展開で勝利した……らしい。
しかも、試合終了近くになって、同点→勝ち越し点
という劇的な勝利だった……らしい。

らしい、らしいと言ってるのは、録画したスカパーの中継を
まだ見ていないため。
さっき見ようと思ったら、間違えて消していたことが判明。
アホや(泣)。
仕方がないので、明日の夜の再放送で見る。


そして札幌。
こちらは岐阜に完敗だった。
この試合はスカパーで見ていた。
だから、スコアこそ1-2だが完敗だった、と断言できる。
一点が入ったのは、もう勝負が決まった追加時間でだからね。
しかも相手キーパーのミスから入っただけだからね。
結果的に勝負を決めることになった岐阜の2点目の
カウンターの見事さったらなかったね。
あのシーンは、敵ながら天晴れだったと言うしかない。
遠征してきた岐阜のサポーターは
今頃すすきので祝杯を上げているのだろうな。

嬉しいニュースが飛び込んできました。

「だがしかし」アニメ化だと!
やったね!

「ふらいんぐうぃっち」といいコレといい、
今から楽しみでならんわ。

ついでにアニメの話題をもう一つ。
先週、いきなり再放送になってて、
まさか落としたのか?
と思ったワールドトリガー(アニメ)だが、
その延期分を今日見て理由がわかった。

この回って、チカが砲撃で堤防壊して市街地に水を引き入れる回じゃないか。
茨城とかで堤防が決壊して大きな水害があったあとだから、
内容的にマズいってことで放送を見送ったんだな、たぶん。
いや~、理由がわかってスッキリしたわ。

あ、『週刊少年ジャンプ』は、今朝方、ちゃんと買えました。
中身については、また明日にでも。


最後に悪いお知らせです。
2位の磐田、愛媛と0-0で引き分け。
3位のC大阪が勝ったから、勝ち点差がたった1に。
ホントに昇格できんのか!?
もう生きた心地がせんな。

届いていない

週明けが連休なので『週刊少年ジャンプ』は今日が発売日。
ということで、朝一で近くのコンビニに行ったら。

「台風の影響で遅れてます」
「なんだってぇぇ!?」

いやいや、鉄道輸送に影響を与えるほど
列島の近くにいないだろ、台風。
どういうことなの?

と理由を詮索しても雑誌が届くわけじゃない。
「明日には入るかと思います」という店員さんの
言葉を信じるしかない。でも、
「さらに遅れる可能性もありますけど」という
不吉なことも言っていたけどな。

胃カメラ

今日は病院で胃カメラを呑んできました。
正確には、胃の内視鏡検査をしてきた、と言うべきか。
ともあれ、異常はなし。
前回のとき、死ぬかと思うほど辛かった胃カメラだけど、
今回は鎮静剤打ってから呑んだので、なんだかぼ~っと
してるあいだに終了した。
あまり苦しくもなかったし、助かった。

で、検査終了後、一時間ほどベッドで寝て、
鎮静剤が切れてから病院を出る。

すこし頭がぼんやりしていたので、
近くの喫茶店で珈琲&ブランチ。
何しろ朝食抜きだったからお腹が減っていてね。

食べ物をお腹に入れ、珈琲で目を覚まして、
先ほど帰宅。
さて、午後は仕事をしなくちゃ……なんだけど、
まだ少し体がだるい。
ちゃんと仕事ができるかな。

週1になってる

よく見たら、先週、月曜にしか書いてないじゃん。
いかんな。もう少し頑張ろうよ、俺。

という戒めはさておき。
「今週の『週刊少年ジャンプ』」ですが。

「ソーマ」の新展開にはガッカリした。
これはわたしが求めている「ソーマ」ではない。

そもそも「ソーマ」の良さは、現実社会から切り離された
お料理ファンタジーである点。
遠月茶寮学園(だっけ?)は魔法(のような料理)が幅を利かす
異世界なのである。
だから「ソーマ」は楽しかったし面白かった。
現実とは切り離された世界だからこそ、
料理魔法はその効力を発揮し、
描かれる料理は別世界の物のような美しさで輝き、
とても美味しそうに見えた。
ところが。
新展開の「ソーマ」は、どうだ。
通俗性、社会性、政治性、そんなモノを押し出したおかげで、
異世界の魔法の効力が見事に薄らいでしまった。
もはや描かれる料理がくすんで見える。

料理魔法が闊歩する異世界と現実世界を繋ぐのは、
卒業生たち(と彼らの店)だけで充分なのに。
だからこそ「スタジエール編」が抜群に面白かったのに。

こんなみみっちい政治的暗闘とか、「ソーマ」でやってほしくなかった。
本誌に連載されてるから読んでいるが、
もし自分がコミックスだけ買う派だったら、もう買わないかも……
と思うくらいにはガッカリした。

などと好きな作品だっただけにアレコレ文句を書きましたが、
これはあくまでわたし個人の感想ですので、「ソーマ」ファンの
人は、あまり気にしないでください。


それはさておき、新連載。
将棋に少しうるさいわたしなので、かなり注目してましたが。
とりあえず面白く読めました。
でも、これ、奨励会に入るのがどれだけ大変なのか、とか、
奨励会を抜けてプロ棋士になるのがどれだけ大変なのか、とか、
その辺がわからないと面白くないのでは、という危惧も覚えたり。
まぁ、その辺はおいおいと説明されていくのだろうけど。
どうかな。
『ジャンプ』のメイン読者層に受けるかな。
少し心配です。

月曜日

さて、月曜日なので「今週の『週刊少年ジャンプ』」なのです。
が。

「ジャスティス」終わったか。
もういつ終わるかっていう段階だったから驚かないけど。
結局、何がやりたかったのかがよく見えない作品だったなぁ。
絵は綺麗だったのに。

一方「カガミガミ」。
これは、やりたいことはよくわかる作品だったのに、
途中で変節しちゃったなぁ。
ヒロイン(女探偵)、どこ行ったww

それはさておき。
今週は金未来杯の最後のエントリー作品が登場。
これ、ちょっと好きかも。
こういう飄々とした主人公とか。
働く熱血お姉さん(警察官)とか。
割と好みのセンなのです。
太眉のところなんかもww
あ、でも、、胸、大きすぎない?
結局、金未来杯は最初と最後のが面白かったなぁ。


それはさておき2。
来週から始める新連載=「ものの歩」、将棋モノですか!?
な……なんというタイムリーな。
時代はまた白鳥さんの下へと動いているというのか!?