プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

発売日

今日は「月虹戦記アリエル ――七色(にじ)の瞳を持つ王女」の発売日。

ってことで、書店さん回りに行ってきました。
回ったのは。

「とらのあな」さん。
IMG_4431リサイズ02


「アニメイト」さん。
IMG_4436リサイズ02


「ゲーマーズ」さん。
IMG_4441リサイズ02
ゲーマーズさんでは本にサインも入れて
きました(5冊)。


「メロンブックス」さん。
IMG_4443縦リサイズ02


いずれも購入特典を用意してくれているお店です。
何がもらえるかは、ファミ通さんのブログを見てね。
    ↓
購入特典はこちら

各書店の担当様、お忙しい中、ありがとうございました。

「月虹戦記アリエル」(ファミ通文庫)、
本日発売です、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

バクマン。

昨日、映画の「バクマン。」観てきた。

わたしは邦画をほとんど観ない人間で、
おまけに、漫画原作の邦画なんかが面白くなるわけがない、
という偏った思想の持ち主なので、
これもべつに観る予定はなかったのですが、
わたしが知ってるラノベ作家さんが激賞していて
とても気になったので観に行ったのです。

行って正解。
面白かった!

大楽さん、ありがとう!
あなたがブログで激賞していなかったら
わたしはこの映画を観ていなかったよ。

大楽絢太さんのブログ

ちなみに、大楽さんは新作を出したばかりなので、
それも紹介しておこう。

大楽さんの新作の特集ページ


映画「バクマン。」は、映画ならではの表現が楽しかった。
シナリオもよく練られているし、何より原作の刈り込み作業が上手かった。
2時間弱の尺に過不足なく美味しい要素を詰め込んであった。
そして余分な要素は削ぎ落としてあった。
そこがよかった。
不安だった俳優の演技も、あまり気にならなかった。
とくに、編集者の側の押さえた演技は、観ていて安心できた。

一つだけ気になったのは、シュージンがとても頭がいいという設定が
飛んでしまっていたこと。
あれだと、落ちこぼれの二人組が頑張って這い上がった的な
成り上がりストーリーに見えてしまう。
シュージンの場合、「東大に行こうと思っていた」ほどの男だから、
むしろ計算ずくで「成り下がっている」わけで、その辺は押さえてほしかった。
でないと、感性で描いているエージと、計算ずくで描いているシュージンという
対比が生きてこないじゃないか。

いやまぁ、2時間弱の映画に、そこまで求めるのは酷かな?

あ、そうだ。
シュージンといえば、背が低いのも気になったな。
原作ではアズキが彼を評するとき「背が高い」と
わざわざ言うくらいには背が高かったのに。
まぁ、それも本筋には関係ないことですが。

とにもかくにも面白かったのはたしかで、
漫画原作の邦画が面白くなるはずがないという
こちらの認識は、少し改めたほうがいいかも、と思ったほどだった。

1026

今日は10月26日。
わたしの誕生日だったりする。
この年になると、だから何? って感じですが。

しかし、この年になるまで(なっても)
現役のラノベ作家でいられるとは。
応援してくれる読者さんのおかげですね。
伏してお礼を。
ありがとうございます。


それはさておき。
月曜日でもあるので「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

「磯兵衛」アニメ化!?
本当に「まさかの」だな。
でも、どんなアニメになるのかは未定みたいだから、
まだ油断(?)はできませんが。

それはそれとして。
「サモナー」いいわ。
毎週、笑える。
しかも、くすっと笑うとか、にやりと笑うとか、
そういうのではなく、声を上げて笑えるのがいい。
早くコミックス出ないかな。

新刊見本

ファミ通文庫さんの新刊見本が届きました。
ということで、画像をアップ。

IMG_4429リサ03

発売は今月の30日(たぶん)。
よろしくお願いします。


映画(久しぶり)

昨日、原稿が一本上がったので、
予定どおり、今日は休日。
駅まで出て映画を見てきました。

最初は知り合いの作家さんが激賞してた「バクマン。」
見ようかと思ったんですが、「屍者の帝国」が今月末まで
だったので、そちらにしました。

さすがに伊藤計劃(と円城塔)原作。
世界観の構築っぷりが見事。
ビジュアルも美しかった。
見応えがあった。
ただ、物語的には「?」という箇所が
いくつもあって、見終わったあとも
なんとなくすっきりしない。
もにょるというか、残尿感が残るというか。
まぁ、それでも面白かったとは言える。

さて、次は来月、「虐殺器官」を見に行くよ。

完パケ

「ロムニア7」の原稿が上がりました。
まぁ、だいたい予定どおり……かな。

でも、月末までに短いのを一本、
上げなきゃいけないので、まだ気は抜けませんが。
とりあえず、明日は休日としよう。


それはさておき。
札幌の週間天気予報にも
ついに雪マークが登場。
日、月と雪が降るらしい。
この辺ならまだ積もらないだろうけど、
そろそろスタッドレスタイヤに交換しておかないと。

月曜日

久しぶりに月曜日に『週刊少年ジャンプ』が手に入ったような気がする。
気がするだけかもしれないけど。
まぁ、そんなこんなで久しぶりに月曜恒例、
「今週の『週刊少年ジャンプ』」のコーナー、行ってみよう。

ヤバイわ~。
今日は外で買って喫茶店で読んでたんだけど、
「サモナー」が面白くて、つい笑っちゃってヤバかったわ。
必死で笑いを抑えたけど、笑いたいのに我慢するって、
あんまり楽しくないよね。
笑いたいときは思い切り笑ったほうが楽しいよね。
ってことで、これからは『ジャンプ』、ちゃんと家で読もうと思う。
どうしても外で読むときは「サモナー」我慢して、
家に帰ってきてからじっくりと読んで笑おう。

あと「斉木」も面白い。
今までの「斉木」は、どちらかというと
一回こっきりのギャグが多かったと思うのだけど、
予知能力者の黒ギャルが登場したおかげで、
物語的な興味が出てきた。
この予知能力ギャルと斉木の関係が
この先どうなるのか、じつに興味深い。

アキバblog

アキバBLOGに新作、
「月虹戦記アリエル ――七色(にじ)の瞳を持つ少女」
の紹介記事が掲載されました。

紹介記事ページ

井上堅二さんの新作紹介と合わせて、どうぞ。

紅葉

札幌は、街中の公園の木々も紅葉しています。

1015TS3M0424.jpg

1015TS3M0425.jpg

もう秋というより晩秋といったほうがふさわしい。
そんな雰囲気です。

チャージ完了

先日、車で出かけようとしたらバッテリー上がりで
エンジンがかからず。
ディーラー呼んで車を持っていってもらった。
で、バッテリーのチャージが完了した車を
今日、引き取ってきました。

しかし。
冬になる前にバッテリーが上がるとは。
冬を乗り切れるのだろうか。不安。
毎日乗らないからなぁ。
せめて3日に1度くらいエンジンかけないとダメか。

それはさておき、今朝は冷えた。
昨日は手稲山の初冠雪が観測されたし。
その手稲山、わたしの部屋から見えるのだが、
今朝見たらマジで白くなっていた。
1014IMG_4418リサイズb
冬はすぐそこまで来ているのだなぁ。

入手

今朝コンビニ行ったら、無事に入手できました。
ということで、1日遅れの「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

「サモナー」、快調に飛ばしている感じで面白い。
この手のストーリーギャグって、
笑えなかったら終わりなんだけど、
これまでのところ、毎週、楽しく笑えている。
この調子で突っ走ってほしいものである。

あと「斉木」が面白い。
というか、予知能力ギャルJKが面白い。
これまで斉木は、超能力者として凄すぎるが故に
本当にピンチになることがなかったけど、
このギャルJKが出たおかげで、本当にピンチになってる。
そこが面白い。
今週号も、来週が凄く気になるヒキ。
お見事である。
ホント、これ、アニメならないのかなぁ。
実写の映画とかドラマとか、
くそつまらないものになるのが目に見えてるけど、
アニメにすれば面白くなりそうなのに。

それと「トリガー」。
あれ? ヒュースが加わる展開?

遅延

木、金と、台風から変わった温帯低気圧が
北海道の近くで暴れていたので、
もしかすると『週刊少年ジャンプ』、
また来てないかもなぁ、と思いながら
朝コンビニに行ったら、案の定だよ。

仕方がないので、今日、散歩の途中で見かけた
猫の写真でもアップしとくか。
1010a.jpg

それはさておき。
今日はJ1休みで、代わりにJ2があった。
磐田は水戸に先制され、終盤、ようやく追いついて
引き分けるのがやっとというていたらく……だったらしい。
情けない。
先週も今週も情けない試合で引き分け。
そんなことしてるあいだに3位のチームが
勝ち点2差まで迫ってきたよ。

この、すぐ下に迫ってきたチームが、
C大阪でも千葉でもなく、福岡というのがちょっと驚き。
伊原監督、いい仕事してるなぁ。
というか。
ウエリントン選手の補強が当たった感じやね。
今日の千葉との試合だって、決勝点は
ウェリントン選手がいたからこその得点だったもの。
井原監督、元ディフェンダーだから、守備がしっかりしてていいね。

それに引き替え、磐田のザル守備は……。
監督が、元攻撃の選手だったからかね?
しかし、こんな試合してるようじゃ、昇格できる気がしないわ。
幸運にも昇格できたとして、J1で戦える気がまったくしないわ。

月曜なので

はい、「今週の『週刊少年ジャンプ』」ですよ。

「トリガー」!
あっさりヒュースの名前が出てしまった。
しかも陽太郎から。
ってことは、ヒュースが加わるってパターンはナシか?
ほかに「強くてフリーで知っている人」なんか、いないじゃん。
いや、人じゃなければ一体いないこともないけど……。
さすがにそれは……。

読んでない人にはなんのことかさっぱりわからないこと書いてますが。
でも、そもそもこのコーナー自体が『ジャンプ』読んでない人にはさっぱり
わからないことしか書いてないので、まぁいいか。

今週号の「暗殺教室」は好みだったww

あと「サモナー」。
面白い。と思う。
今回のも笑った。
なんとか生き残ってほしいなぁ。

田舎蕎麦

徒歩圏内に美味しい蕎麦屋を見つけた。
手打ちの田舎蕎麦が食べられる店だ。

黒くて太くて歯ごたえがあってもっちりとした食感。
しかも石臼で碾いた蕎麦粉を使ってる。
わたしが求めていた蕎麦がココにあった。
というと大げさだけど、信州で食べた蕎麦の味に近かった。
まさに田舎蕎麦だ。
札幌に来てから食べたモノの中では、
もっとも満足感が高い蕎麦だった。

近場を散歩していると、ときどきいいことがある。