プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

連続で

連続になってしまうけど、月曜なので、
「本日の『週刊少年ジャンプ』」だ。

「暗殺」、ついに殺センセーが!
しかし、このシーンを新連載のときから
思い描いていたってのが凄いな。
まぁ松井優征氏は、「ネウロ」のとき、
連載回数によってエンディングを予め
何パターンも用意していたと言うからな。
連載始めるときに、エンディングを決めていたとしても
少しも不思議ではないんだけど。
それにしても凄いな。

あと、ラストページがカラーなのがテクニシャンだな(笑)。
たまに見かける方法ではあるけど、
台割り作る側からすると、けっこう大変かも。


あと「トリガー」。
うん、この結末……いや、結末ではないか、
オチ? っていうか、展開か、うん、展開は
読めていたね。
ネタバレになるから書かないけど。
コミックス派の人もいるしね。
まぁでも、迅の予知がああだった以上、
こうなるだろうね、というのはあった。
とくに先週号で太刀川と小南がこそこそやってる
のを見て確信した。
予想どおりだったので満足である(笑)。

それと「鬼滅の刃」。
一回目は、ん? と思ったけど、
だんだん面白くなってきた。
とくに先週号で、首に手(だけ)が生えたシーンとか、
かなり気に入ったww
この漫画家さんの本領が発揮されてきた気がする。
ただ、これ、一般受けはどうかなぁ。
長期連載になってくれるといいんだけど。
スポンサーサイト

一週遅れで

月曜からニセコでスキーをしてきたのさ。
今回、気温は低かったから雪質はよかったけど、
晴れた日はなくて、ほぼ毎日、雪が降っていたなぁ。
新雪好きには堪らないシチュエーションだったけど、
こちらはべつに新雪好きじゃないんで。
晴れた日、ぴしっと圧雪したコースを滑りたい派なんで、
あんまり嬉しくはなかったなぁ。
まぁでも、けっこう楽しめましたけどね。

で、木曜の夜に戻ってきたわけですが。
戻るのを待っていたかのように著者校ゲラが届き。
休む間もなくゲラを読み、赤を入れ、編集部宛に発送。
昨日はJ1の開幕戦を見ることができましたよ。

磐田……今の名古屋に完封負けとか。
こりゃ前途多難だわ~。
というか、ジェイ選手がいないと攻撃の迫力が足りんわ~。

さて、月曜日からニセコ泊まりだったので、
現地で『週刊少年ジャンプ』を入手すること能わず。
札幌の自宅に戻ってきて初めて、知り合いが確保しておいてくれた
『ジャンプ』を読んだわけです。

「暗殺」のカウントダウン、始まってた!
そうか~、あと5回か~。
潔い終わり方だな~。
終わる終わる詐欺ww の「ブリーチ」に
見習ってほしいわ。

そして「ゆらぎ荘」の卓球ネタについ反応してしまった。
じつはニセコの宿で、一緒に泊まった作家さんと
卓球したんだよね。何年……いや何十年ぶりだ、卓球したの。
でも久しぶりの割には、ラケットにボールが当たりましたww

スキー旅行

明日から待望のスキー旅行に出かけます。
まぁ明日は移動だけで、滑るのは月曜からなんですが。

しかし、明日の天気予報が不穏なことになってて不安。
東京から飛行機で飛んでくる作家さんと無事に合流できるだろうか。

来週のニセコは今の時期らしい気温で、雪も降るみたいだから、
雪質の心配はないかな。

戻ったら、レポートします。
では~。

火曜日ですが

一日遅れで「今週の『週刊少年ジャンプ』」です。

新連載。
この漫画家さん、以前読んだ読み切りが
面白かった記憶があったので
ちょいと楽しみにしていたわけですが。
予想していたよりも普通だったな。
読み切りは、もう少し尖っていたというか、
もっとユニークだったというか、少なくとも
普通じゃなかった印象だったんだけど。
いや、これも『少年ジャンプ』じゃ、かなり重い話ではあるか。

ただ、主人公が誰だかわかりにくかった。
まぁ「兄妹」の「兄」のほうが主人公なんだろうな
というのはわかるんだけど、少し印象が薄い。
「鬼」を殺しに来た「「あの男」のほうが主人公っぽかった。
今一つ(主人公であるはずの)「兄」には感情移入できなかったな。

っても、まだ物語は始まってもいない感じなので、
これから……なんだろうけど、『週刊少年ジャンプ』なのに
それで大丈夫なのか1? という気はする。


先週から始まった「ゆらぎ荘」は、
揺らぐことなく、確固たる信念で『週刊少年ジャンプ』の
お色気担当指定席を狙いにきてるなww


さて、「背筋をピン!と」。
シュトゼーレ(笑)。
シャトレーゼやんな。
でも、この店、浜松だと浜北店と佐鳴台店の
二店しかないみたいだから……もしかして
鹿鳴館高校のあるのって、浜北区?
だって、佐鳴台近辺に住んでるなら、
遠鉄は使わんものね。
などと、元浜松市民は推理してみる。

ちなみに、わたしが浜松市民だった頃は、
現浜北区は、まだ浜北市だったんだよね。

スキー

スキーに行ってきました。
札幌国際スキー場へ。
今シーズンの初滑り(今頃かよ)。

気温は高めながら、雪質はそれほど悪くなく。
風も強くなく、気持ちよく滑れました。
ただ、平日にも拘わらず混んでいた。
一昔前なら、平日はガラガラだったのにな。
祝日と土曜のあいだだからだろうか。

これで、来週末からのニセコスキーの足慣らしは
無事に終わったわけで、もういつでもどんと来い! 
ってな感じ。

明日と明後日、めちゃくちゃ気温高くなるらしいから、
そのあと雪が降ってくれないと悲惨なことになる。
しっかり降ってくれよ。
わたしがニセコ人いるあいだは、
少しだけ降ってくれればいいから。
主に夜に。

左門くんがヤバイ

今日は朝からファミレスへ行って原稿書き。
もちろん月曜なので、行く前にコンビニによって
『週刊少年ジャンプ』を買います。

ファミレス到着。
朝食を注文して、早速『ジャンプ』を開く。
「左門くんはサモナー」、最近は中位安定
といった感じ(の掲載順)で嬉しい。

で読んでいくと。

「ヤツの本当に恐ろしいところは…」
「凄い危険な奴にも関わらず…」
「ちょっと面白いところだ!!」

で噴いた。
今回は、ここだけじゃなく、あちこちで笑った。
ファミレスで読んでるにも拘わらず笑ってしまった。
お店の人が料理持ってきたらどうしようかと思ったわ。
「左門くん」を迂闊に外で読むのはヤバイな、うん。
注意しよう。

ちなみに、「危険な奴にも関わらず」の場合、
「関わらず」じゃなくて「拘わらず」と書くべきだな。

あと、野球漫画、やっぱり終わったな。
なんというか、タイトルすら覚えられないうちに。

で、始まった新連載。
割と好みの絵。
設定もありがちっちゃ~ありがちだけど、
楽しい感じでいいんじゃないかな?

ところで「ソーマ」の作画担当漫画家さんが、
「ミウラ師匠」って書いてたけど、どういう関係なんだろ。
元アシ?

月曜日

月曜日。
ということで「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

来週号から新連載が二本、始まるらしい。
ただ、ここのところずっと読み切り枠があるので、
終わるのは一本だけかもしれない。
となると。
あの野球のヤツですか?

それはさておき。
新連載の予告見たけど、両方とも絵が好みかもしれない。

あと「トリガー」。
漫画のほうじゃなくアニメのほう。
やっと、ようやく、アニメのオリジナルストーリー終わった。
長かった。
こんな長いあいだ、あんなどうでもいい話を
よく引っ張ったもんだ。
最後のほうは、もうほとんど見てなかったもんな。
これでまた毎週日曜にちゃんと見られる。