プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

毎度の月曜日

「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

「ハンター☓ハンター」連載再開の告知が
しっかりカラーページに載っていたので安心した。
再開してからの数回分の原稿は上がっているのだろうな。
というものの、問題はその先。
果たして「再開」した連載が今度はどこまで続くのか。
それを考えると不安は拭えない。

読み切りの「BOZE」(ボウズ)。
なんとなくだけど、古味直志の影響を絵に……というか、
キャラの顔絵とかに感じるのは、わたしだけだろうか。
しかし、「近代的武装化を施した坊主」って、新しいなww

「サモナー」。
前回、凄いヒキで終わってたのに、
今週であっさりケリがついてしまうとは。
まぁでも、あんまり仰々しく異能力バトルとか
したら、この作品のよさが潰れてしまうだろうから、
これでいいのかもしれない。

「少年ジャンプ+」の広告ページに気になるキャッチが。
               ↓
「ジャンプ」に載せられねェよ」と上に怒られた問題作

おい、マジか!
「ジャンプ」って、「ハレンチ学園」を皮切りに
たいていの問題作を平気で載せてきた雑誌だろう?
そこに載せられないって、どんだけ問題作なんだ!?
掲載が待ち遠しいぜ。
スポンサーサイト

土曜日だけど

3連休なので、『週刊少年ジャンプ』は今日発売。
ってことで、「今週の『週刊少年ジャンプ』」ですよ。

「サモナー」!
まさかの展開。
この段階で、こんな熱い展開が始まろうとは。
と言いつつ、笑えるところはしっかり笑えるのがいい。

「落ち着かなくなったら
 手頃なネビロスを
 殴ったらいい」
「わかった…
 余はネビロスを
 なぐる…」

のやり取りで噴いた。
それにしても予想外の展開が来たなぁ。
ますますハマったわ。


それはさておき「暗殺教室」。
淡々と綺麗に終わったなぁ。
これを作者は最初から考えていたのか。
予定通りのエンディング、最終回っを描けるって
作者冥利に尽きるな。


それにしても「ニセコイ」。
どんどんとまとめに入っている気がするんだが。
一条楽が「どちら」を選ぶのかが。
あるいは選ばないという選択肢があるのか。
この先が気になって気になって気になって仕方がないぞ。

それはそれとして「ハンター☓ハンター」。
どど~んと「ついに再開」の告知でもあるのかと
思ってたけど、ほんのちょびっと触れられてた
だけだな。見逃すところだったわ。


そしていきなり話題を変えますが。
J1第4節。
磐田 2-2 福岡

ホームで福岡と引き分けは痛いが、
リードされて追いつき、またリードされて、という試合展開を思えば、
後半の後半に追いついたのはよかったと言えるのかもしれない。
4試合を終わった時点で勝ち点5。
いちおう残留ペースではあるんだけど……
相変わらず失点が多いのは不安材料だ。

月曜日

「今週の『週刊少年ジャンプ』」の前に、
週末のJ1の話題。

柏 2-2 磐田

先制して、でも逆転されて。
敗色濃厚だったところを
試合終了間際の同点弾で
なんとか引き分けに持ち込んだ。
3試合終わって勝ち点4は、まずまずの出だしか。
浦和と柏から勝ち点4取ったのは評価できるかも。
そうなると、最初の名古屋戦が勝ち点ゼロだったのが
返す返すも惜しい。
さて、次は福岡戦。
早くも裏天王山、来るww
福岡に負けるようなら残留がヤバイ。
今季を占い大一番と言ってもいい。
さて、どうなるかなぁ。


といったところで「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

祝! 「サモナー」巻頭カラー。
コミックスの1巻にも重版がかかってたし、
当分、打ち切りの心配をしなくてもよさそう。
しかし、それにしても。
ヤーさんがバカだったとは!
クズの九頭龍クンより成績が悪かったとは!
そしてブエル!
「紅殻のパンドラ」のブエルよりはマシだな(笑)。


「暗殺教室」。
いいねぇ。
あるべき最終回に向けて
淡々と、着々と、着実に進んでいる感じが。
いきなり7年間、時間が飛んで、
成長して集まったみんなの姿もいい。
次回が最終回。
打ち切りでもなく。
引き延ばした挙げ句のエンディングでもなく。
これほど楽しみな最終回は滅多にないな。
きっと美しくて切ない最終回になるんだろう。

1日遅れの

「今週の『週刊少年ジャンプ』」であります。

が、その前に。
「左門くんはサモナー」のコミックス、
2巻を買いましたよ。
待望のアンリ・マユ登場。
でも、ヤーさん回が入ってなかったので悲しい。
ま、連続刊行で来月に3巻が出るから、いいけど。

あと「ワールドトリガー」14巻も、
もちろん買った。
だがしかし。
原作のストック、もう1巻分とちょっとしかないのに、
アニメのほうは大丈夫なのか?
またアニメ原作ストーリーとかやったら、
もう見るの、止めるぞ?

さて、週刊ジャンプ。
ページをめくっていたら、いきなり代原が目に飛び込んできた。
何が落ちたんだ? と思ったら、「ブリーチ」か。
原稿落とすくらいなら、もう終わってもいいのよ?

「暗殺」、あと2回か。
綺麗に終わらせるなぁ。

「ニセコイ」、やっぱり、いろいろとまとめに
入ってる気がするんだけど?
気のせいかなぁ。

初勝利

J1第2節

浦和 1-2 磐田

磐田、J1復帰後の初勝利!
いやぁ、相手が浦和だし場所が埼スタだし、
引き分けられれば御の字だろうな~と
思っていたのですが、よく勝った!

やっぱカミンスキー選手とジェイ選手、
大したもんだわ。
アダイウトン選手も含めて、
この3人が怪我なくシーズン通して活躍してくれれば
磐田の残留は間違いない。

と思いたい。

あと、いくら2節が終わっただけとはいえ。
J1の首位が大宮とか、J2の首位が群馬とか。
順位表がえらいことになってるんですが(笑)。