プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

火曜日ですが

一日遅れの「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

まず言いたいのは。
「ハンター☓ハンター」にラムちゃんがいるぞ!
何がどうしてこうなった!?

あと「ソーマ」。
ついに北海道へやってきたんだな。
でも、新千歳空港じゃなくて函館空港へ下りたのか。
カラーページの山は駒ヶ岳なんだな?
函館から札幌に来るのか?
いずれにせよ、どこに行って、どんな食材を使うのか、
楽しみなことである。
スポンサーサイト

勝った?

あれ? 札幌、勝った?
勝ち点42ってことは、勝ったんだな。
19試合で勝ち点42。
順調に勝ち点を積んでいる。
順調すぎて恐いくらいだ。

昨日は磐田も勝ったし。
このままいけば、来年は札幌ドームで
札幌と磐田の(J1の)試合を観られそうだよ。

なんて言うのは、まだ気が早いか。


それにしてもJ1。
ファーストステージ最終戦の翌週、
もうセカンドステージが始まるって
それのどこに2ステージ制の意味があるのかと。

雨の月曜日

週の頭から雨だと気分が盛り上がりません。
もっとも、週の頭は日曜だという話もありますが。


それはさておき「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

「サモナー」巻頭カラー。
てっしーの胸、意外と大きいな。
そしてカラー裏の4コマ、笑った。
しかし、この組合せじゃ腐女子は釣れなさそうだ。
いや、意外と釣れるのか?

「ハンター」。
相変わらずネーム多いな。
読むのに時間がかかる。
三原順を思い出したわ。
好きだったなぁ、「はみだしっ子」。
今の若い人、知ってるかな、三原順。


ところで。
昨日、専門学校の体験入学ってのがあって、
それの講師を務めてきました。
生徒さんは高2、高3の作家(&漫画家)志望者3人。
やる気があって、受け答えもはきはきしてて、
なかなか楽しい授業になりました。
しかし、17、18の生徒さんを相手に講義をする機会が
あるなんてね。
人生は不思議と偶然でできている。

落ちてた

月曜日なので「今週の『週刊少年ジャンプ』」ですが。

「ワールドトリガー」落ちてやがった。
「ハンター」が休載する前に落ちるとは思わなかったww
今週号は「ワンピース」まで落ちてたが、大丈夫か、ジャンプ。

それはさておき。
「こち亀」が面白かったな。
警官エピソードじゃない回が意外に面白かったりする。
両さんがいつ警官辞めても「こち亀」は安泰だな(笑)。

あと「ハンター」。
読んでない人のためにネタバレは避けたいので
詳しくは言えないけど。
ヒソカはもう反則なんじゃないかな?

月曜日なのに

危うく『週刊少年ジャンプ』買い忘れるとこでした。
いつもは朝の7時前に買いに行くのに、
今日買ったの、午後の3時頃やったもんな。
危ない危ない。

それはさておき。
なんか『ジャンプ』、いろいろ終わりそうだよね。
「ニセコイ」とか。
「トリコ」とか。
「銀魂」とか。
実際、どうなんだろうね。
もっとも、最終章って宣言した「ブリーチ」が
いちばん終わりそうにないんだけど、まぁそれはともかく。
長期連載作品が、これだけ同時に終わりそう感を
醸し出すのも珍しい……のでは。
これらの作品が本当に終わったら、『ジャンプ』も大変だろうな。
もっとも、一度終わったのにまた始まった、「ナルト」みたいな例も
あるけども。

イタバス?

今日、札幌駅のバスターミナルで痛バスを見た。

TS3M0458.jpg
TS3M0457.jpg

普通の旅人に、このバスに乗る勇気があるだろうか。
俺にはあるぜ。
このバスに乗って新鮮な甘エビを食べに行きたいのだ。