プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

優勝!

日ハム、優勝しましたな。
おめでとうございます。

しかし、一時期はソフトバンクで100%決まり状態だったのに、
よくも逆転したものだな。
もっとも、CSに勝たないと日本シリーズ出られないんだけど。
大谷投手がいれば大丈夫か?

コンサドーレ札幌も、日ハムにあやかって
優勝(J2だけど)してもらいたいものだ。
そうすれば来年、磐田との試合をドームで見られる。
もっとも、ちゃんと磐田が残留すれば……だけど。

ともあれ、日ハム、優勝おめでとう。
そしてCS頑張れ。
広島との日本シリーズになれば面白そうだなぁ。
スポンサーサイト

あれ? 先週……

「今週の『週刊少年ジャンプ』」を書き忘れてましたか?

……まぁいいや。
書き忘れたからといって、何かが起きるわけでもないし、
何かに影響を与えるわけでもない。

とはいえ、ジャンプが出るときは書いておきたい。
ということで、「今週の『週刊少年ジャンプ』」を書きますよ。

「銀魂」アニメ化!?
まさか最終章で新作アニメが来るとは思わなんだ。
でも、あれだろ。
アニメになるのは「将軍暗殺篇」とかだろ?
もう、あの辺からマジすぎて、楽しめないんだよな。
マジなだけの「銀魂」は「銀魂」じゃないって。
ときにマジで、ときにアホで。
ときに熱く、ときにバカで。
ときに泣けて、だいたい笑えて。
それが「銀魂」ぢゃないか。
マジなだけの「銀魂」はな~、あんまり見る気がせんな~。

それはさておき「トリガー」。
休載予告が!
ヒュースが動き出してさらに面白くなりそうだったのに。
まぁ予告なしでいきなりオチてるとかじゃないだけマシだけど。

それと。
「たくあん」は、そろそろ終わりまするか?

勝てん

J1第13節

磐田 0-0 湘南

10連敗で最下位の湘南を相手に
スコアレスドローとは情け無い。

これで勝ち点は32。
名古屋が勝ったので、まだ安心できない。
今日勝っていれば、ほぼセーフだったのに。

点を取れば、取った以上に取られる。
珍しく完封すれば、自分たちも完封される。
これ、典型的な落ちるチームのハマりパターンだけど。
よくもまぁ13位に留まっていられるな。

で、次節は……新潟かよ。
次に勝たんと、洒落にならんぞ。

土曜日だけど

3連休なので、『ジャンプ』は今日発売。
ということで、「今週の『週刊少年ジャンプ』」。

とうとう終わりましたな、「こち亀」。
最終回っぽくない賑やかな終わり方でしたが、
それが「こち亀」らしいと言えば、らしい。

だがしかし、それにしても。
もう次回作の予告が載るとは。
しかも四誌で四作品!
どんだけ仕事してるんだ、秋本氏は。
まぁ40年間で一度も連載を落とさなかった超人だからなぁ。


それはさておきJ2。
札幌の昇格カウントダウンが始まった感じだな。
明日の試合で勝てば、もう8割方大丈夫だろう。
あとは、どこで決まるかだな。
決まりそうな試合を狙って、チケット買ってみるか?

そしてJ1では、磐田。
こっちはなかなか安心できんな。
あと2勝……いや、1勝2分けでも安全圏なんだがなぁ。

火曜日だけど

1日遅れで「今週の『週刊少年ジャンプ』」を書きますよ。
でも、その前に。

「フェアリーズストーリー3」のオープニング、凄いなww
歌まで入っているとは驚いた。
本編よりも力が入ってなかったか?www

などと「ニューゲーム」を見てない人には
さっぱりわからないネタを振っておいて、
『ジャンプ』でもゲームネタに触れるわけですが。

「TO」(テシガワラ・オンライン」やってみてぇ(笑)。

しかし「こち亀」は今週も通常営業だったな。
っていうか、ハシラのネーム!

「こち亀」の勢いは次週に向けて、更に増していきますよ!!

って、どういうこと?
勢いを増すような漫画じゃないでしょ?
そもそも、次号、最終回だよね?

「次号、いよいよ最終回!」っていうアオリなら
わかるけど。

まぁ、そんなこんなで次号は最終回。
両さん最後の活躍を目に焼き付けておこう。

あ、でも、次は3連休だから土曜日発売なんだよな。
間違えないようにしないと。

水曜だけど

二日遅れの「今週の『週刊少年ジャンプ』」。
でもその前に。

これ、たまたま通りかかった体育館的な施設に
掲出されてりたんだけど。

TS3M0474 リサイズ

逮捕術!
警察は「逮捕術」の競技会なんかやってるわけ?
見てみたい……けど、一般人が見られるものなのかしらね。

それはともかく『ジャンプ』。

「約束のネバーランド」。
そう来たか。
しかし。しかしだよ。
この設定は、壮大な物語が語られるべき設定。
それなのに、いつまで孤児院での話が続くのか。
閉じた箱庭の中の話に終始しないで、
いい加減、外の世界を見せてほしい。
外の世界で鬼たちとの戦い(駆け引き)を見せてほしい。

あと「こち亀」。
40年続いた連載が、あと三回で終わるのに、
なんだこの通常営業っぷりはww

そうそう、作者の秋本治さんの思い出話。

むか~し昔、わたしがまだ舞阪洸になる前、
ただの編集者だった頃の話。
高千穂遙さん主催のバイクツーリングに
参加したことがあるんだけど、
秋本さんも参加されてたんだよね。
乗っていたバイクがドゥカティだった。
ドイツとかじゃなく、イタリアンバイク。
お洒落な方だなぁと感心した記憶がある。

そういえば、あのとき、どこへ行ったんだっけ。
富士五湖だっけ。軽井沢だっけ。蓼科~霧ヶ峰だっけ。
よく覚えていない……。

台風

今朝、近所のコンビニに行ったら『週刊少年ジャンプ』が見当たらず。
店員さんに訊いたら、
「台風の影響で遅れている。いつ入るかわからない」
と言われた。

なんてこったい。
念のため、夕方、近所の本屋へ行った。
やはり『ジャンプ』は見当たらず。
店員さんに訊いたら、
「たぶん水曜日になる」
と言われた。
なんてこったい。

仕方がないので「今週の『週刊少年ジャンプ』」は
水曜日に。

だが、その前に、この話題に触れておかねばならないだろう。

「こち亀」が終わる。

週末にネットで記事を読んで仰天したんだが。
だって、「こち亀」だけは、終わるイメージが
これっぽっちも浮かばなかったからね。
秋本さんが描ける限り、ず~~~~っと
続いていくものだと勝手に思ってた。

しかし、そうか、終わるのか。
40年。40年なぁ。
おまけに、連載中、一回も落としたことないとか。
凄いとしか言いようがない。

作者の秋本さんについては個人的な思い出があるのだが、
それについては水曜日にでも。

上がった! けど

K社の原稿が上がった!
担当さんに送って、無事に作業、終了。
タイトルも正式に決まり。
カバーイラストも上がってきて。
すっごい開放感に浸って……いるはずだったのに、
入れ替わりにファンタジア文庫の新作のゲラが
届きやがった。

まるでタイミングを計ったかのような届きっぷりww
でも、原稿を書いてるあいだに届いても見られないから、
開放感には浸れないけど、これはこれでよかった。

ゲラを読み終わったら、改めて開放感に浸ることにする。

ところで、そのファンタジア文庫の新作ですが。
もうタイトルは出てるので、ここでもお知らせします。

「東京廃区の戦女三師団」

これで「とうきょうはいくのトリスケリオン」と読みます。

さて、なんと略せばいいかしらね。

……トリオン?(笑)

イラストレーターさんのお名前はまだ出せませんが、
その界隈(どの界隈?)では、みんな知ってる有名な方ですよ?