プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

「めんつゆひとり飯」

「めんつゆひとり飯」(瀬戸口みづき/竹書房)

瀬戸口みづきの新作が発売になると知ったとき、
「新作描いてる暇があったら『ローカル女子』描いてよ」
って思ったんだが。

新作は新作で面白かった。
なので、こちらもシリーズ物として
この後も続けていってほしいと思った。

ファンって勝手だなww

この作者の漫画の何がいいって、
どの主人公(ヒロイン)も男に媚びないキャラであること。
そしてマイペースで、自分なりのポリシーを持って
前向きに生きていること。かな。
読んでて、つい応援したくなる。

あと、ツッコミの内容とかタイミングとか、
なかなか見事で、そこが笑えるところ。

ってことで、面堂ちゃん、頑張れ。
大丈夫だ、めんつゆでそれだけの
料理レパートリー切り開いたなら、
きっと人生も切り開いていけるww
スポンサーサイト



「るろうに剣心・北海道編」

「ろうろうに剣心・北海道編 一」(和月伸宏/ジャンプコミックス・集英社)

いやぁ、好きなんですよ、「るろ剣」。
コミックスは全巻揃えて、今も持ってます。

でも、好きだからこそ、ファンだからこそ、
続編のデキが気になっていたんですけどね。

で、読んでみたら。
懸念は払拭されました。
しっかり「るろ剣」じゃないか。
最初のシリーズのちゃんとした続きだし。
あのキャラもあのキャラも出てくるし。
そして舞台は北海道だし。
まぁ、実際に北海道が舞台になるのは
2巻以降のようですが。

「ゴールデンカムイ」のアニメの二期が10月からだっけ?
この「るろ剣・北海道編」と併せて楽しみたいと思う。

ゲラが届いた

編集部からゲラが届いた。
ゲラを見ると、個人的には、あぁ元に戻ったなぁ、と思う。
とはいえ、予定より配送が遅くなったりとか、
スーパーに牛乳が並んでいないとか、
節電で地下鉄が間引かれてるとか、
まだ影響はあちこちに残っているんですがね。

北海道各地の観光地では宿泊客の
大量キャンセルで大変らしい。
影響が残っているどころか、死活問題だ。
電力需給だけでも早く改善されるといいのだが。


ようやく復旧

停電の復旧まで、長かったぁ。

なんて思ったけど、冷静に考えると
丸二日もかかっていないんだよな。
でも、感覚的には一週間くらい
電気のない生活をしていたような。
マンションだと、電気が止まるとポンプが止まるので、
自動的に水も止まる。
通じているのはガスだけになるから、
ホントに不便で不便で。

近所のコンビニは、棚から商品が消えるどころか、
営業すらしてないし。

夜になると、手回し式懐中電灯で部屋を照らし、
電池の残りを気にしながらタブレットで
NHKニュースを見ることしかできずないからね。

昔の人が、夜になったら寝て、日の出と共に起きる
なんて生活をしていたのが、よ~く理解できました。
ホント、寝るしかないのよ、もう。
夜になっても部屋が明るいって、なんて素晴らしい。

まぁ、電気は戻ってもコンビニやスーパーの棚に
商品が戻ってこないと通常運転とはいかないんですが、
電気(と水道)が戻って、とりあえず不便だけは解消されました。
やれやれだわ。

今週の

「今週の『週刊少年ジャンプ』」を書きますが。
久しぶり……かも?

さて「アクタージュ」。
コミックスに、また重版かかったらしいし。
雑誌の掲載も安泰の位置だし。
しばらくはなんの心配もないな。

というのはさておき。
いきなり千世子登場
まさか阿良也編で千世子が再登場するとは
思ってなかった。
ちょっと驚くと同時に、楽しくなりそうな予感。
早く来週号が読みたいわ。
俺的「今いちばん次が読みたい漫画」だけのことはある。

そして将棋のヤツ。
終わっちゃったか。
まぁ、そうなんだろうなとは思ってたけど。
将棋の面白さを伝えるって難しいよね。
って、これはべつに将棋に限らないんだけど。

それにしても「銀魂」。
最終回まであと3回……らしいんだけど、
こんな調子でいいのか?
まぁ、銀魂らしいっちゃらしいんだけど。

「銀河の死なない子供たちへ」(上・下)

「銀河の死なない子供たちへ 上・下」(施川ユウキ・電撃コミックス/KADOKAWA)

最初に言っておくと、作者は「バーナード嬢曰く。」の人。

すごくSFだった。
そして、思っていた以上に重かった。
最後、泣きそうになった。
年を取らない、永遠の命を生きる子供の話、
といえば、すぐに思い出すのは「ポーの一族」だけど、
本作は、すでに人間がいない世界の話だけに、
その永遠性は、直にこちらの胸に刺さってきて、
遙かに痛い。

ラストに関しては、もっといい方法があったんじゃ?
と思わないでもないが。
例えば、三人で地球を出て、まずは植民惑星Aに行って、
そこに母親を残して、今度は二人で別の植民惑星Bを目指す、とか。
それなら二人とも人間になれるし、
母親を孤独の中に置き去りにすることもないでしょ?

でも、まぁ、それをやったら、ここまでの余韻は出せないよなぁ。

大敗

J1第25節

磐田 1-6 名古屋

大敗というか惨敗というか。
ホームで、これはイカンでしょ。

しかし、名古屋。
ついこのあいだまで最下位をひた走っていたのに。
それが今や7連勝で、向かうところ敵なし状態。
どこをどう弄れば、これほど劇的に変わるのか。

いや、そうだな、夏の補強が大成功だった、
ということなんだろうな。
しかし、いい選手を取ればそれだけで、
即、チーム力が上向くというものでもない。
ましてや補強だけで7連勝もできるはずがない。
風間監督が、チームにそれだけの土台を作っていた……
ということなのかな。

そして心配なのは磐田だ。
6失点て。
大丈夫か。
いつもの年なら25節で勝ち点32なら安心と
したものだが、今年は下位チームもけっこう
勝ち点稼いでるから、まだ安心はできないんだよなぁ。
早く40台に乗せてほしい。

いっぽう、札幌は3連勝で4位キープ。
ACLさえ視野に入れる大健闘っぷり。
ペトロヴィッチ監督招聘という賭に勝った感じ。
いまのところは、だけど。
やるなぁ、野々村社長。