プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

2周年

2年前の今日、11月16日に札幌へ入った。

所沢の自宅を引き払ったのは15日で、
札幌の新しい自宅に荷物を運び込んだのは17日。
3日かけての引っ越しだった。
だからまぁ、16日は自分の身一つで札幌に来たわけで、
この日を移住した日と言ってしまうのも微妙なんだけど、
まぁ区切りの日ってことで、今日で2周年。

新千歳までの飛行機の片道の搭乗券に
凄い違和感を感じたものだっけ。
あれからもう2年か。
早いものだね。あっという間だったな。


当時は勢いだけで転居しちゃったけど、
あとから考えると、わたしの(残りの)人生を
左右するような大きな決断だったよな。

そして、2年経った今から振り返ると、
あの決断は間違っていなかったと、
自信を持って言い切ることができる。

ホント、いいところですよ、札幌。



スポンサーサイト

Comment

No title

私も2、3ヶ月前に引越しをしたんですが
実家から車で1時間くらいの場所に引っ越すだけで
かなりの労力が必要になりました。

飛行機で行く距離を引っ越すとか
大変なんだろうなぁと思っていましたが
ブログを拝見してると
明らかに元気になられてますもんねw

よっぽどいいところなのでしょうし
先生に合っているのでしょうね。
私もそんな場所を見つけられればと思うのですが・・・

Re: No title

> 実家から車で1時間くらいの場所に引っ越すだけで
> かなりの労力が必要になりました。

やっぱり引っ越しってエネルギー使いますよね。
だからわたしも、十数年に亘って所沢に住んだまま
動こうとしなかったのですが。


> 飛行機で行く距離を引っ越すとか
> 大変なんだろうなぁと思っていましたが

今回は様々な要因が絡み合っての結果でした。
ちょうど今しかないというタイミングだったとか、
考え始めたら勢いがついて止まらなくなったりとか。
こういうのもきっと何かの縁なんでしょうね。


> よっぽどいいところなのでしょうし

札幌には、昔、何度も仕事で来ていて、そのよさをある程度知っていた
というのも、引っ越すための大きなモチベーションになりましたね。
当時は会社勤めしてましたから、いずれ退職したら札幌に住みたいと
思ったものです。
その後、人生設計は大きく変わってしまいましたが、
とりあえず、あの頃の望みは叶えたかな、みたいな。
非公開コメント