プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~10巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

吹雪

吹雪、吹雪、氷の世界♪

そんな井上陽水の歌を口ずさみたくなるほど、
札幌は吹雪いてます。

百メートルほど先にあるマンションが、
黒いシルエットでぼんやりと浮かび上がる。
その程度の視界しかありません。
めっちゃ風も強いし、こんな日は外に出たくない。
というか、出ませんが。
会社勤めでなくてよかったと思える一日です。

こんな日でも会社に行かなくてはならない勤め人は
大変だな~、偉いな~、とも思います。

わたしも昔は勤め人だったけど、
雪の中の通勤なんて、年に一度、
あるかないかだったものね~。


今は外で雪が降ろうと風が吹こうと、
家の中でひたすら原稿を書くだけです。



スポンサーサイト

Comment

確かに吹雪…。

今日は本当に映画とかの吹雪のシーンみたいな降り方でしたね。札幌はまだ吹雪いただけでしたが胆振地方では停電したりして大変だったみたいですね。吹雪の時に暖かい部屋にこもれるのはとってもありがたいものですが、食料が尽きたりしないように準備を怠りないようにしましょう。と書いていてなんだか熊やリスの冬眠みたいに思えてきた…。

寄せ鍋が恋しい季節

吹雪とかは体験した事無い私ですが、東北出身の同僚に話を聞く限りでは、
東北では下手したら簡単に凍死しちゃうぐらいのすごい吹雪が、冬になったら普通に街中でも起きたりすると聞いてビックリした事があります…(笑

家から出ずに仕事って言うのは、一種の理想系な気がしますねー。今日もからっ風が吹く中の出勤だったので寒さが身に染みます…
まぁ札幌に比べると、こちらは全然寒い内に入らないレベルかも知れませんけどね(;´д`)

Re: 確かに吹雪…。

> 札幌はまだ吹雪いただけでしたが胆振地方では停電したりして大変だったみたいですね。

停電になると恐いというのが改めてわかりましたわ。
ウチの暖房、灯油FFだけど、電気が止まったら
暖房器が動かないから使えない……。
やはり、昔ながらの石油ストーブを一つ
持っておくべきだろうか、と思いました。

Re: 寄せ鍋が恋しい季節

> 東北では下手したら簡単に凍死しちゃうぐらいのすごい吹雪が、冬になったら普通に街中でも起きたりすると聞いてビックリした事があります…(笑

札幌の場合、街中ではないでしょうけど、
ちょっと郊外に行けばあるかも。
あと、千歳辺りでも真冬には氷点下20度近くまで下がるので、
なんの用意もなく外にいたら凍死する危険が……。


>
> 家から出ずに仕事って言うのは、一種の理想系な気がしますねー。今日もからっ風が吹く中の出勤だったので寒さが身に染みます…
> まぁ札幌に比べると、こちらは全然寒い内に入らないレベルかも知れませんけどね(;´д`)
非公開コメント