プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

混乱気味

当初、短編集として出る予定だったシリーズ最終巻
=「ガブリエラ戦記 終劇 ――白兎の大団円」の原稿に
担当さんからOKが出ました。
あ~、やれやれ、肩の荷が下りた気がする。
と同時に、やりきったという充実感も。

この最終巻は、本当に一期、二期と18冊続いた
白兎シリーズのラストを飾るに相応しいモノになった、
そんな気がしてます。

にしても、18冊か。
よくここまで続いたものだなぁ。

とか思ってると、今日の午前中に
「ガブリエラ戦記」6巻のゲラが届いた。

終劇の原稿を仕上げてを編集部に入稿。
続いてナーガ3巻の原稿を書き始めた。
ガブ戦6巻のゲラが届く。

なんだか混乱しそうだ(笑)。
いつもはここまで立て込まないんだけど、
今回は「終劇」がもしかすると2月発売になりかも?
ってことで、早めに入稿したから、一時期に重なった。
さらに、6巻の本文用地図のラフ作りとか、あとがきとか、
終劇の人気投票コメントとかあって、わけわかんない
状況になりそう。
来週には忘年会もあるしね(それは「仕事とは関係ない)。



スポンサーサイト

Comment

あわわ(汗

最終巻を入稿したと思ったら1個前のゲラが届いた。何を言ってるのか分からねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…頭がどうにか(略

普通に考えたらこんな状況ですよね。最終巻を入稿したのに1個前の本編ラスト巻のゲラが来るなんて(笑

それにしても舞阪さんの様に、いくつかの出版社で同時に作品を出してる作者さんは本当に尊敬の限りですねー。
こっちの作品ばかり書くと、あっちの作品のファンからは文句が出るしとか。交互に違う作品を書いてたら、色々混じっちゃいそうで私じゃ絶対無理そうですし。

Re: あわわ(汗

> 最終巻を入稿したと思ったら1個前のゲラが届いた。何を言ってるのか分からねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…頭がどうにか(略
>
> 普通に考えたらこんな状況ですよね。最終巻を入稿したのに1個前の本編ラスト巻のゲラが来るなんて(笑

Bの原稿を書きながらAのゲラを読む、
というのはいつものことなんですが、
今回はそれにCの原稿が絡んでいるのでややこしい。
ちょっと混乱します。
まぁ、今回は特殊ケースなので。
毎回これだと頭が追いつかないかも。
これが普通にできるようになると
年に12冊くらい書けます(笑)。
わたしには逆立ちしても無理ですけども。
非公開コメント