プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

開幕

ついに始まっちゃいましたよ。
Jリーグが。

シーズンオフは週に7日働けたんですが、
これで週に6日しか働けない体になりました。
なんじゃ、そりゃ。
いやもう、土曜日の午後は原稿どころじゃないって感じで。

まぁ、仕方がないよね?


それはさておき。
我が磐田の開幕戦はアウェイでの名古屋戦。
結果は1-1の引き分け。
よくもないが、悪くもないってところか。

そして、噂の前田選手のシーズンファーストゴールはお預け。

なんのことかと言うと、前田選手がシーズン最初の得点を上げた
相手チームは、6年続けてJ2に降格しているという、
ちょっと信じられないようなジンクスがあるのです。
何しろ昨シーズンは、優勝候補のあのG大坂でさえも、
前田選手のファーストゴールジンクスに沈んだという……。

となると、二戦目に期待するわけですが。
次の相手は……大宮か!

落ちない大宮VS.落とす前田。

この対決は見物だわ。
スポンサーサイト

Comment

No title

今日は用事があって豊田方面へ行く電車に乗ったのですが
お客さんが赤一色でしたw

祝☆デビュー!?

なんと白兎騎士団人気投票のコメントが採用されちゃいました~。

ヴィネダについて熱く語っちゃっているアラサー男子のです。
5票中の1枠に滑り込んじゃって、眼にしたときは時が止まっちゃってましたね。

しかし、その真下のヨーコの欄ではもっとビックリしちゃいました。
年齢が一桁ですよ!? 奥さん!!
しかも感想がこれはこれは立派で、舞阪読者の次世代は着実に育っているのだと実感し安心しました。

それとは反対に、同年代や諸先輩方もそれぞれ見受けられていてファン層の広さにニヤニヤしちゃいました。

これで念願だったファミ通文庫……しかも白兎シリーズ最終巻に掲載が叶いました!!
ありがとうございますありがとうございます~。
まさか、えんため大賞に投稿を検討していたけど、それ以前に原稿を書き始める前の段階だったので感無量であります。

「わが生涯に一片の悔いなし!!」

このまま人生を引退をしたほうがいいと思ったのですが、新作2作品準備中ということで撤回をいたします~。
んで、その白兎の次のタイトルが、

『夜姫と亡国の六姫士』

最初の感想が、
「あれっ!? 今回は人数が少なくなくない!?」
というものでした。
なんたって、婚約者が16人もいるラブコメファンタジーを書かれてる舞阪劇場ですからね。

通常だと無難な数なんでしょうねー。


そして、やっとJ開幕しましたねぇ。
浦和が近年まれに見る大型補強を敢行し、欧州トップリーグでも充分やってけるんじゃないかとワクワクさせられてますね。

わが名古屋グランパスは、熱狂サポーター(ときにヤンデレ化)舞阪さん擁するジュビロ磐田が初戦。
新戦力のヤキモフスキーの高速クロスからの矢野の高い打点でのヘッドは、新たな武器になったと心強かったです~。

対して大型新人でベルギーに移籍した永井の後輩である牟田(むた)は、序盤からガチガチで観ていてハラハラしていました。
案の定、そこを狙われたり味方へのパスも相手にプレゼントしちゃったりで散々な先発デビュー戦でしたね……。

それでも闘莉王が率先してパスを与えているのを眺めていて、獅子がわが子を谷から落としてるような錯覚に陥りました。
あれは失敗を恐れるな、というある種の親心のたまものなんでしょうね~。
結局、途中交代されるまで失点はしなかったですし。
そこから3→4バックに変更してからバイタルエリアがガラ空きになって、そこを突かれちゃいましたね。

試合自体は、オウンゴールとポスト様にお助けされて勝ち点1をゲット。
正直、完全に負け試合だったので、この結果はできすぎですね。
来週はアウェーでの浦和戦で、めっちゃ楽しみであります。


久しぶりの投稿で書き込みすぎちゃいました……。
でもまだナーガとミズギーズの感想がありますが、次の機会に自重しておきます。

Re: No title

> 今日は用事があって豊田方面へ行く電車に乗ったのですが
> お客さんが赤一色でしたw

でしたか。
TV見る限り、磐田サポもけっこういたような気がするんですが、
磐田、浜松辺りからだと、車で行く人が多いんですかね。

Re: 祝☆デビュー!?

> なんと白兎騎士団人気投票のコメントが採用されちゃいました~。

おお、それは!


> ヴィネダについて熱く語っちゃっているアラサー男子のです。
> 5票中の1枠に滑り込んじゃって、眼にしたときは時が止まっちゃってましたね。

採用、おめでとうございます。
選んだのは編集さんなので、その熱さが目を引いたのでしょう。


> しかし、その真下のヨーコの欄ではもっとビックリしちゃいました。
> 年齢が一桁ですよ!? 奥さん!!

え? 一桁!?
それは気がついていなかった。
いやでも……小学生でも読めるのかな?
ってうか、読んでいいのかな(笑)。


> えんため大賞に投稿を検討していたけど

おお?
ぜひ1作ものにして投稿しちゃってください。


> 『夜姫と亡国の六姫士』
>
> 最初の感想が、
> 「あれっ!? 今回は人数が少なくなくない!?」
> というものでした。

人数は少ないですが、中身は濃いです。
中身はというか、エロスが?(笑)。


> 来週はアウェーでの浦和戦で、めっちゃ楽しみであります。

闘莉王選手のケガが気になるところですが。
去年の浦和戦も、一試合ケガで出られなかったはずだし。
古巣との対戦は見たいところなんですけどね。
非公開コメント