プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

あんなこと書いた途端

昨日、あんなことを書いたばかりだというのに。
今日の札幌は氷点下5度近くまで冷え込み、
溶けた雪が凍って、道路がツルンツルンのカチンカチンに。

そんな中、朝早くから車にノーパソ積んで
近くのファミレスまで行きました。

いやぁ、運転にはかなり神経使いましたわ。
朝の6時過ぎといえば、一日でいちばん気温が下がる頃。
スケートリンクの上を走ってるような気分。
とはいえ、最近はスタッドレスタイヤの性能が上がってますから、
無茶なことしなければ走れてしまいますけどね。
スポンサーサイト

Comment

温度差酷すぎ

本当に今週の札幌ははプラス4~7℃の日とマイナス5~7℃の日が交互にやってくるようなとんでもない天気ですね。三寒四温などと牧歌的なことは言ってられません。しかも自分は先週末から最高気温21℃の和歌山市に行ってたわけで…。向こうでは最初は初夏用の薄手の長袖シャツでしたが歩いていると汗が噴き出てきました。コンサートの帰りは上半身は半袖ツアーTシャツだけで歩いていましたが全く寒くありませんでした。それが北海道に帰ってきたとたん吹雪でマイナス7℃の粉雪混じりの風を吹き付けられる羽目になりました。

Re: 温度差酷すぎ

> 三寒四温などと牧歌的なことは言ってられません。

寒と温の差が大きすぎますからね。
というか、まだ平年より気温が低い日が多いし。
いい加減、暖かくなってほしいものです。
まぁ、夏日になったと思ったら、直ぐに冬の気温に逆戻り
なんていう東京などよりはずいぶんとマシなんでしょうけど。
非公開コメント