プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

転落

降格圏脱出どころか、湘南が勝ったため、17位に転落。


J1第11節  磐田 0-1 柏


点を取れば守れない。守れば点が取れない。
ここ最近は降格するチームの典型的な試合が続く。

うん、これはもうダメかもね?
そろそろ覚悟を決めるべき?

よし、覚悟した。
来シーズンは札幌ドームで磐田の試合を見るよ。
厚別かもしれないけど……。
スポンサーサイト

Comment

戦略転換

J2落ちても悪いことばかりではないと思われます。
近年上位につけている広島・柏・鳥栖などは、財政面での弱さから若手を積極的に登用してぶっちぎりで昇格を決めてますし。

そのままJ1でも結果を出せれてますし。前の2チームは初優勝決めてそのままクラブW杯で世界の強豪に堂々と挑んでますしね。

ウチの名古屋も戦力は2チーム分ぐらい創れるほどを有してますが、3年前に優勝して以来ここ最近はてんでダメですね。

ベテランが多すぎて超高齢化が進みすぎてます。

なので降格しちゃって思い切って放出しまくってベンチにも入れてない新人などを登用する絶好の機会じゃないかと。

今年から23歳以下のレンタル移籍が完全にシーズンを通して自由になったので、それも積極的に採り入れていきたいところですね。

2軍戦に相当するサテライトリーグが数年前に廃止されちゃったので、全然実戦の場がないのですよね。

最近は、東南アジアなどでも業務提携してるしそちらで武者修行するのもアリじゃないかと。
交換留学みたいに国家間の行き来を活発化させて、その流れでアジア全体のレベルが上がっていけば世界で闘っていく土壌も育まれてきますし。

そうなれば、さらにヨーロッパを主戦場にしている一流有名選手にも興味を持ってもらえるのではないかと。
香川や長友が巣立ってたぶん、
彼らに匹敵するような若手有望株がJリーグに来てくれれば、懸念されている空洞化も解消されるのではと妄想してます。


「舞阪ちゃんの一日」は微笑みながら読んでました。
どういう風な流れで原稿執筆と息抜きをしているのかがバッチリ知れて満足です。
なんかファン度が増してくると、その作家さんの生態も気になってくるんですよね。

病院での検査報告などは非常に参考になりますね。
いつまでも若くないですし、両親も色々不具合が出てきてますし。

個人的には、夜に暗闇での視力が弱まってきてます。
なので電気の光度が必然的に上がってますね。
外出するときも街灯のありがたさが身にしみます。

こども時代は田舎暮らしで、ベッドタウン周辺は宵闇に包まれっぱなしでした。
そんな環境で神社の前とか通ると、妙にほの明るくて鬼火や人魂を連想しちゃうぐらいの肝試しみたいな感じでした。

最近は、民家で近寄るとセンサーが働いて明かりがつく仕組みに助けられてます。
急にパッと照らされると驚嘆しまくりですけども。

あとは噛む力も弱体化してますね。
ご飯とか水を少なめで堅いのが好きだったんですけど、今では玄米を瑞々しくなるように炊いてます。

もち米なんかはさらに良いですね。

食が通り過ぎちゃって、たまにノドにつかえそうになりますけど……。

Re: 戦略転換

> J2落ちても悪いことばかりではないと思われます。
> 近年上位につけている広島・柏・鳥栖などは、財政面での弱さから若手を積極的に登用してぶっちぎりで昇格を決めてますし。

長期的なチーム戦略があるところはいいんですが。
磐田のフロントに、そんな長期的な視点、戦略があるとは
思えないのが、困ったもので……。


> 「舞阪ちゃんの一日」は微笑みながら読んでました。
> どういう風な流れで原稿執筆と息抜きをしているのかがバッチリ知れて満足です。
> なんかファン度が増してくると、その作家さんの生態も気になってくるんですよね。

あまり舞台裏を明かすのも興ざめになるかもしれないので、
やりすぎないよう注意しないと、とは思いますが。
まぁでも、わたしだって好きな作家や漫画家がどういうふうに
仕事してるのかとか、興味ありますしね。
非公開コメント