プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

平穏な

「夜姫」2巻の一稿を送ったので、返事が来るまで少し余裕ができた。
こういうときに限って著者校ゲラが出たりするんだけど、
今回はナシ。
「ナーガ4」の著者校はもう終わってるし。
っていうか、このあいだ校了したし。
「ロムニア」1巻用の地図作りがあるけど、
それ以外はとくに何もない。
なので、本を読んだり、録り溜めたアニメを消化したり、
という平穏な週末となった。

でもな。
磐田がまた負けたんで、心の平穏が乱されたよ。
そろそろ、来年、札幌ドームへお迎えする覚悟を
決めたほうがいいのだろうか。
スポンサーサイト

Comment

No title

「夜姫1」拝読しました。
今回の軍略は、結構大仕掛けで楽しかったです。
ストーリーも最後のどんでん返しは予想ができませんでした。1巻目からこういうストーリー展開というのは初めてで、かなり衝撃を受けました。後から考えれば、本の帯までもが伏線だったんですね。
全体的に無駄がなく、隙もない、とても読みごたえがありました。
ファミ通文庫は、少し趣味にあわないと思い敬遠してきましたが、これを機に考え直します。

最後に、このストーリー、主人公が誰なのか、今でも全く分かりません。それが、また、面白くも感じています。

2巻も楽しみに待っています。

Re: No title

> ストーリーも最後のどんでん返しは予想ができませんでした。1巻目からこういうストーリー展開というのは初めてで、かなり衝撃を受けました。後から考えれば、本の帯までもが伏線だったんですね。

そうなのです。あの帯のキャッチは担当さんの力作ですが、
わたしも、見たときに「おお!」と思いました。


> ファミ通文庫は、少し趣味にあわないと思い敬遠してきましたが、これを機に考え直します。

ええ、ぜひ(笑)。


> このストーリー、主人公が誰なのか

詳しく書くとネタバレになってしまうので書けませんが、
その辺(誰が主人公?)というのも、狙いの一つだったりします。
非公開コメント