プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

打ち合わせ

東京から某編集部の新担当、旧担当、両氏揃って札幌に来るというので
今日は打ち合わせ&引き継ぎ。

っても、わたしのためだけで札幌まで来るわけもなく、
あと何件か、こちらで打ち合わせとかあるみたい。

ラノベ作家に限らず、漫画家さんとかイラストレーターさんとか、
けっこういるみたいだものね、札幌に。


ということで、今日は駅まで出ていきます。
晴れていて暖かいので、ラッキー。
っても、気温は13度くらいだけど。
これで「うおっ、今日は暖け~~」って思えるんだから、
わたしの体は、もう完全に札幌仕様になってますネ。

スポンサーサイト

Comment

ガブリエラ戦記外伝短編

そういえば、FBol3月号の短編読みました!
ミステリー風味で、読者への挑戦状もあり、この手の作品にはただほどではない意欲があるボクにはたまらない内容でした!!

犯人とトリックは見破っておりました。
あと、おびき出す作戦も。
だてに、御手洗学園シリーズや国立探偵乱子シリーズ、壊し屋翔子の事件手帖で鍛えられてませんよ!!
あちらは、まんまとミスリードに乗せられてしまいました。
やはり本家は一筋縄ではいきませんね・・・。

話は戻って、各ページに散らばっている謎の手がかりである伏線は見落としていたのもありました。
「あ、こんなところに、こんなあからさまに書いてあったなんて! くっそ、やられた~!!」
と、打ちのめされた気分です。

さすが舞阪さんは重度のミステリ読みだけあって、凝りに凝ってますし、読者をあざむく方法もいろいろご存知ですね!
また、機会があれば今度は長編や巨編に挑戦してもらいたいです!!
けれども、こればっかりはまず第一に企画が通らないといけないと聞きました。

気長に待っておりますので、いずれは・・・と祈っております。
西尾維新さん(ぼくも大ファンです! 舞阪さんと並ぶぐらいに追っかけをしております!!)を輩出した講談社ノベルスなんかが面白いかな、と。
アンケート関係(好きな作家を答える設問)で推しまくります!!

Re: ガブリエラ戦記外伝短編

> そういえば、FBol3月号の短編読みました!
> 犯人とトリックは見破っておりました。

あ、見破られましたか。
さすがです。



> また、機会があれば今度は長編や巨編に挑戦してもらいたいです!!

ラノベでミステリものは難しいですね。企画を通すのが。
でも、似鳥鶏さんの一連のシリーズみたいな良質の学園ミステリもあるんだから、
ラノベ側でも、もっと書く人が出てきてほしいんですけどね~。



> 西尾維新さん(ぼくも大ファンです! 舞阪さんと並ぶぐらいに追っかけをしております!!)

光栄です。っていうかか、併記されるのは恐れ多いですね(笑)。
あの人の執筆の早さは、マジで神レベルかと。
非公開コメント