プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

追加のCT検査

本日、追加のCT検査(造影剤入り)をしてきた。
その結果はというと。

異状は見当たらなかった。


じつは高値が出ていたのが腫瘍マーカーの一つで、
膵臓や胆嚢(胆管)などに癌細胞ができると上がる
という項目で、しかも、そうとうな高値だったから、
かなりビビっていたのである。

が、それにしてはおかしいこともあって。
昨年の8月に行ったPET/CT癌検診でも
血液検査をしていたのだが、そのときは
まったくノーマルの値だった。
8カ月でここまで数値が跳ね上がるというのも
何かおかしな話で。
しかも、人間ドックのCTもエコー検査でも
なにも引っかかっていない。

なので、癌や悪性腫瘍ではないのではないか?
という希望を胸に抱いて病院へ行ったわけだが。
そのとおり、何も見つからなかった。
異状がこれっぽっちも見えなかったので
医者も首を捻っていたよ。


とはいえ、数値が悪いのは間違いないわけで、
安心はできない、油断はならない。

念のため、今度は腹部のエコー検査をする。
この後も定期的に検査をして様子を見る
……という方向になると思う。

入院やら手術やらが必要にならなかったのは助かったが。
今年はどうにも医療費控除が真価を発揮しそうだなぁ。
スポンサーサイト

Comment

No title

一安心ですね・・・

しかし、まだ油断はできないとのこと。
新しいシリーズも始められますし
どうぞご自愛なさってください。

Re: No title

> 新しいシリーズも始められますし
> どうぞご自愛なさってください。

ありがとうございます。
わざわざ、ありがとうございます(笑)。
様子を見ながら頑張っていきます。
ブログ、楽しみにしてます。
非公開コメント