プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~10巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

振り返る(06)

「名古屋の写真なんかを載せて少し旅のことを振り返ってみよう」その6

その前に。
「ナーガ5」の1稿目が上がったかも……しれない……。


それはさておき。
名古屋三日目。
この日の夕方には東京へ移動してしまうので、
今日が最終日。
昨日の昼と同様の快晴で、昨日のような強風が
吹いていないという絶好のコンディション。

いちおう名古屋城へ行く予定なのだが、
その前に名古屋名物「モーニング」を食べに行こうと
白鳥先生の案内でリヨンという喫茶店へ。

ここのモーニングは、そんじょそこらのモーニングとは
一線を画す、モーニングの中のモーニング。
あるいはキング オブ モーニング。

どこがどう違うかというと。
写真をご覧ください。

TS3M0282.jpg
なんと一日中モーニングサービスをやっているのだ。
朝に限らず。昼でも。夕方でも。夜でも。モーニング付き。
って、それもうモーニングと違うやん!


モーニングも、ただのオマケと思うと大間違い。
見よ、この勇姿。
TS3M0283.jpg
ちゃんとしたホットサンドが付いてくる。
モーニング要らんから、その分コーヒー安くして。
などとは決して言ってはいけないのです。


さて、モーニングを堪能した我々は名古屋城へ向かいます。
それにしても。
岐阜城→犬山城→名古屋城。
ほとんど城しか見てないな。


そして名古屋城到着。
ぶらぶらと城内を歩いていると、やや、なんと!

信長公発見!
20131026 138

カメラを構えると立ち止まってポーズ取ってくれました。
意外と気さくでした、信長公。
20131026 139
っていうか、足軽クンのポーズ付けが激しいなww

20131026 145
岐阜城や犬山城に比べると、名古屋城はたしかに巨大でした。
その分、コンクリート造りだったりするのが、やや興ざめなんだけど。
あと、城内でいろいろ工事してて少し景観が損なわれているのが惜しい。


ということで、続きはまた。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント