プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

異常なし

今日は病院で腹部エコー(超音波)検査をやった。
やはりというか、案の定というか、異状は見つからず。

さて次は、念には念を入れて念のため、
内視鏡検査をやろうという話になった。

いよいよ胃カメラか。
カメラだけは呑んだことないいんだよなぁ。
かなり苦しいっていう話を聞くけど、
じっさい、どうなんだろね。
あと、胃だけじゃなく大腸も検査することに。
こちらはこちらで、なかなか大変そうだ。
まず下剤を飲んでお腹の中をすっからかんにするのが大変。

スポンサーサイト

Comment

人間ドック

各種の検査は手間や時間がかかり、非常に大変そうですねぇ~。
うちのオカンも50代に突入したらへんから、健康に意識を持ち始めてバリウム飲んだりしています。
かくいうわたくしはというと、楽観主義でまだ大丈夫だろう、とノー天気な頭の中であります。

そういえば、親知らずの事件(抜かずにほうっておいたら、それと隣の歯が虫歯になっており大部分を削られ神経もとらざるを得ませんでした)があったので、
歯医者には根気よく通っているのですが、この一年で上下左右まんべんなく虫歯が見つかってしまいました…。

いまは医療技術の高度な発達もあり、部分麻酔や静脈麻酔を用いてあまり痛みを感じずドリルで削れますね。
その反動で、薬の効果が消えたあとは地獄の責め苦がやってきます…。
銀歯に差し替えた箇所も、熱伝導率の高さにより冷たいものを含むと激痛が走ります。
これだったら神経をとっちゃったほうがいいと思うのですが、そうすると歯が弱ってしまうみたいですね。
痛みと上手に付き合っていくほかないみたいです…。

Re: 人間ドック

> 各種の検査は手間や時間がかかり、非常に大変そうですねぇ~。

大変です。
病院に行くのがめんどくさいし、待ち時間は長いし、
おまけに医療費がかかるし。
今週もいろいろと面倒くさい検査が二つ。
内視鏡検査は、検査自体より準備のほうが大変です。
非公開コメント