プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

発売日

「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 5」(MF文庫J)、本日発売です。

もう5巻か。早いな。
それにしても、最近、信長モノ、多いね。

今期のアニメも「ノブナガン」に「ノブナガ・ザ・フール」とか。
いちおう見ましたが。
「フール」のほうは巨大ロボモノだったので、視聴継続を断念。
っていうか、信長は巨大ロボに乗り込んで自ら闘うような男じゃないから。
「ノブナガン」のほうも、自ら闘っているけど、
闘っているのは信長の因子を宿した現代の女子高生なので、許容範囲内かな。
こちらは視聴継続の予定。

これ以外だと、今期は「ウィッチクラフトワークス」と
「のうりん」と「生徒会役員共」と「鬼灯の冷徹」辺りが
視聴継続決定アニメです。
スポンサーサイト

Comment

No title

「巨大ロボを作る」という発想はあっても、それに自ら乗り込んで戦うということはしないのが信長的かな、と思います。

「ノブナガン」も面白いですが、私は同じ作者の方の「エリア51」という漫画が大好きです! なんであっちをアニメにしなかったんだろう?と思ってしまいます・・・。

自分は

逆に信秀健在時の若い信長なら自ら巨大ロボに乗るのもアリかな、と思います。
というか、フールの影響でナーガの声も宮野さんで再生されるようになりました。(笑)

Re: No title

> 「巨大ロボを作る」という発想はあっても、それに自ら乗り込んで戦うということはしないのが信長的かな、と思います。

そうですね。
積極的に取り入れ、試しに乗ってみたとしても。
自分では戦わないのが信長だと思います。
まぁ、信長だけじゃなく、ほかの戦国武将も
先頭に立って戦ったりはしないですけど。


> 「ノブナガン」も面白いですが、私は同じ作者の方の「エリア51」という漫画が大好きです! なんであっちをアニメにしなかったんだろう?と思ってしまいます・・・。

あ、それは知らないな。
ちょっとコミックス(の1巻)を買ってみようかな。

Re: 自分は

> 逆に信秀健在時の若い信長なら自ら巨大ロボに乗るのもアリかな、と思います。

ああ、若いときはやんちゃしてましたからね。
鉄砲も師について習ってたし。
でも、戦で自ら撃つことはなかった。
どんな物かを試すために、まずは自分で使ってみる、
というのは、たしかに信長ですね。
非公開コメント