プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

2月!

うわぉ。
もう2月とか。
信じられん。
早くも1年の12分の1が終わってしまった。
この調子だと、またすぐに「年末が~」とか言ってそうだな。
などと埒もないことを考えてしまう2月の1日。

それはさておき。
あと3日で立春なのに、寒いねぇ。
来週はさらに寒くなるらしいので、今から戦々恐々。
どうか来週の寒波がこの冬の寒さの底でありますように。
スポンサーサイト

Comment

No title

先月中旬より、今月まで、次々と先生の作品が刊行され、とても幸せに感じております。
早速、落ちてきた龍王とロムニア戦記を拝読しました。

>落ちてきた龍王
 今回も、魔女の魔法を生かした策の展開、加えて予想をしていなかった一騎打ち、とても読みごたえがありました。魔法と武器の一騎打ちというのは、初めて読ませていただきました。そもそも成立するのかと思っていましたが、なるほど、魔法が目に見えないことを上手く使われたのだと感心しました。
 それにしても、ナーガの部下の能力を見極め、適材適所に配置する能力、とてもうらやましく思えます。

>ロムニア戦記
 いよいよ皇子が動き出しましたね。まだまだ蠢動の時期ということなのでしょうが、それでも面白い。この後、もっとすごい展開が待っているんですよ、と文脈の間から誘われている気がします。1戦目(と数えて良いのでしょうか)闘わずして勝つ、まさに孫子の兵法の存在も感じられました。加えて、イレギュラーな事象が起こったことを「机上だけでは、分からないこともあるのだ」とちゃんと反省できる。ますますこの主人公に好印象がもてました。


どちらも次の巻が本当に待ちきれません。執筆大変なのに勝手なことを申し上げて申し訳ないです。
ストーリー展開、そこに張り巡らされる策謀、登場人物の魅力どれをとっても、本当に心惹かれるばかりです。

ご健康に注意していただきながら、極力長く連載を続けていただければと思います。(と言いながら、首は長くなってしまいますが・・・)
頑張ってください。

もう一冊ももうすぐ発売ですね。刊行されると期待して、あえてWEBでは読んでいませんでしたので、楽しみにしています。

Re: No title

> 先月中旬より、今月まで、次々と先生の作品が刊行され、とても幸せに感じております。
> 早速、落ちてきた龍王とロムニア戦記を拝読しました。

ご購読、ありがとうございます!
日記にも書きましたが、「ロムニア」2巻に重版がかかりました。
これも読者様の応援のおかげです。感謝しております。


> ご健康に注意していただきながら、極力長く連載を続けていただければと思います。(と言いながら、首は長くなってしまいますが・・・)
> 頑張ってください。

ありがとうございます。
期待に応えられるように頑張ります。


> あえてWEBでは読んでいませんでしたので、楽しみにしています。

おおう? 「寝猫」の連載を読まずに文庫化を待っていてくださったのですか。
ありがたくて涙が出そうです。いや、マジで。
「寝猫」はhisasiさんの(エロい)イラストを見るだけでも
買う価値があると思いますよ、ええ。
非公開コメント