プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

開幕!!!

J1に続いて、昨日、J2も開幕した。

磐田と札幌がヤマハスタジアムで激突という、
磐田ファンで札幌市民の舞阪にとって、
なんとも微妙な対戦カードになってしまった開幕戦。

どちらも頑張れ的な姿勢でTV観戦したのだが。

磐田は札幌の倍以上、17本ものシュートを放ちながら
完封負け!
松井選手のプレーとか軽すぎる。
前田選手も、あのPKを外したらアカンやろ。

1年でJ1復帰というタスクが果たして達成できるのか。
そんな気分にさせられた開幕試合だった。

一方の札幌は。
GKの反応が素晴らしかったね。
さすが、昨シーズン、長崎でJ2最少失点記録に
貢献しただけのことはある。
今シーズンの戦いにちょっと期待が持てそうな
気がした……けど、どうだろう。


そして岐阜!
観衆が一万人超えとか、どうしたんだww
いやでも、ラモス監督とか川口選手とか三都主選手とか、
見てみたいと思うよな。
札幌に来たら、わたしも見に行こうかな。
スポンサーサイト

Comment

No title

寝猫拝読しました。
刊行されるのを待ってて良かったです。
先生の小説で戦略物以外は初めてでしたが、とても満足させていただきました。

読み始めには寝猫のぶっ飛びぶりに驚かされましたが、読み終わった時には、寝猫が一番まともで、とても愛らしくも愛おしく思えました。一也君がいろいろと面倒を見てしまいたくなるのも分かる気がします。頼りになるのにちょっとダメな姉・・・こんなにも魅力的なのかと感じました。

ストーリーもクライマックスに近づくにつれ、徐々に文章の向こうで展開される空気の密度が上がる(詰まる?)気がして、とても楽しめました。次巻も楽しみにしています。

今年前半は、ほぼ毎月のように先生の本が刊行されるとのことで、とてもうれしく思っておりますが、体調にお気をつけて執筆活動を続けてください。

面白いストーリーありがとうございました。

Re: No title

> 寝猫拝読しました。

> 読み始めには寝猫のぶっ飛びぶりに驚かされましたが、読み終わった時には、寝猫が一番まともで、とても愛らしくも愛おしく思えました。一也君がいろいろと面倒を見てしまいたくなるのも分かる気がします。頼りになるのにちょっとダメな姉・・・こんなにも魅力的なのかと感じました。
>
> ストーリーもクライマックスに近づくにつれ、徐々に文章の向こうで展開される空気の密度が上がる(詰まる?)気がして、とても楽しめました。次巻も楽しみにしています。

ありがとうございます!
こういう感想をもらっただけで、
コレを書いたかいがあったというものです。
モニターの文字が涙で霞んで見えませんwww
楽しんでもらえてよかったです。
非公開コメント