プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

月曜なんだ

だから「今週の『週刊少年ジャンプ』」なんだけど。

「ヒーローアカデミア」がいい! 熱い!
弱い奴が知恵と勇気と機転で強い奴と闘ってこれを負かす。
というのは、もう少年漫画の王道だけど、まさに「ヒーロー」は
この王道を突き進んでいるのがいい。
どれだけバトルが恰好よくても「オレ強え」系よりは、こっちが好みだ。
そういう(弱い奴が頑張って、勝つ)意味では、「ワールドトリガー」も同じで、
あれは三雲修が主人公だからいいんだよな。
意外とわたしは少年漫画の王道が好きらしい。

それはそれとして。
今週の「こち亀」はバイクツーリングのネタか。
懐かしいなぁ。
わたし、大昔に一度だけ、作者さんとツーリングをご一緒したことがあるんだよね。
あのときはたしか……ドゥカティに乗っていたんじゃなかったかな?

それはそれとして2。
「三つ首コンドル」。
いくらなんでも荒技過ぎるんじゃないか?
もう終わりが決まったから大技かけてみました、的な?
いやでも、こういうのは伏線があってこその大技だろう?
さすがに唐突すぎると思うんだ。

あと、広告見て驚いた。
『ジャンプ改』、11月号で最終号だって。
スポンサーサイト

Comment

No title

秋本先生とツーリングに行かれたことがあるとは・・・!
「こち亀」バイクの回は生き生きとした話が多く、読んでいて面白いですが、やはり好きな題材だと筆が乗るんでしょうか。

ヒーローはCカラーでどんどん人気が出ていますね!
王道というと、相撲も「主人公が小柄」というハンディを覆す設定なのが面白いところです。やはりジャンプは王道が燃えます(>_<)

Re: No title

> 秋本先生とツーリングに行かれたことがあるとは・・・!
> 「こち亀」バイクの回は生き生きとした話が多く、読んでいて面白いですが、やはり好きな題材だと筆が乗るんでしょうか。

わたしが編集者やってた頃の話なので、本当に大昔ですww
某SF作家さん主催のツーリングでご一緒しました。
あのときは、かなりの大人数だったような。
漫画に描かれていたように、
ベテランがサンドイッチして走った記憶があります。

それはさておき。
「ヒーロー」はコミックス買おうかと思ってます。
非公開コメント