プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

発売とか検査とか

当ブログの新刊情報コーナーにも出ているように、
今月は「ロムニア帝国の興亡」4巻と
「落ちてきた龍王と滅び行く魔女の国」6巻の発売月。

で、「ロムニア4」のほうは今日が発売日。
でもJRの事故で富士見ファンタジア文庫の札幌(北海道)入荷が
どうも遅れてるらしい。困ったもんだ。

とりあえず紹介ページのリンクを張っておきます。

ロムニア帝国興亡記紹介ページ


それはさておき。
いや、あまりさておきたくはないのだけど。
今日は病院で、採血→血液検査→診察の日だった。
検査結果は。
問題のCA19-9の数値、正常値が37以下のところ、まだ87もある。
最悪のときは25-0越えてたから、そのときに比べれば、だいぶ落ちてはきた。
でも、原因不明なのは変わらず。
まぁ少しずつ下がってきてるんでよしとするか。
スポンサーサイト

Comment

気候的にもお仕事的にも身体の管理が大変そうですね、頑張って下さい。
さて、ロムニア4巻購入して読了しました。
最初のクイズは答えを2つに搾るまでは楽で片方が正解だったのですが、最後の問題がなかなかに難しいです。
3巻も読み返せば解るかな?(笑)

Re: タイトルなし

> 気候的にもお仕事的にも身体の管理が大変そうですね、頑張って下さい。

ありがとうございます。
CA19-9の数値が悪いのにはもう慣れっこです(苦笑)。


> さて、ロムニア4巻購入して読了しました。
> 最初のクイズは答えを2つに搾るまでは楽で片方が正解だったのですが、最後の問題がなかなかに難しいです。

最後の問題、ヒントは4巻の中にありますよ~。

落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 楽しみなシリーズ♪

 ナーガ6巻。楽しみ&大好物なシリーズです。それだけに本ストーリーがちゃんとエンディングを迎えられるか心配です。たいへん失礼な事を申しますが、先生は「俺たちの戦いはこれからだ!」パターンがままあるので(火魅子伝とか火魅子伝とか他にはそうそう火魅子伝とかですよ~。)そんな悲しいのはもう嫌です。
 ラノベを6巻も買うというのはもうその作品のキャラを愛してしまっているわけですよ。何としても彼らの行く末を見届けないと、これはもう死んでも死にきれないのです。私も最後の敦盛を舞うまであと4年もなく、先生の作品を読めるのもこれが最後かもしれません。なので今回の作品は彼らの天下布武が為されることを願ってやみません。
 長文・駄文、失礼いたしました。無礼者ですが、先生の紡がれる作品をこれからも心待ちにしております。では。

Re: 落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 楽しみなシリーズ♪

>  ナーガ6巻。楽しみ&大好物なシリーズです。それだけに本ストーリーがちゃんとエンディングを迎えられるか心配です。たいへん失礼な事を申しますが、先生は「俺たちの戦いはこれからだ!」パターンがままあるので(火魅子伝とか火魅子伝とか他にはそうそう火魅子伝とかですよ~。)そんな悲しいのはもう嫌です。

いろいろすみません。
ただ、書き下ろしの文庫シリーズというのは、漫画の連載みたいなものでして。
連載漫画の場合、アンケートハガキの順位が悪いと打ち切りになりますが、
シリーズの文庫の場合は、売れ行きが落ちてくると打ち切りになるのです。
編集部から(あるいは営業部から)「そろそろ終わってね」と言われれば、
作者にはどうしようもできないのです。
作者が書きたくなくなったわけでも投げ出したわけでも無く、
そういう現実的な問題で終わらざるをえなくなる場合もある……
ということを頭の隅に入れておいていただけるとありがたいです。
非公開コメント