プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

月曜日

さて、月曜日なので「今週の『週刊少年ジャンプ』」なのです。
が。

「ジャスティス」終わったか。
もういつ終わるかっていう段階だったから驚かないけど。
結局、何がやりたかったのかがよく見えない作品だったなぁ。
絵は綺麗だったのに。

一方「カガミガミ」。
これは、やりたいことはよくわかる作品だったのに、
途中で変節しちゃったなぁ。
ヒロイン(女探偵)、どこ行ったww

それはさておき。
今週は金未来杯の最後のエントリー作品が登場。
これ、ちょっと好きかも。
こういう飄々とした主人公とか。
働く熱血お姉さん(警察官)とか。
割と好みのセンなのです。
太眉のところなんかもww
あ、でも、、胸、大きすぎない?
結局、金未来杯は最初と最後のが面白かったなぁ。


それはさておき2。
来週から始める新連載=「ものの歩」、将棋モノですか!?
な……なんというタイムリーな。
時代はまた白鳥さんの下へと動いているというのか!?

スポンサーサイト

Comment

No title

いやー、びっくりしましたものの歩。
どんな作品か全く読めないんですが、インパクトは強そうなのでこっちが霞んじゃいそうで怖いですね・・・。

Re: No title

> いやー、びっくりしましたものの歩。
> どんな作品か全く読めないんですが、インパクトは強そうなのでこっちが霞んじゃいそうで怖いですね・・・。

将棋を知らない高校生が奨励会入り→プロ棋士を
目指すっていうお話でしたね。
主人公も、プロ棋士を目指す奨励会員も
魅力的なキャラになっていていいかも。
と思ったんですが、ジャンプの読者にはどうかなl、
という不安もあります。
将棋好きなわたしとしては応援したいところですが。

Re: 初めまして

> 舞阪先生初めまして、この記事とは関係ないのですがお聞きしたいことがありコメントしました。
> 私は舞阪先生のことは「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国」でしりました。
> その後秋葉原のとあるお店の古本の中から先生の初作品のプリンセスミネルバの小説を見つけました。
> 全巻そろいで売っていたので全巻を購入しました。お話の構成もさることながらキャラクターや舞台設定などがとても面白い作品であるなと思いました。未完なのがとても残念ではあります...
> そこで質問なのですがミネルバを初めとしたキャラクターデザインや小説の挿し絵、そしてコミカライズを担当された石田走先生は今どうされているのですか?ネットで調べましたがミネルバ以外は活動をあまりされていないみたいですね。あんなに素晴らしい絵やキャラクターデザインをされる方なのにもったいないなと一ファンとして思い、共に仕事をなさった舞阪先生なら何かを知っているのではないかと思いこうして書き込みをしました。
> 長文、そして一流の先生への無礼な質問をどうかお許しください。
> それではお体にお気をつけてお仕事頑張ってください。

別にわたしは一流でも何でもありませんのでお気になさらずに。
それはさておき、ご質問の件に対するお答えです。

石田走さんは、REDを辞めた後、田舎に戻られたそうです。
その後のことはわたしにもわかりませんが、
プロとしての創作活動は止めてしまったみたいですね。

それにしても、いま「ミネルバ」を買ってくださる読者さんがいるのは
作者として、とても嬉しいです。ご購読、ありがとうございました。
非公開コメント