プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

月曜日

久しぶりに月曜日に『週刊少年ジャンプ』が手に入ったような気がする。
気がするだけかもしれないけど。
まぁ、そんなこんなで久しぶりに月曜恒例、
「今週の『週刊少年ジャンプ』」のコーナー、行ってみよう。

ヤバイわ~。
今日は外で買って喫茶店で読んでたんだけど、
「サモナー」が面白くて、つい笑っちゃってヤバかったわ。
必死で笑いを抑えたけど、笑いたいのに我慢するって、
あんまり楽しくないよね。
笑いたいときは思い切り笑ったほうが楽しいよね。
ってことで、これからは『ジャンプ』、ちゃんと家で読もうと思う。
どうしても外で読むときは「サモナー」我慢して、
家に帰ってきてからじっくりと読んで笑おう。

あと「斉木」も面白い。
今までの「斉木」は、どちらかというと
一回こっきりのギャグが多かったと思うのだけど、
予知能力者の黒ギャルが登場したおかげで、
物語的な興味が出てきた。
この予知能力ギャルと斉木の関係が
この先どうなるのか、じつに興味深い。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント