プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

とうとう3位が

土曜日はチャンピオンシップ。
今日はJ2←→J3の入れ替え戦と、
J1昇格プレーオフ決勝。
そしてすぐにクラブワールドカップが始まる。
天皇杯の準決勝→決勝もあるしな。
リーグ戦が終わっても、まだ楽しみは続くのである。

さて、J1のチャンピオンシップ。
広島、優勝おめでとう!
一年間を通してもっとも勝ち点が多かった広島が優勝するのは
ある意味、順当だけど、だったらチャンピオンシップは何?
って話でもある。
また、年間順位が上の広島にアドバンテージがないのも
おかしな話。
来年もやるなら、プロ野球のようにリーグ戦で1位のチームには
アドバンテージがあってしかるべき。
2ステージ制にしたのに年間勝ち点で年間順位を出すってのが
そもそもおかしな話。
もっと潔く、1stステージの勝者と2ndステージの勝者で
チャンピオンシップをやるべき。
試合は面白かったし、興業としても成功だったかもしれないけど、
システムの粗ばかりが目に付いたチャンピオンシップだった。

あと、福岡、昇格おめでとう!
今までの3位とは勝ち点のレベルが違ったから、
昇格も当然という気がする。
何しろ我が磐田と同勝ち点だったんだからな。

そして町田。
J2昇格おめでとう!
こちらは大分のふがいなさが目に付いた入れ替え戦だったな。
たっった3年で、J1→J2→J3とか、転落しすぎだろ!
一つ歯車が噛み合わなくなると、ここまで転落するか、
という驚きが強い。
今度はJ3→J2→J1という奇跡の復活劇を見せて欲しいけど、
さて、どうなるかな。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント