プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

あづい……

札幌では二学期が始まった……なんて書いたとたん真夏日だよ。
新学期を狙い撃ちか?

しかも、8月になって初めての30度超え。
本日の最高気温32.9度。暑い。
先週辺り、このまますんなり秋になってくれるのかな~と
思っていたんだが、甘かったな。大甘だった。

でもエアコンを点けるほどじゃないけどね。
どうやら今年の夏はエアコン稼働日ゼロで
乗り切れそうだ。


それはさておき。
原稿、一本、無事に入稿。
これで今年のうちに上げなきゃいけないのは
あと2本半……かな。
大丈夫。なんとかなる。と思う。
スポンサーサイト

Comment

<ナーガ>奮闘記

お久しぶりです~
舞阪コメント欄の問題児(自称です。エロ発言が多めなので):しぇいど再臨でございます!!

性懲りもなく、はるか時空の狭間から舞い戻ってきました。
あれは振り返ると、長く険しい闘い…戦いでありました。
迫り来る刺客の嵐、果てども望んでも遠くかすんでゆく現世への出入り口…もう窮地につぐ窮地の連続で生死の境目をさまよいましたね。

って、妄想話もとい無駄話は置いておいてですね。
タイトルの本題に入ります~。


やっとMF文庫Jの新作を手に入れましたぁ。
名古屋では、首都圏と違って売れ行きが違うので、軍資金を貯めてからホラー『赤』と一緒にゆっくり買い求めようと計画してました。

そしたら、8月上旬に3件(アニ×イト、メ□ンブックス、大型ショッピングモール内の本屋)ほど回ったのですが見事に全滅ではありませんか!!orz

いえ、舞阪教徒としてはとてつもなく嬉しい悲鳴に違いないのですが、いかんせん自らの分を確保してればの話でして…。
まあ、発売当日に緊急重版(早売りの状況で決断したのでしょうねw)がかかったという報告があったので、しかるべき時期が訪れるのを待つか、と悟りの境地をひらいてました。

それと、同じ使徒のコメント投稿によると誤植があったとか。
乱☆恋最終巻でも勢力図が逆に示されてたので、同じようなミスだったみたいですね。
詳しくは肉眼で確認してみます。
というか、美麗イラストに眼を奪われてそれどこではないかもしれませんがw

「じゃあ重版分では訂正してあるみたいだし、そのぶんお得じゃん」

って、考えてました。
それで、やっと勝ち取った戦利品を奥付を確認(もう恒例の習慣化しております。ここからあとがき→まえがき→口絵→本文と移ります)してみると、

なんと『初版』でありますでしたことよ!?

と、変なお嬢様口調になってしまいました。
これはこれでラッキーな神さまの采配でした。
じゃあ、特典もつけてよ~、と欲張りな考えも脳裏を横切りましたが、もうあと1年半で三十路に突入するんだし、もっとオトナの対応をしないといけませんね。
『四代目火影』や『うちはイタチ』を目指してたのをうっかり忘れてました。


まあ、人間は完璧ではないですし、100%は求めれないですからねぇ。
間違いをどれだけ認識して、次につなげられるかが大事だと思われます。
社会人になって仕事を受け持つ身分を肌で感じ実感しました。

『バーテンダー』と言うマンガでも、
「仕事でミスをしない人間は、仕事をしない連中だ!!」
と、説いてあってまさに眼からウロコの殺し文句でしたね。

おかげでだいぶ救われましたね。

Re: <ナーガ>奮闘記

> 『バーテンダー』と言うマンガでも、
> 「仕事でミスをしない人間は、仕事をしない連中だ!!」
> と、説いてあって

おお! なんという神セリフ。
ありがたい言葉ですが、しかし、それに甘えてもいかんと
自壊……じゃなくて、自戒する今日この頃。
いろいろすみませんでした。
非公開コメント