プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~10巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

はい、月曜日

「今週の『週刊少年ジャンプ』」です。

今回はちょっと趣向を変えて、冒頭から掲載順に
一言コメント。
感想は、あくまでわたしの個人的なモノなので、
悪しからず。


「ワールドトリガー」
相変わらず面白いんだけど、
連載で読んでると、細切れ感が強くてね。
早くコミックスでまとめて一気に読みたい。

「ワンピース」
さすがに最近は読んでない。
なんか、一頃の信じられないような熱量が
薄れてきてる気がして。

「ブラック・クローバー」
面白い……んだけど、
物語が見えないっていうか。
毎週、毎週、小競り合いの連続っていうか。
話を進めてほしい。

「銀魂」
読んではいる。
でも、あの楽しい「銀魂」ではなくなっている。
もうあの楽しい銀魂は戻ってこないんだろうか。
どうでもいいけど、NHKの夕方のニュースで、
「洞爺湖サミットのあと、洞爺湖印の木刀が
 急に売れ出して」っていう話をしてた。
それ、銀魂のおかげなんだって。
アメリカ大統領の警護についてたシークレットサービスが
洞爺湖印の木刀を買って帰ったのが話題になったんだと。
すげ~な。大統領のSS、マンガ読んでるの!?

「僕のヒーローアカデミア」
読んではいる。
でも、あんまり楽しくはない。
ここに来てのヒーローものらしくない暗さと
主人公の真っ直ぐさが、あまり上手く噛み合っていないような。

「ハイキュー」
チラ見してるだけです。

「食戟のソーマ」
最近、また少し面白くはなってきた。
でも、薊編は基本的に楽しくない。
おまけに設定的なツッコミどころが気になって
集中できないんだな。

「たくあんとバツの日常閻魔帳」
まだどうなるか、様子見って感じ。
尻の穴から登場とか、ヘンタイっぽいところが面白いんだけど。

「火ノ丸相撲」
けっこう熱く盛り上がってきてる。
っていうか、今ジャンプでいちばん熱い漫画じゃないか?

「斉木楠雄のΨ難」
笑える。
照橋心美のセリフ、
「作者ですら全然安定してないのよ?」
には噴いた。
早くアニメが見たい。

「左門くんはサモナー」
相変わらず面白い。
この漫画の面白さの第一は作者のネームセンスだ。
てっしーのツッコミのリズム感というかタイミングのよさなど、
作者のセンスの為せる業のような気がする。
あと、今週はクズの九頭龍くんのマメさに驚いた。
キャラを固定化しないで、読者の意表を衝くような側面を
見せることも、本作のキャラを魅力的にしているところだろう。

「鬼滅の刃」
頑張れ。
頑張って生き残ってくれ。
でも、ジャンプ特有のインフレバトル漫画にはしないでほしい。
それやったら、この作者のよさが生きないと思うし。

「ゆらぎ荘の幽奈さん」
週刊ジャンプのお色気担当として
もっとそちら方面を頑張っていただきたい。

「ハンター☓ハンター」
早くクラピカのエピソードに戻ってほしい。

「背筋をピン!と」
さすがに踊ってばかりでちょっと飽きてきた。
変化がほしい。
あまりに一本調子すぎるというか。

「ものの歩」
将棋好きなわたしとしては生き残ってほしいんだが。
微妙なところか?

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
今週は映画ネタ。
っていうか、映画館ネタか。
「ガルパン」を4DXで観たときのことを思い出した。
最新のトピックをもれなく拾ってきて
上手くネタとして調理するよなぁ。
これを一度も休載せずに40年続けるとか、
秋本さん、超人すぎるでしょ。
どうでもいいけど、もうドゥカティには乗ってないのかな。

「ブリーチ」
終わるんだったら、早く終わった方が。
「ハヤテのごとく!」48巻P135~P137の
ナギのセリフがすべてを言い表していると思う。
いや、べつにナギは「ブリーチ」のこと言ってるんじゃないけど。

「ニセコイ」
一条楽がどちらを選ぶのか。
その瞬間が待ち遠しくてたまらん。


「トリコ」
これも終わりが近いのかな。
なんか、始まったときに比べると
インフレっぷりが凄いよね。
まぁジャンプらしいと言えばらしいけど。

「磯部磯兵衛物語」
バカバカしくて楽しくていいね。
こういうギャグものが最後にあると
なんか安心する。

まぁ、こんな感じで。
あと、六月のジャンプコミックス、
買う物が多くて大変。
「ハンター」33巻に「トリガー」15巻、
「サモナー」4巻に「小咲ちゃん」3巻、
そして「マグメル」の3巻。
「鬼滅の刃」1巻も買って応援するべきだろうな。
本棚の空きが不安になってくる。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント