プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

シン・ゴジラ

さて、そんなわけ(?)で昨日、「シン・ゴジラ」を
観に行ってきたわけですが。

観終わっての最初の感想。
っていうか、観てる最中の感想。




……あ、その前に。




どうしてもネタバレ成分を含みますんで、
これから観に行く、でも予備知識は一切仕入れたくない!
という人は読まないほうがいいです。







いいですか?








じゃ、始めます。







観てるときの感想。

「あ、これ、ゴジラ映画じゃないわ。
 ゴジラが出てくる映画だわ。
 ゴジラ映画だと思って観に来た子供ら、
 当てが外れたんとちゃう?」

じっさい、近くの席にいた子供たちは、
あんまりスクリーンに集中できてなかった。
まぁ、そらそうやろ。
政治家の会議とか見せられても、
子供にはわけわからんもんな。

で、観終わったときの感想なんだけど。

「監督はゴジラ映画作りたかったんかな?
 どうも、そうは思えへんなぁ」


この映画を、乱暴を承知で一言で言い表すなら。

エヴァンゲリオンが使えない日本が、
襲ってきた使徒(=ゴジラ)と如何にして戦い
如何にしてこれを撃滅したかという物語。

そして監督は、それを実写でやりたかっただけじゃないかな。

そんな感想を抱いた映画だった。
あ、面白いか面白くないかで言ったら、
かなり面白かったですよ?
でも、やっぱりゴジラ映画としての面白さじゃ
なかったような気がする。

面白かったけど、一つ不満があるとすれば、
日本をゴジラから救ったモノ……かなぁ。
はぐれ天才科学者がすでに出していた正解が日本を救った
という図式は、イマイチ美しくないというか潔くないというか、
なんか爽快感がなかった。
これはたぶん、
自分がこの科学者だったら絶対こんなことしないよな、
という思いがあるからかもしれない。
日本に恨みがあるなら、むしろゴジラの味方をするね俺は。
みたいな。

あと、ゴジラが東京に拘泥した理由が提示されなかったのにも
不満かな(されてなかったよね?)。


それとね、プラス千円払って4DXで観る必要はなかったよ。
「ガルパン」のときは、4DX、楽しかったんだけどなぁ。
「シン・ゴジラ」では意味がなかったなぁ。
スポンサーサイト

Comment

シン・ゴジラ&新刊感想

シン・ゴジラは4DXは全く効果なしみたいですね。知り合いでも4DXよりIMAXの方がずっといいというツイートとかが多数出ていました。そのIMAXの最終日の上映に札幌在住のラノベ作家の笹本祐一さんはしっかりと行ってきたというツイートが。
 内容は今までの怪獣映画によくある人中心の構成から組織・集団中心に完全に変えてしまっているみたいですね。でも、一時期のハリウッド戦争映画に多かったような男女の恋人を無理に登場させてその二人がわざとらしく戦いに巻き込まれるようなものよりは逆に淡々とした感じが良かったようにも思います。戦闘シーンに絶対の自信がないとまずできない芸当でしょうけどね。
 さて、遅くなりましたが「ナーガ」10巻読みました! 今回もこちらの主人公の方は絶好調ですね。遠大な目標に向かって進み続ける姿もカッコイイ。しかし…随所に「終わり」を感じさせる雰囲気が出てきたのが気になります。もうすぐこのシリーズも終わってしまうのか…。彼と魔女たちの理想は叶わないのか…。彼はこの世界で魔女たちと念願の酒池肉林を実現することはできないのか…えっ、違う? いや、確かにこっちの世界ではリア充ではあったと思うけど、むこうの世界ではそれ以上に偉大な業績をあげてほしい、そこまで書き続けてほしいと思ってしまうんですよね…。

Re: シン・ゴジラ&新刊感想

> シン・ゴジラは4DXは全く効果なしみたいですね。知り合いでも4DXよりIMAXの方がずっといいというツイートとかが多数出ていました。

少なくとも、プラス1、000円は高い! と思うくらいの
効果しか感じませんでした。
「ガルパン」のときは、本当に楽しかったのに。

内容に関しては……まぁ、いろんな感想があるでしょうけど、
ちょっと、みんな褒めすぎやない?(笑)

あと、「ナーガ」については、
あんまり詳しくは言えないので……。
すみません。
非公開コメント