プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

ゴッジーラ

月曜だけど、合併号でジャンプないので、
ちょっとだけ、また「シン・ゴジラ」の話でもしようか。

わたしが「シン・ゴジラ」観て、いちばんリアリティがないなと
思ったことはなんだったか、という話。

それは、政治家がみんな善い人だったこと。
政治家だけじゃない。
官僚も。
軍人も。
迫り来る未曾有の危機に一致団結。
みんなが正しい方向へ命を懸けて走り出す。

大嘘やん。
そんな立派な人ばかりやったら、日本はこんな国になってへん。

政官軍民、こぞって善い人ばかりという描写。
それってなんだろう。
監督の願望なのか幻想なのか。

ともあれとにかく、わたしにとってそれは、
ゴジラの造形よりも、進化するゴジラというあり得ない設定よりも、
石原さとみの英語力よりも非現実的なものだった。

映画は面白かったんだけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント