プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
検索フォーム
寝猫時計
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク

発売

「ガブリエラ戦記5」(ファミ通文庫)
本日、8月30日に発売になりました。たぶん。

とうとう舞台は始まりの地へ。
あの人も戻ってきました。
それからあの人も。

大団円まであと少し。
よろしくお願いします。



そしていま書いてる原稿は。
「落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国」の2巻。
初稿アップまで、あと一踏ん張り。
今月中にはなんとか……って、明日しかないんだけど。
まぁなんとか。



スポンサーサイト

Comment

新刊発売

新刊発売おめでとうございます。
昨日は大変失礼いたしました。

『落ちてきた~』2巻も楽しみにしています、1巻は一足遅れでとらのあな特典の掛け換えカバーをゲットしそこねた(前に並んでた人でラストでした)ので次は頑張りますよ~。

Re: 新刊発売

> 新刊発売おめでとうございます。

ありがとうございます。


> 昨日は大変失礼いたしました。

じつは。
ブラックさんのアレは概ね正解です。
正解なので、逆にネタバレになってしまい
ここに載せられないです。
すみません、ご了承ください。

こちらも読みました。

ガブリエラ戦記Ⅴ読みました。いよいよラスト前の前哨戦といった風情ですね。今回もちょっと本が厚めの気が。しかしあの秘書官の人はなぜにそんな細かいことに詳しい? もしかして趣味か? マニアなのか? そしてバロス三世様はますますつかみどころのないキャラになってきているような気が…。そのへんはっきりしないまま終わっちゃいそうですね。別にいいんですが(笑)。
今回、例の「BD-BOX」が届いた直後だったのでその付属CDを流しながら読んだりしていたのですが、最初のドゥイエンヌさんの登場するシーンでちょうど「ワールドイズマイン」が流れて思わず吹き出してしまいました。
しかし、だれか白兎騎士団のテーマ曲とかを作ってミクさんに歌わせてくれたりする人いないかなぁ。先生もとても喜ぶと思うんですが。

大団円近し・・・アスカの運命及びエスカとの再会は?

「ガブリエラ戦記Ⅴ」を読ませていただきました。
アスカ・ランディファンの河南です。
アスカがどんどん白兎に馴染んでいく描写がGoodです。
彼女にとって生まれて今のところ最高の居心地の良い集団ではないでしょうか?

ふと思うんですけど、ガブ団長がこのまま在任を続け現副団長が退団したら、ガブが副団長に内心したいのは彼女じゃ?とだいぶ前から思っていました。

さとアスカ、黒猫のエスカとの再会は次巻であるのか?
と思いながら楽しみにしています。

Re: こちらも読みました。

> ガブリエラ戦記Ⅴ読みました。

ご購読、ありがとうございます。


> しかし、だれか白兎騎士団のテーマ曲とかを作ってミクさんに歌わせてくれたりする人いないかなぁ。先生もとても喜ぶと思うんですが。

大喜びですけど、そんな奇特な人はなかなかいませんねぇ。
いっそ、自分で誰かに依頼するとかですかね(笑)。

Re: 大団円近し・・・アスカの運命及びエスカとの再会は?

> 「ガブリエラ戦記Ⅴ」を読ませていただきました。

ご購読、ありがとうございます。


> アスカがどんどん白兎に馴染んでいく描写がGoodです。
> 彼女にとって生まれて今のところ最高の居心地の良い集団ではないでしょうか?

自分が知らなかった価値観に驚き、戸惑いつつ、
それが意外と心地よく、自分に馴染んでいることに、もう一度驚く。
彼女の心境は、そんな感じでしょうか。


> アスカ、黒猫のエスカとの再会は次巻であるのか?

直接の対面があるかどうかはわかりませんが、
アスカの中でなんらかの決着はつくのでしょうね。
ということで、決着は6巻をお待ちください。
非公開コメント