プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

二日間

月曜の朝に体調を崩してダウン。
そのまま二日間、寝て過ごす羽目に。
おかげで、もう9割方回復したかな。
ときどき来るんだよね、こういうの。
少し疲れが溜まっていたのかも。
ということで、今週はリハビリ週間だ。

さて、そんな具合で「今週の『週刊少年ジャンプ』」を
月曜に書けなかったので、今日書きます。

今週号でいちばん面白かったのが、
何を隠そう「斉木楠雄」だったんだが、
それでいいんだろうか、『ジャンプ』。
少し不安になってきた。

が、まぁ、それはさておき。
今いちばん気になっているのは「けものフレンズ」の最終回。
いや、ATXだと、今日の深夜の放送なんだよね。
夜中じゃ見られないから、録画して明日の昼間に見る。
いい最終回だったようなので、安心して見られます。

低予算だろうがスタッフが少なかろうが、
面白いモノを創れば受ける。
我ら作家にも染みる教訓ですな。
スポンサーサイト

Comment

No title

『落ち龍』第11巻の宣伝は無しですか?
(僻地であるウチの地方ではまだ入荷されていません)

まぁ10巻時点で、読者目線では謀反失敗フラグが露骨に立ってて
展開が読めてしまうような状態だったとは思いますがw

初めて書き込みさせていただきます

初めて書き込みします。
最近の少年ジャンプは、かなり試行錯誤が続いてますね。
新連載が始まっても13話打ち切りが多いというか…

「けものフレンズ」も低予算で良い出来で組み立てられた良作でしたが…もし、これが違う意図で違うスタッフに運用されていたとしたら、あのような良い結果で終わらなかったでしょう。

プロデューサーが夜ニコニコにまで殴りこんで再放送させたり、監督が一から全て構成を考える…少数精鋭でかなり大変だったけど、良いチームワークで出来たって思うと昔ゲーム制作してた時も修羅場、チームワーク…あー、こんな感じだったなぁと思い出しました。

Re: No title

> 『落ち龍』第11巻の宣伝は無しですか?
> (僻地であるウチの地方ではまだ入荷されていません)
>
> まぁ10巻時点で、読者目線では謀反失敗フラグが露骨に立ってて
> 展開が読めてしまうような状態だったとは思いますがw

すみません。時機を逸してしまいまして。
今さらですが、今日、書いておきました。

「失敗」フラグは敢えて立てているようなものなので、
そいれでいいのです。
ナーガには、この先、きちんと◯◯◯◯に◯◯◯◯もらわないと
ならないので。
これは、そのための布石です。

Re: 初めて書き込みさせていただきます

> 初めて書き込みします。
> 最近の少年ジャンプは、かなり試行錯誤が続いてますね。
> 新連載が始まっても13話打ち切りが多いというか…

おおいですよねww
結局、連載が終わった漫画が
また連載を始めたり。
大丈夫か? という感じです。


> 「けものフレンズ」も低予算で良い出来で組み立てられた良作でしたが…もし、これが違う意図で違うスタッフに運用されていたとしたら、あのような良い結果で終わらなかったでしょう。

「けものフレンズ」は、まったくノーマークだったので
嬉しい誤算でした。
2話目のエンディング(のBG)を見たときの衝撃は、
なかなか大したものだったです。
曲も大好きで、カラオケに行くと必ず歌ってますww


> プロデューサーが夜ニコニコにまで殴りこんで再放送させたり、監督が一から全て構成を考える…少数精鋭でかなり大変だったけど、良いチームワークで出来たって思うと昔ゲーム制作してた時も修羅場、チームワーク…あー、こんな感じだったなぁと思い出しました。

低予算でも、いいモノを作れば売れる(こともある)という
おとぎ話を地で行く作品ですね。
同じ、物作りの人間として羨ましくもあり、教訓にもしたい。
そんな作品でした。
非公開コメント