プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

24年が経った

わたしのデビュー作、「プリンセス・ミネルバ」が発売されたのが
1992年の12月10日(だったらしい)。らしいと書くのは、
もうレーベルがなくて確認できないからだけど、
手元の資料を見る限り、たぶん12月10日。

ということで、今日がデビュー24周年。
よくも続けてこられたものだと、我ながら感心してしまう。
とはいえ、そんなに長期間やってきたという実感は
まったくなかったりするのだけど。

とりあえず、読者さんや編集さんや、いろんな人の世話になって
ここまでやってこられたというのが正直なところ。

真城の叔父さんじゃないけど、どんな担当さんに当たるかは
運でしかないわけでね。

さて、明日からは25年目に突入だ。
果たしてどこまで続けられるかわからないけど、
もう少し頑張ってみようと思う、24年目の今日。

「東京廃区の戦女三師団」発売日!

なんですが、札幌ではまだ売ってませんでした。
台風が来たわけでもないのに、なんでやねん。
とても暮らしやすい札幌ですが、雑誌や書籍や
コミックスが発売日に出ないのは勘弁してほしいなぁ。

縮小IMG_4817 b


それはさておき。
ファンタジア文庫さんのサイトに告知がないような気がしたので、
「東京廃区の戦女三師団」の購入特典をお知らせしておきましょう。

とらのあなさんでは、お風呂ポスター付きの特装版を売ってます。
→お値段、ちょい高め
通常版にも、書き下ろしSS入りリーフレットが付いてます。
→お値段、変わらず

あと、アニメイトさんとゲーマーズさんでも、
書き下ろしSS入りのリーフレットが付いてます。
→もちろん、お値段変わらず

三店とも、SSの内容は違ってますので、
三種類揃えてみるのもいいかもね……
とはさすがに言えません。

まぁ、どうせ買うならおまけが付いてたほうがいいな、
という方は、とらのあなさんかアニメイトさんかゲーマーズさんを
覗いてみてはどうでしょう。

店舗特典の場合、数に限りがあるので、
早めのお買い上げが吉でありますよ。

こちらも書影解禁だ

ネット書店各社に書影が出たので、書影解禁ってことで、
こちらにも出しておこう。

書影01

「雨音天袮のラノベ作家養成講座
 ~おまえをラノベ作家にしてやろうか!」


(講談社ラノベ文庫)は11月02日に発売予定。
ちなみに「雨音天袮」は「あまおと あまね」と読みます。

実名の作家さんや編集部や書名が
バンバン出てきちゃうという、ちょっと際どい
問題作。
特別授業の講師役に、なんと、あざの耕平様、
白鳥士郎様、三浦勇雄様お迎えしたのである。
そこの部分だけでも読む価値ありますから。
とくに作家志望者ならね。

書影

担当さんから書影の画像データをもらったので
ここに貼ってみる。ぺたり。

トリスケリオン書影02b
きくらげさんのイラストが
カッコよすぎる!

というわけで、

「東京廃区の戦女三師団」

はファンタジア文庫から、10月20日に発売になります。
読みは「とうきょうはいく の トリスケリオン」となります。
よしなに。

上がった! けど

K社の原稿が上がった!
担当さんに送って、無事に作業、終了。
タイトルも正式に決まり。
カバーイラストも上がってきて。
すっごい開放感に浸って……いるはずだったのに、
入れ替わりにファンタジア文庫の新作のゲラが
届きやがった。

まるでタイミングを計ったかのような届きっぷりww
でも、原稿を書いてるあいだに届いても見られないから、
開放感には浸れないけど、これはこれでよかった。

ゲラを読み終わったら、改めて開放感に浸ることにする。

ところで、そのファンタジア文庫の新作ですが。
もうタイトルは出てるので、ここでもお知らせします。

「東京廃区の戦女三師団」

これで「とうきょうはいくのトリスケリオン」と読みます。

さて、なんと略せばいいかしらね。

……トリオン?(笑)

イラストレーターさんのお名前はまだ出せませんが、
その界隈(どの界隈?)では、みんな知ってる有名な方ですよ?