プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

再逆転

磐田!
先制しながら後半早々に逆転されたときは、
ダメか、と思ったのに、再逆転して最終的に
4-2で勝つとは。

G大阪と浦和相手に連勝できるなんて、正直、思わなかった。
その前には鹿島にも勝ってるしな。
今年の磐田はひと味違うぜ?

と言いつつ、下位相手に勝ちきれない試合も多いんだけど。
まぁ、贅沢は言うまい。
とりあえず残留は確実なペースで勝ち点を積んでるから
一安心である。

心配なのは札幌だ。
これで5連敗とか。
もう、お尻に火が点いたどころの騒ぎじゃない。
完全に上半身まで燃えだしてるだろ。

毎年、J2で優勝したチームはJ1に残れるとしたもんだが。
J2のプレーオフで上がってきたチームは落ちるとしたもんだが。
札幌は15位だし。C大阪は2位だし。
今年に限っては怪しい雲行きだな。

勝った!

磐田、鹿島に勝った!
しかもアウェーで。
おまけに3-0の完封勝ちで。

いやぁ、引き分けられれば御の字かな、
と思っていたから嬉しい。
この勝ち点3と得失点+3はデカイわ。

それにしても中村俊輔選手のシュートは
素晴らしかったな。
あれぞ、ワールドクラスだ。


そして札幌は。
まぁ浦和相手に2-3は仕方ないか。
仙台みたいな大敗を喫しなくてよかったわ。
でも、15位か。
当分(ずっと?)、ギリギリの戦いが続くな。

逆転勝ち

磐田、勝った!
しかも、87分に先制点取られたのに、
1分後に同点に追いついて、
追加タイムで勝ち越したとか。
凄い!
この勝利はデカイわ。

7試合で勝ち点10。
ここまでは残留確実のペースだな。
このまま行ってほしいものだ。

開幕!

Jリーグが開幕した。

今年からはスカパーではなく、ダゾーンの中継。
TVに映そうとするのは、いろいろ面倒そうなので、
普通にパソコンのモニターで見ることに。

わたしのモニターは割と大きめなんだが、
そうはいっても大型TVよりは小さい。
どうしても迫力不足になるのが残念。

あと、パソコンが置いてあるのは仕事部屋の仕事机なので、
精神的に今一つくつろげない(笑)。

まぁ、でも、いいこともあります。
全部の試合をライブでチェックできるからね。
そして得点シーンまで戻って再生するとかね。

さて、第一節の結果は。

札幌、負けたか~。
相手が仙台だから、最低でも引き分けておきたかったところ。

磐田、引き分けか~。
相手がC大阪だから、勝っておきたかったところ。

それにしても、鹿島と浦和が揃って負けるとは驚いた。

勝てん

J1第13節

磐田 0-0 湘南

10連敗で最下位の湘南を相手に
スコアレスドローとは情け無い。

これで勝ち点は32。
名古屋が勝ったので、まだ安心できない。
今日勝っていれば、ほぼセーフだったのに。

点を取れば、取った以上に取られる。
珍しく完封すれば、自分たちも完封される。
これ、典型的な落ちるチームのハマりパターンだけど。
よくもまぁ13位に留まっていられるな。

で、次節は……新潟かよ。
次に勝たんと、洒落にならんぞ。