プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

ついでだから

アニメの話題を出したついでに、もう一つ。

録画しておいた「プリズマイリヤ ツヴァイ」を見て、
爆笑した(何話だろ? 6話かな?)。
魔法少女もカードの回収もどこかへ消し飛んでるww
さすがに井上堅二氏、楽しいシナリオを書くものだ。
**(敢えて伏せ字)ネタでこれほど笑えるとは。

追記。
全然違った。
6話じゃなく、第3話だったみたい。

それが声優!

録画しておいた「それが声優!」の第6話を見たんだけど。
予想外に「ちょっといい話」系だったのでビックリ。
というか、少しウルっときた。

そうなんだよ。
アニメになるとキャスト変更って、よくあるんだよ。
やっぱりあれって、やってる声優さんにしたら、
けっこうショックなことなんだろうな。

というのはさておき。
「SHIROBAKO」もそうだったけど、
わたしはこういう職業モノが好きなんだな。
と改めて思ったりする今日この頃。

「それが声優!」の凄いところは、
声優さんご本人が、その声優役で出てるところ。
このあいだは銀河万丈役で銀河万丈さんが出てたしw
今回なんか、釘宮理恵役で釘宮理恵さんが出てたしww
こんなアニメ、今までなかったんじゃないか?

あ、ついでに、だけど。
今期のアニメだと、これ(それが声優!)と
「オーバーロード」が面白いね。

そして「ソーマ」は安定した面白さ。
「トリガー」は安定したもたつきぶりww

小躍り

「ふらいんぐうぃっち」アニメ化決定の報に
小躍りする今日この頃。
4巻発売が一年後とかあり得ん! と
ガッカリしていただけに、これは嬉しい。

でも……30分番組なのかな?
15分とか10分とかかな?
続報を楽しみに待とう。

一言

ひたすらごりごりと原稿を書いているだけで、
ネタとかとくにないので、とりあえず一言だけ。

「響け! ユーフォニアム」面白いですな。
こういう部活モノ、いいなぁ。
これ見てる限り、吹奏楽部って意外と運動部系だよね。
そこが好きなのかも。

「トリガー」第一回

アニメ「ワールドトリガー」の第一回を見ました。
が。ががが。なんか違う~。
俺が見たかったのとはちょっと違う~。

なんだろう。
演出のせいなのか。
それともシナリオのせいなのか。
なんかもどかしいんだよねぇ。

それに比べると「七つの大罪」(アニメ)はよかった。
テンポもいいし、見栄えもいいし、音楽もいいし。
原作の面白さをちゃんと表現していた気がする。

それはそれとして。
「牙狼」の新シリーズがいきなりアニメになってたのには驚いた。
割と面白かった。