プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

検査

今日は血液検査(腫瘍マーカー)の日。
果たしてCA19-9がどんな値になっているか。

これから病院へ向かいます。


☆続報

CA19-9の値は予想どおり。
最初のずば抜けて高値という数字からはだいぶ下がっている。
前回の検査の数字よりも少し下がっている。
けれど、まだ正常値の範囲は超えている。
そして、その理由はわからないww

まぁ少しずつ下がっているので、悪くはなっていないようですが、
でも、どこが悪いのか、そもそも悪いのか悪くないのかすらわからない
という訳のわからない状態は解消されていない。

うん、本当に訳がわからないよ。

で。
来月にCTを撮ることにして、その予約をしてきた。
まぁ、何もないと思うけど。念のため。

風邪

風邪を引きました。
正確には、引きかかったけど、なんとか持ちこたえている……かな。
今のところ寝込むほどではないので助かった。
あと、スキーから戻ったあとだというのが不幸中の幸い。
スキー旅行中だったら、ホント、洒落にならんかったわ。

発売とか検査とか

当ブログの新刊情報コーナーにも出ているように、
今月は「ロムニア帝国の興亡」4巻と
「落ちてきた龍王と滅び行く魔女の国」6巻の発売月。

で、「ロムニア4」のほうは今日が発売日。
でもJRの事故で富士見ファンタジア文庫の札幌(北海道)入荷が
どうも遅れてるらしい。困ったもんだ。

とりあえず紹介ページのリンクを張っておきます。

ロムニア帝国興亡記紹介ページ


それはさておき。
いや、あまりさておきたくはないのだけど。
今日は病院で、採血→血液検査→診察の日だった。
検査結果は。
問題のCA19-9の数値、正常値が37以下のところ、まだ87もある。
最悪のときは25-0越えてたから、そのときに比べれば、だいぶ落ちてはきた。
でも、原因不明なのは変わらず。
まぁ少しずつ下がってきてるんでよしとするか。

異常なし

今日、予約してあった病院へ行ってCT検査をしてきました。
検査の前に点滴&造影剤注入の必要があるので、
それだけでけっこうな時間を食う。
時間を食うけど昼飯は食べられないから、お腹が空く。
まぁ、それはどうでもいいんだけど。

検査結果は、やっぱり異常なし。
CA19-9がこれだけ高いのに異常がないのは異常。
というようなことを医者が言う(笑)。
まぁ異常があったら困るから、なくていいんだけどね。

終わったあとは、造影剤排出のためにペットボトル1本分(500ミリL)の水を飲む。
水をたっぷり飲んだおかげで空腹感が紛れたわww

検査

そういえば。
今週はCT検査があるんだった。
ということをいま思い出した。

CTの検査自体はどうってことないんだけど(MRIに比べたら)
造影剤を入れるのと昼飯抜きというのが、ちと辛い。
CA19-9の値がまだ高い以上、検査をしておくに超したことはないので、
我慢しますけども。