プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)2巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

いきなり終わった!

「今週の『週刊少年ジャンプ』」なのですが。が。ががが。

「サモナー」が唐突に、突然に、いきなり、何の前触れもなく
終わりやがった!
どういうことなの!? この唐突さは?
イミがワカラナイよ。
左門の母ちゃん、なんのために出てきたんだよ。
アンケートが悪くて打ち切りになった……とも思えないんだよなぁ。
作者が嫌気が差しちゃったのかなぁ?
などと、ただの読者には想像をたくましゅうすることしかできないんだけど。

誰か真相を知ってたら教えて下さい。

しかし。
毎週、楽しみにしてる作品が減っていくなぁ。
「トリガー」早く戻ってきて。

門下生になりたい

いきなり何言ってんの!? と思われるかもしれないが、
「今週の『週刊少年ジャンプ』」なのだ。
そして「サモナー」である。

いやぁ、今回の「サモナー」は素晴らしかった。
マジ神回だわ、と呟きたくなる出来映え。

とくに左門くんの母ちゃん。
すげえ。惚れた。
桜が思わず抱きつくのもわかるわ。
門下生にして下さいと頭を垂れて希いたい。
ちゃんと月謝も払うからww

それにしても。
先週までの「サモナー」らしくない(そしてジャンプっぽい)
ドンパチは、じつは今回のための撒き餌だった、
ということだろうか。
もしそうなら、完全に作者にしてやられた気分。
ごめんなさいと謝るしかない。


「ポロ」。
面白かったんだが。
け、け掲載順が……。
危ないのか?

あと「ソーマ」が、ここのところ
ぐんぐん面白くなってきてる。
というか、再び面白く、と言うべきだけど。
政治臭い話とか似合わんよな~、「ソーマ」には。

月曜日に

さて、久しぶりに月曜日に「今週の『週刊少年ジャンプ』」を
書きますよ。

「鬼滅」巻頭カラー!
快調ですな。
アニメにならんかな。

「ネバーランド」。
ようやく、ようやく、本当に外に出た。
また面白く読めそう。
っていうか、すでに面白いじゃないか。

「サモナー」……あれ?
まだシリアスが続くの?

浴室のドアが壊れた

いきなりだったので、焦った、焦った。

以前から、ドアノブの具合がよろしくなく、
そのうちドアごと交換しなくてはな~、
と思ってはいたのだが、今日、
突然、開かなくなった。
押しても引いても叩いてもまるでダメで、
仕方がなく、付き合いのあるリフォーム業者さんに
電話してきてもらった。
まだ夜の七時前だったからよかったが、
もう少し遅かったら、面倒なことになっていたかも。

とはいえ、もう閉められない。
もう一度閉めたら、また開かなくなるからww
風呂に入るときもシャワーを浴びるときも、
ドアは少しだけ開けておく的な入り方をしないと。
いっそ浴室をリフォームするかなぁ。


それはさておき、「今週の『週刊少年ジャンプ』」。
どうもGWの余波で、北海道では今日、
火曜日の発売になっていたみたい。
昨日コンビニに行ったらなくて、
店員さんに訊いたら「今日は入荷してません」と言われ、
ちょっと焦ったけどね。

さて「ネバーランド」。
ようやく園を脱出したか。
引っ張りすぎだろ。
まぁ、外に出たので、また面白くなりそう。

「ブラッククローバー」。
いきなり登場の新キャラに笑う。
そして「次回、温泉回か?」と期待させておいて、落とす。
やるな。何人の読者が引っかかったことか。
いや、俺もだけどww

「斉木楠雄」。
ちょっといい話っぽかったのが悔しいww
いや、面白かったけど。

「ロボ☓レーザービーム」。
主人公が主人公っぽくなくて、
逆にそこが新鮮。
いきなり「レギュラーください」とか、笑えるww

一日遅れで

「今週の『週刊少年ジャンプ』」を書こう。

と思ったんだけど、あんまり書きたいことがないんだよな。
とりあえず一言。

「サモナー」早く戻ってこ~い。
あと「トリガー」別の意味で早く戻ってこ~い。
まったく連載再開の気配がないけど、
作者の病気、そこまで悪いのか。
心配である。

あと、もう一つ連載再開の気配がない作品もあるけど、
そっちは作者の体調とか、ぜんぜん心配じゃないんだよな。
困ったことにww