プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~11巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

精密検査

7月末に受けた人間ドックの結果。
心雑音があるので精密検査を受けるようにというお達し(?)があって。
なので、先日、割と近場にある大きな総合病院で心臓のエコー検査を
受けてきたのでした。
その結果は。
僧帽弁に異常が見られると。

わたし、今までずっと「そうぼうべん」は
「双房弁」と書くのだと勘違いしてました。

が、それはさておき。
まぁ今すぐに手術が必要なほど悪くはないが、
経過観察が必要ということで、半年後に
もう一度、心エコー検査を受けることになりました。

なんというか、年を取ると体のあちこちにガタが来る
ということですな。
この年になれば、どこにも異常がないなんてほうが異常なわけで。
悪化しないように、だましだましやっていくしかありません。

しかし、以前の緑内障といい、今回の僧帽弁の異常といい、
人間ドックのおかげで、
いずれも初期症状で見つかって事なきを得ている。

やはり人間ドックは大事。
ある程度以上の年になったら、
定期的に行くべきですよ。

負けたか

J1第25節

札幌 2-1 磐田

PKで先制しながら、逆転負け。
とはいえ、前半から内容は札幌のほうがよかったので、
内容どおりの結果になったとは言える。

まぁ、磐田はもう優勝にも降格にも関係ない
平穏なポジションを確保してるから、
残留ラインギリギリで瀬戸際の札幌に
少しくらい勝ち点を譲るのも……いいと思うよ。

去年までは、負けてこんなに安らかな気持ちで
いられることはなかっけど、今年は違う。
おおらかな気持ちで試合の結果を聞けるなぁ。

とはいえ、せっかくここまで勝ち点を積んだので、
6位以内には入ってほしいところだけど。


あと、桐生選手!
ついに9秒台出したか。
素晴らしい。
高校生の時に10秒01出したことを考えると、
少し遅すぎる気もするが、でも日本人初の9秒台だ。
おめでと~。

案の定だよ

「今週の『週刊少年ジャンプ』」ですが。

「ハンター☓ハンター」終わりかよ!

いや、終わってはいないけど。
休載になっただけだけど。

いつまで続くのかな~、と思ってたら、案の定だよ。
ここまででコミックス一冊分くらい溜まったのかな。

目次コメントには「年内に再開」みたいなこと
書いてあったけど、本当かな?
本当に本当かな。

富樫氏の言葉を鵜呑みにするほど
俺は甘ちゃんじゃないぜww

しかし、参ったな。
「H☓H」は休載になって。
なのに「トリガー」は復活しない。
楽しみな漫画がまた少なくなった。

出場決定!

日本代表、ロシア行き決定!
おめでと~~!!

ワールドカップ予選で一度も勝ってなかった豪州相手に
2-0で勝つとは思わなかった。
内容的にもシュート数で16-9と圧倒。
新戦力と言っていい浅野選手や井手口選手が点を取るとか。

ないよう、結果、共に素晴らしかったね。
本番(ロシア)でどれだけやれるかはさておいて。

今夜は監督にも選手にもねぎらいの言葉を贈ろうじゃないか。

一日遅れで

「今週の『週刊少年ジャンプ』」を書きますが。

でも、あんまり特筆すべきことがないのよ。
「火ノ丸」で大相撲篇が本格的に始まった……ってことくらいかな。
高校生の相撲漫画だと思っていたけど、プロになってからも
しっかり描くんだな。っていうか、こっちが本命?
いや、どうなんだろうね。

ああ、そうそう。
「ぼくたちは勉強ができない」なんだけど。
こういうエピソードを一話描くと、
そのためにどれだけ女子用下着を買っても
資料として経費扱いにできるから、いいね(何が?)。
どこかのランジェリーショップに取材に行ったのかな。
気になるよね。