プロフィール

舞阪 洸

Author:舞阪 洸
ラノベ作家らしい。デビュー21年を過ぎたらしい。札幌在住。
継続中のシリーズ=「落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国」(MF文庫J)1~12巻。「東京廃区の戦女三師団(トリスケリオン)」(富士見ファンタジア文庫)3巻。

好きなスポーツ(見る)=フットボール
好きなスポーツ(する)=スキー
好きなジャンル(読書)=ミステリ、SF、歴史モノ
好きな食べ物=いろいろ
嫌いな食べ物=納豆、チーズ(単体)
犬か猫か=断然、猫。ただし犬が嫌いというわけじゃありません。

人生を変えた運命の2冊=「たそがれに還る」(光瀬龍)&「斜め屋敷の殺人」(島田荘司)
人生を変えた運命のコミック=「デビルマン」&「あばしり一家」(いずれも永井豪)
憧れの生き物=小判鮫

リンク
既刊リスト
おともだち書庫
リンク
検索フォーム
コメントについて
・コメントは、その日の日記に直接関係していなくても、舞阪洸あるいは舞阪の著作に関連するモノであればOK。
もしくは自己紹介も可。その場合は、何を読んでいるかを書いてくれると嬉しい。

・なお、コメントは認証制なので反映までに多少の時間がかかります。

・投稿コメントは内容によっては掲載できない場合がありますのでご注意ください。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

超低空飛行

ここ一週間ほど風邪を引いてまして、
ずっと超低空飛行が続いていました。
というか、ほとんど滑走路上をのたうってた感じ(笑)。

というのも。

最初に行った医者でもらった薬が、
なんの役にも立たないという困った事態になりまして。

医者を変え薬を変え、ようやく機首が上向きになったかな、と。
やはり世の中には竹藪に潜んでいる医者もいるんですねぇ。
困ったことだ。

まぁ今日辺りはだいぶ戻ってきたので、
来週になれば完全復調……まで行かなくても、
9割方は復活したいところ。
仕事もかなり予定より遅れてしまったし、
ちょっと気合いを入れなきゃならんですよ。


KIMG0005リサ
それはそれとして。
リラックマの和菓子を見つけたので、
買ってきて、毎年恒例(?)のあしゅら男爵風味にして
美味しくいただきました。

同じく4

J1第4節

広島 0-0 磐田
札幌 2-1 長崎

これで磐田は4試合を戦って、3試合で無得点。
2得点はリーグ最少得点タイ。
この攻撃力のなさは、正直、不安を感じる。

一方、札幌は今季初勝利。
しかも追加時間での劇的な勝ち越し弾。
1点目はチャナティップ選手 → ジェイ選手で、
2点目がその逆、ジェイ選手 → チャナティップ選手というのも
面白かったが、リーグで最小の部類に入るチャナティップ選手が
ヘディングシュートを決めたというのが、これまたなんとも面白い。

とはいえ、札幌も磐田も、まだ勝ち点4。
ようやく残留のボーダーラインに乗っただけという事実。
このシビアな戦いは今年一年、続くのだろうな。

悪化はしていない

昨日、心臓のエコー検査をしに病院へ行ってきまして。
その結果はというと。

悪化はしていない。

ということで一安心。
でも、僧帽弁異常とか、自然に治癒するものではないので、
よくもならないんですが。

とりあえず経過観察を継続するということで、
次の検査は一年後となりました。

ただし。
検査は一年後だが、異常を感じたらその時点で来てくれと。
「異常とは?」と訊くと。
動悸・息切れが激しいとか、階段を上っていて動けなくなるとか、
そういう状況になったらヤバイらしい。
そうなると、手術まで考えなくてはならないそうで。
悪化しないことを祈りつつ、この一年を過ごそう。

勝った

磐田、勝ったぁ。

J1第3節  磐田 2-0 東京

ようやく点が取れて、ようやく勝てた。
3試合で勝ち点3なら、ギリセーフのライン。
やれやれだわ。

だがしかし。
札幌は負けた。
3試合で勝ち点1しか取れてない。
今年もギリギリの戦いが続きそうだな。

新作出ます

正式な告知が出たので、お知らせしておきます。

「(株)SMサービス」

ノベル0さんから来月に出ます(たぶん)。
タイトルだけ見ると風俗業界モノみたいですが、
違います。
リンク先にあるサブタイトルを見ていただくとわかると思いますが、
現代チャンバラ劇です。

よろしくお願いします。